記事

起業に向かない人の「7つの特徴」

リンク先を見る

「労働者」としての組織での仕事を辞めて、自分で「経営者」として起業したのは、もう3年近く前のことになります。数年間やってみてわかったことは、それぞれの仕事には、向き不向きがあるということでした。

起業に向かない人はこんな人です。

1.完璧を求める人
新しいビジネスには失敗がつきものです。私もたくさんの失敗がありましたが、すべてを完璧にするより、「成功>失敗」にすることを目指して、とにかく数を打つことを続けてきました。ミスは無い方が良いですが、ミスを恐れてチャレンジしないことの方が損失は大きいと思います。

2.人のせいにする人
組織で仕事をしている時は、人のせいにできる仕事も、起業して自分が責任者になれば、結果がすべてです。金融機関には社内政治に長けた「茶坊主」や「ひらめ」がたくさんいましたが、自分の保身ばかりを考えている組織人には起業は、向いていません。

3.得意分野を持たない人
仕事とは他の組織との競争になります。競争に勝つためには「商品・サービスの差別化」か「低コスト」のどちらかが必要になります。低コストで仕事を続けるのは、続けることが難しいと思いますから、差別化できるものを持っていることが要件になります。自分が他の人に負けない得意分野を持たないうちは、起業しない方が良いと思います。

4.ネガティブな人
コップに水が半分入っている時に、「半分しか入っていない」と思うのではなく「半分も入っている」と思える人の方が前向きに仕事に取組み、結果を出す可能性が高いと思います。

5.不健康な人
起業すると代理の人を準備する余裕がなくなります。大企業なら自分が休んでも組織は何とか回りますが、小さな組織では、自分の代替になる人はいないのです。健康であることが起業の大前提であり、体の弱い無理が効かない人は、起業には向かないと思います。

6.夢中になれない人
新しい仕事をゼロから立ち上げる初動にはある種の「狂気」が必要だと思います。1つのことに没入して、寝食を忘れるくらい夢中に何かに取り組む瞬間から、価値が生まれます。ずっとそんな生活を続けることは不可能ですが、夢中になることができないのであれば、そこから出てくる結果もそれなりにしかならないと思うのです。

7.こだわりを捨てられない人
1つのことを極めたいという職人的なこだわりの気持ちが大切である一方、既存の価値観をこだわりなく捨てられる柔軟性も起業する人には求められると思います。事業環境が変わった時にその環境変化にいかに自分のビジネスをフィットさせられるかが企業経営に必要な要素だからです。PCからスマホに世の中がシフトしたら、PCにこだわらないでスマホに対応できる会社が生き残るのです。

起業によって、自分ですべてを決められる自由を手に入れることができますが、それが苦痛だと思う人には無理に起業しろとは言いません。どちらが良いかは自分の価値観だからです。

でも、もし一度も起業をしたことが無く、組織で仕事をしながら、悶々としている人がいたら、一度チャレンジしてみてはどうでしょうか?やってみると思ったほどリスクよりリターンの大きな世界であることがわかると思います。

金曜日の丸の内朝大学に向かう車から東京タワーを見ながら(写真)、そんなことを考えました。

あわせて読みたい

「起業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    北の資金源でなくなったパチンコ

    宇佐美典也

  2. 2

    セブン離れ進む? PayPay導入なく

    永江一石

  3. 3

    反日を煽る文政権 若者が反発か

    MONEY VOICE

  4. 4

    内田裕也死去 代表曲なき帝王

    常見陽平

  5. 5

    瀧逮捕 NHK撮り直しは受信料ムダ

    上伊由毘男

  6. 6

    暴言の明石市長再選は稀有な例

    宮崎タケシ

  7. 7

    ゴマキ不倫 夫の愛に感じる怖さ

    女性自身

  8. 8

    論評の場は月刊誌からウェブへ

    BLOGOS編集部

  9. 9

    伊藤忠 敵対的買収が重い負担に?

    山口利昭

  10. 10

    閲覧されぬVtuber広告効果が悲惨

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。