記事

2年の介護で変わった夫と愛犬さくらと私の関係 -DeNA創業者 南場智子

2/2

会社や仲間に堂々と迷惑をかけてほしい

2年の闘病生活の後、我々夫婦がどうなったかに話を戻しましょう。それが有り難いことに、夫のがんは縮小しはじめ、12年の夏には、画像に腫瘍が映らなくなりました。今では、海外旅行はもとより、ゴルフもダイビングも何でもござれという状態です。西洋医学のお医者さんは、説明がつかないと言うのですけどね。調子に乗って、このままいってくれと思っています。

そして私は、主人の看護中は週1回の出勤、月数回の長い会議とビデオ会議にさせてもらっていた勤務を、再びフルタイム勤務に戻しています。夫は、「休んで迷惑かけたんだから、頑張って働け」と文句も言わずに送り出してくれています。

正直この2年は、それまでに体験したこともない苦しみや悲しみを突き付けられた日々でした。けれども、いくつかの大事な拾い物をした気もしています。その一つが、家族の大切さに改めて気づいたこと。私に仕事をこんなに頑張らせてくれたのは、家族が許してくれたからだと今まで以上に感謝するようになりました。また、家庭より仕事が大事なんて人はめったにいなくて、みんな家族が一番大事なんだということが、自分自身が家族優先になってみて、心底わかりました。

そこで、社員が、出産や育児や介護と両立しやすい会社にしていこうと、両立支援に自然と目が向くようになりました。今までも、短時間勤務制度(時短)や雇用形態を選択できる制度や、一部在宅勤務を認めるなど多様な制度を用意してきました。それでも、どこか遠い「対処すべき課題」のような捉え方でハンドリングしていたような気がします。ところが、夫の闘病以来、人生にはいろいろなことが起きると実感し、両立支援に魂が入るようになりました。

私が夫の看病をしていた2年間は、「時短」と「在宅勤務」制度を活用している状態でした。これではさすがに社長の大役は続行できないと判断しましたが、仕事時間中は全力で仕事に向き合うことで、しっかり取締役の役目は果たすことができたと思っています。そして、このように家庭の事情で仕事の時間を短くせざるをえないケースは、「産む性」である女性に限らず、誰だってあるのです。そんなときでも、キャリアを諦める必要はありません。仕事をしている時間に、全力で働けばそれでいいのです。

一般的に、日本人は「人に迷惑をかけるな」と言われて育ちます。でも、時には会社の仲間や社会に迷惑をかけたって、頼ったっていいではありませんか。迷惑をかけたら、あとで、できるときに他の人を助けてあげればいい。むしろ、お互いに迷惑をかけあうことで、コミュニティの絆がタイトになると感じます。

だから、迷惑結構。迷惑歓迎。堂々と会社や仲間に迷惑をかけてほしい。誰かが制度を活用したときは、「ウチの会社も一歩進んだね」と祝福して大絶賛する、そんな風土がつくれたらいいなと思います。そのためには、ケースを積み上げていくしかありません。

女性の社長や会長が活躍する会社にしたい

最近は、政府主導の女性活用の影響もあって、「女性だから」という理由で管理職に登用しようとする動きが支配的ですが、私は賛同できません。わが社では、女性管理職を何割つくるといった目標も設定しませんし、実力のない人に下駄を履かせて昇進させる気もありません。こうしたやり方は、男性に対しても、何より頑張っている女性にも失礼だし、無理に女性を昇進させても、女性課長は出てきても、女性社長を輩出することはできないと思います。私は、わが社を女性社長や女性会長が堂々と出る会社にしたい。

要職に就くということはその責任からして大変なことです。男性も物凄い競争を経て、苦労して、やっと要職に就けるのですから、女性も上にいくからには、その苦労を、「ガルル」を、ちゃんと経験してほしいと思います。

わが社が掲げる「DeNAクオリティ」という5つの約束事のなかに、“全力コミット”というのがあるんです。やはり、仕事をしている時間は、みんながみんなハードワーカーであってほしいんですね。それは妥協できないところです。

一方で、男性社員もパパになってしばらく自分が子育てしたいという人が出てきたら、それはそれで尊敬すべき意思決定なので尊重したい。今の日本は、男性がそうした決断をするとダメージが大きいのですが、もっと解放されるべきだと思います。

いずれにしても、男女にかかわらず、各人の置かれた状況やライフステージに応じて仕事を設計できる会社にしていきたい。仕事人間と家庭人間、両極端を経験した私だからこそできることは多いのではと張り切っています。

DeNA創業者 南場智子
新潟県生まれ。津田塾大学卒業後、86年、マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。ハーバード・ビジネス・スクールでMBA取得。96年、パートナー(役員)に就任。99年、同社を退社してDeNAを設立、社長に就任。2011年、夫の看病に力を注ぐため社長兼CEOを退任、取締役となる。

あわせて読みたい

「南場智子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    倉持由香 給付金100万円受け取り

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    きゃりー父「投稿に責任を持て」

    文春オンライン

  3. 3

    コロナの陰で反ワクチン派が台頭

    木村正人

  4. 4

    抗体簡易検査は「お金をドブに」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    再々委託も 電通・パソナに疑惑

    田中龍作

  6. 6

    よしのり氏 まゆゆは本物だった

    小林よしのり

  7. 7

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

  8. 8

    河井夫妻「Xデー」は6月18日か

    五十嵐仁

  9. 9

    黒人暴行死と特殊なアメリカ社会

    ヒロ

  10. 10

    ウソ見抜けぬ人もネット使う時代

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。