記事

出荷台数246万台のスマートテレビが持つデータ量は「視聴率」の4100倍

高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事]

***

スマートテレビが売れている。ネットにつなげるスマートテレビの出荷量はテレビ549万台の内、246万台である。

このスマートテレビに関しては視聴履歴などが記録されるため、テレビメーカーに個人情報が知られてしまう、と言う問題を中心に論じられることが多い。

しかし、テレビ制作に関わるものにとっては他に気になることがある。246万台のテレビは、個人で見ている人も居るだろうが、大づかみで言えば246万世帯のスマートテレビがあると考えることができる。

一方、日本で一社だけ視聴率調査をしているビデオ・リサーチの調査対象は関東の場合、600世帯だと言われる。246万世帯は4100倍のデータ数である。

現在のビデオ・リサーチの調査は5%の誤差があるといわれているが、データ数が4100倍になれば、より、精度の高い視聴率が出ることは間違いない。調査対象の属性としてスマートテレビを買う情報感度の高い世帯というバイアスが加わるが、それは勘案すればよいだけである。

こういった視聴率調査を、スマートテレビを売るメーカーが、やっていないとは考えられない。すでにやっているはずである。

と言うことは、テレビメーカーは、テレビ局と広告代理店が出資するビデオ・リサーチの視聴率とスマートテレビの視聴率を比較しながら見ているはずである。どちらを信じるかは自明だろう。

ビデオ・リサーチの視聴率は、テレビ局のCM料金に直接反映する。このままの状態が続けば、テレビメーカーがテレビ局に意見を言ってくるのは間違いない。

テレビ制作者は、「テレビが面白くないと、テレビが売れないという時代ではないこと」に気づかなければならない。地上波のテレビ番組を見るためにスマートテレビを買う人はもう少ないのかもしれない。

ならば、テレビ制作者は番組を面白くして、テレビが見たいからテレビを買ってもらうように努力しなければならない。エンターテインメントは変わらなければならない。

 

あわせて読みたい

「スマートテレビ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池袋事故で20年前の職場晒す悪意

    tokyo editor

  2. 2

    幻冬舎問題 出版社は不要な存在

    かさこ

  3. 3

    保護者席に広末涼子 会場は騒然

    NEWSポストセブン

  4. 4

    幻冬舎騒動 批判すべきは見城氏

    常見陽平

  5. 5

    言論の自由訴える丸山議員は無知

    赤木智弘

  6. 6

    結婚できない男性に特徴的なこと

    文春オンライン

  7. 7

    携帯大手3社 明暗分ける新プラン

    S-MAX

  8. 8

    磯野貴理子の離婚理由に同情の声

    女性自身

  9. 9

    丸山氏バッシングする野党に疑問

    自由人

  10. 10

    勉強できる人とできない人の違い

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。