記事

あらゆるサービスに広がるウーバー型アプリ

 途方もない大金持ちならば、小さな鈴を鳴らして召し使いを呼ぶかもしれない。だが、今やコンピューターオタクの怠け者は、鈴を鳴らす代わりにスマートフォンをタップするだけで雑用係を呼ぶことができる。

 私はメイド、マッサージ師、医者、シェフ、買い物相談係、そしてバーテンダーを呼べる。おのおのが、わずか10分間で私の家に到着できる。

 そう、これはばかばかしく滑稽に聞こえる。しかし、これこそが百万長者ではない多忙な人々が、さまざまな家事・雑用を済ませる新しい方法なのかもしれない。

 「コンシェルジュ(接客係)経済」がスマホ上で芽生え始めている。それが私の住むサンフランシスコ以上に発達したところはどこにもない。こうしたサービスを提供するスタートアップ(新興企業)は、彼らが輸送に革命を起こしている配車サービス会社ウーバ-(Uber)のようなものだと言う。彼らはスマホを使って、仕事をしてもらいたい顧客と、付近にいて仕事を求める労働者とを結び付けているからだ。

 あらゆるものについてウーバー型の企業が存在する。Washioは衣料のクリーニングサービス、SprigとSpoonRocketはディナーの出前サービス、そしてShypは荷物を送ってくれるサービスで、郵便局に行く必要がなくなる。Zeelはマッサージセラピストを手配するサービスだ。Healは医師を派遣して往診するサービス、Sauceyはアルコール飲料の宅配サービスだ。Duflはスーツケースに荷物を詰め込んで運んでくれ、Eazeは医療用マリファナの配達サービスだ。

 このようなアプリを一目見てどれほど真面目なものかを知るのは難しい。このため私は過去1週間、十数個のアプリに頼って生活した(そう、私の厳格なテストにはミモザ・カクテルとマッサージも含まれている)

 確かに、アプリにやらせれば、生活はたやすい。しかし私はこれらが怠け者のためだけに存在するのではないことを学んだ。大半のサービスは素晴らしいし、驚いたことに、独創的で新しいビジネスモデルを提供するアプリもあって、私はそれを利用することでカネも節約できた。ただ、サンフランシスコのような「ドットコムの王都」以外のところでどれほど多くのアプリが意味をなすのか、あるいは1年後にビジネスとしてまだ存続しているのかどうかは分からない。

 私のお気に入りのサービスはLuxeだ。これは、スマホの世界でのみ可能なロジスティクスの驚異だ。Luxeは駐車や配車のための個人的な係員を派遣するのにGPS(全地球測位システム)を使っている。車に乗り込んだら、顧客はLuxeアプリを開いてどこに行くか告げる。するとLuxeは顧客のスマホを追跡し、車が目的地に着くやいなやLuxeの手配した駐車係が顧客と落ち合うという仕組みだ。

 先週金曜日、私の依頼に応じてやってきたケビンは、身元も確かで、よく訓練され、保険にも加入していた。彼は青のユニフォームを着てサンフランシスコの金融地区にある私の事務所に午前8時45分ごろ現れ、車のキーを渡すと即座にそれを運転して行った。

 午後6時、わたしは再びLuxeアプリを開き、町の異なる場所に私の車を回すよう依頼した。問題は全くなかった。10分もしないうちに、ロスという名前の係員が私の車とともにそこに来た。車のトランクの中には彼の折りたたみ式ポータブル・スクーターとウクレレがあった。彼によれば、スクーターはサンフランシスコの丘を上ったり下ったりするためであり、ウクレレは仕事の合間の暇つぶし用なのだという。

 すごいのは、このサービスの料金が15ドル(約1800円)とチップ3ドルで済んだことだ。私のビルの駐車場は35ドルかかるだろう。どうしてそうした低料金が可能なのか? Luxeのカーティス・リー最高経営責任者(CEO)は、使われていないガレージの所有者と有利な料金で交渉しており、その節約分の一部を顧客に還元しているのだと私に述べた(Luxeの料金は時間と場所によって変化するが、現在利用可能な5都市で、料金は一日当たり15ドル前後だという)。

 一度だけLuxeに見捨てられたことがある。日曜日、Luxeは午後6時に営業を終える。このため、わたしはコンサートに行った時の駐車でそれを利用できなかった(その他の曜日は午後11時ないし深夜まで営業している)。

 こうしたオンデマンド・アプリの大半がそうであるように、Luxeは臨時労働者に頼っている。彼らは扱う車の台数に応じてカネを稼ぐのだ。このアプリは、彼らに、町のどこに潜在的顧客が最も多いかを教える。多忙な日には彼らの時給は20-30ドルになる。だが、誰も駐車しようとしない日には、彼らのディナーはインスタントヌードルだ。

 ベンチャーキャピタル会社メンロ・ベンチャーズのベンキー・ガネサン社長は、ウーバー、Munchery(食品配達)、UrbanSitter(ベビーシッターサービス)、Rover(犬のしつけサービス)に投資していると語る。同社長によれば、信頼できる物やサービスの取引市場を創出することによって、アプリは不十分にしか使用されていない資源(例えば臨時労働者と空になっている駐車場)を活用しているのだという。

By GEOFFREY A. FOWLER

【関連記事】

あわせて読みたい

「Uber」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  3. 3

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  4. 4

    ブルーインパルスが都心飛行へ

    ABEMA TIMES

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  7. 7

    景気回復の奇策「消費税15%に」

    永江一石

  8. 8

    コロナ抑えたハワイ 店舗も再開

    荒川れん子

  9. 9

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  10. 10

    月に30万円稼ぐパパ活女子の本音

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。