記事

輜重輸卒が兵隊ならば

自衛隊の後方支援「弾が飛んでこない所」 礒崎氏が説明(朝日新聞)

 礒崎陽輔首相補佐官は3日のBS―TBSの番組で、新たな安全保障法制の整備で、新設をめざす恒久法案「国際平和支援法」などで自衛隊が戦闘中の他国軍を後方支援できる地域について、「弾や爆弾が飛んでこないような所だ」と述べた。

 政府・与党は昨年7月の閣議決定で、他国軍を後方支援できる場所について、「現に戦闘行為を行っている現場ではない場所」であれば、補給や輸送などの後方支援ができると決定。これまで自衛隊をインド洋やイラクに派遣した際の「非戦闘地域」という概念を廃止し、活動範囲を大幅に広げることを決めている。

 礒崎氏は、自衛隊が他国軍を後方支援できる「戦闘現場以外の場所」の定義について、「あくまでも憲法上の問題が生じないということであり、実際は戦闘に巻き込まれる可能性のほとんどない所でしか(後方支援は)できない」と発言。自衛隊員の安全を確保するため、海外で後方支援できる範囲は、銃弾が飛んでこない地域に限定されると説明した。

 輜重輸卒が兵隊ならば、蝶々、トンボも鳥のうち――戦前には、そんな風にも歌われたそうです。翻って戦後の日本は長年にわたりアメリカ軍の後方支援活動を続けてきました。そして後方支援活動が戦争行為なら、やはり蝶々やトンボも鳥のうちということになるのでしょうか。米軍支援に積極的な人は、実際に行れてきたことを憲法違反ではないと主張します。そして憲法を守れと説く人は、日本は現憲法下で他国と戦争をしてこなかったと語ります。なるほど、両者ともに「兵站は戦争行為にあらず」という点では意見が一致しているようです。

 春先には安倍総理が自衛隊を指して「我が軍」と宣ったことが一部の批判を浴びました。「自衛隊を軍にする」という政権の本音を示したもの云々と息巻くメディアもあったものです。しかし、自衛隊が軍でないと言い繕うことの方こそ詭弁ではないかと、私には思われないでもありません。自衛隊は紛れもない軍隊であり、日本国は軍隊を保有する国家である、首相発言は「お約束」を蔑ろにするものではありましたが、しかし現実を歪曲するものでもまた、なかったと言えます。

 既に日本は軍隊を完備していますし、アメリカの戦争にも参加している、それが本当のところではないでしょうか。軍隊ではなく自衛隊である、戦争参加ではなく後方支援活動である――それは決して、正しいことではありません。詭弁を弄して憲法の枠内ということにしてしまっている現状は、果たして憲法が守られていると言えるのやら。「憲法を守れ」と唱えられた場合の「守る」ことの意味は専ら「改憲から」憲法を守ることのようですけれど、それより先に憲法の規定を遵守せよと、そう説かれても良さそうなものです。まぁ、実質的に破棄されて久しい憲法の規定を数十年ぶりに遵守せよとまで主張することには、護憲派を自認する人も二の足を踏むのかも知れません。いわゆる護憲派は、あまり極端なことは言わないものなのでしょう。改憲派の盲目的な理想家ぶりとは裏腹に、護憲派の態度は実に妥協的です。

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  2. 2

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    タクシーのマスク強制が嫌なワケ

    永江一石

  4. 4

    トランプ氏の側近3人 暗躍失敗か

    WEDGE Infinity

  5. 5

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  7. 7

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  8. 8

    田代まさし闘病で収監延期の現在

    SmartFLASH

  9. 9

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

  10. 10

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。