記事

「自公の安定、日本の破滅」 反公明・創価デモ

画像を見る

「自民党の改憲草案では『戦争放棄』はザックリ削除されている。こんな自民を支えているのが公明だ」。参加者はトラメガで訴えた。=10日、新宿西口 写真:筆者=

 
 「平和の党」を名乗りながら安倍政権の軍国主義路線に手を貸す公明党―

 マスコミが叩かないこともあり表向き問題とならないが、「戦争」と「貧困」を憎む市民たちが声をあげ始めた。

 彼らはきょう、都内でデモ行進をして「創価・公明は恥を知れ」などと道行く人に呼びかけた。(主催:公明党に抗議する会)

 参加した30代の女性は「安倍政権を叩く人はいるけど公明党は隠れている。それを炙り出したい」とデモの意義を強調した。

 「自民党は公明党の協力で当選してくる。公明党の議員を減らさないといけない」。彼女は一気にまくし立てた。

 「公明党は学会員が軍事外交に疎いことをいいことに安倍政権の尻を押している」と憤るのは、会社員の男性(40代)だ。

 山口那津男委員長がよく言う。「公明党がいたから歯止めがかかったんです」と。子供だましにもならない。閣議決定に反対すれば、そもそも「集団的自衛権の行使容認」なんてなかったのだ。

画像を見る

「自公の安定、日本の破滅」横断幕が目を引く。「デモはあくまで打倒安倍政権の一環」と主催者は強調した。=10日、新宿西口 写真:筆者=

 元創価学会員で主催者のアマヤさんは次のように解説する―

 「学会員は『長いものには巻かれろ、その中でうまく生きてゆこう』と考える」。

 アマヤさんは続けた―

 「学会員たちはもし戦争することが決まったら兵隊さんたちに慰問袋を持って行くのではないか」「一般の学会員たちは公明党が(安倍政権の)ブレーキ役になっていると信じている」。

 創価学会の創始者、牧口常三郎は「子供の幸福」を追求した教育者であったという。軍部と対峙したため治安維持法により逮捕され、戦中(1944年)獄死した。

 いまや自民党にとって創価学会の価値は集票マシーンでしかない。

 このまま自民党の憲法改正草案が通り、自衛隊が軍隊となり、人権が蹂躙されるようになったら、学会員は創始者にどう顔向けするのだろうか?

 少なくとも泉下の牧口は「自分の目指したのはこんな学会ではない」と言うだろう。

  ◇    ◇    ◇

『田中龍作ジャーナル』は読者が支えるメディアです。取材制作にはコストがかかっています。


『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています

あわせて読みたい

「公明党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  2. 2

    瞳から家バレ 襲われたアイドル

    阿曽山大噴火

  3. 3

    休業要請 ネカフェ難民どうする?

    水島宏明

  4. 4

    リーマン当時と違う業界別壊滅度

    Chikirin

  5. 5

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  6. 6

    家賃支払いが不安な人への支援策

    中川寛子

  7. 7

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  8. 8

    専門家組織がたばこ生産停止要請

    ロイター

  9. 9

    都からの移動者 厳しい対応必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。