記事

アクトス問題における武田薬品の行動 会社としては正解?

連休3回忌で実家に戻っています。
前回の今井さんの記事、たくさんの方に閲覧していただきありがとうございました。いろいろ厳しい意見もいただきましたが、現状のがん治療における問題点をあげさせていただいたつもりです。ただ今井さんの劇場を守ろうとした行動のための会見であったことから、今井さんが芝居としておこなったのだとしたら、私の意見は患者に対して強すぎたという一面はあると思います。

今回は製薬会社の対応について書きます。

あの糖尿病医療薬アクトスの膀胱癌発症リスク上昇の疑い(糖尿病薬 アクトスの副作用(2011年の記事))で生じたアメリカにおける裁判において、武田薬品は和解を選びました。武田からのプレスリリースです。(米国における2型糖尿病治療剤「アクトス®」に起因する膀胱がんを主張する 製造物責任訴訟の和解に向けた合意について

現在、製造物責任訴訟は約9000件に上っている。そのためどうも裁判維持に年間100億円程度かかる。
 ただカリフォルニア州など複数の裁判所の陪審も昨年、武田に損害賠償支払い義務があると認定したが、判事はいずれも評決を無効とし、業界では「今後も無効となる可能性が高い。少なくとも減額はされるだろう」と指摘されていた。

うーん。アクトスと膀胱癌発症の因果関係は他の臨床試験でも医学的に否定されており、裁判においても陪審員以外は責任を認めていなかった、つまり費用がかかっても全体として裁判には勝てそうでしたが、それでも3241億円!での和解。なぜなんでしょう。

ネットの記事では
「武田は「法的責任を認めるものではない」としたうえで、財務上の不確実性が低減されることなどから和解を選んだとしている。」

そしてプレスリリースにも「本和解により、当社財務上の不確実性が低減されるとともに、大多数のアクトス製造物責任訴訟の解決に向けて確かな道筋が拓かれることになります。本和解により、当社は世界中の患者さんのために革新的な治療薬の開発に一層注力することが可能となります。」
と書かれています。

前回の額の6100億円から比べれば3000億近く減額されたことを踏まえ、そして毎年の裁判費用を考えた際のリスク管理として和解が選ばれたということだそうですが、まず法的にも人道的にも悪くないのに財務上の不安定を招くリスクを考慮して名目の被害者?に賠償金を払うという行為!さすが日本製薬企業第1位!(皮肉です)

プレスリリースの中でのこの一文。
「今回、当社は和解を選択することを決定しましたが、当社のアクトスに対する考えに変わりはありません。当社は、米国および日本やその他の国々で糖尿病治療の選択肢として引き続きアクトスを提供いたします。」

提供するのはいいけれど、処方する際の患者への説明は医師にお願いしますとの事なんですよね。すこし医師達を馬鹿にしています。まあもうアクトスの出荷量は減ってますけどね。

少しひねた解釈をします。
1 アクトスと言うビオグリタゾンは全世界で売り出されてはいるが、現在特許がキレている事により世間ではジェネリックにほとんど移行してしまっており、武田としてはそれほどの利益が生み出されなくなった薬。
2 第2世代を作ろうとしたが副作用の出現で開発を頓挫させたチアゾリン系の薬。そのためこれ以上の発展がみこめない薬。
3 副作用の少ないDPP4、SGLT2と新たに出現した糖尿病薬のせいで、これ以上のマーケティング拡大のうまみが全くない薬。
4 今後万が一新たに膀胱癌が発症した際でも、ジェネリック他社に責任を転嫁できる可能性があるため裁判で無理して勝つ必要がないということ。

いろいろ考えての行動かもしれませんが、それでも日本に膀胱癌患者が出た時にどうするのかなどが不明確で、信義より目先を考えて行動する会社というレッテルが貼られたという事を理解する必要があると思います。いや会社をしっかり維持するための見事な行動と経済界では評価されるのかもしれませんが。
【関連記事】
がんと正しく戦う 今井さんと小西さんの事例より

あわせて読みたい

「武田薬品」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  3. 3

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  4. 4

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  5. 5

    女子陸上盗撮 複数人が被害相談

    NEWSポストセブン

  6. 6

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  7. 7

    鬼滅効果でも厳しい消費氷河期に

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    橋下徹氏 都構想で命を狙われた

    PRESIDENT Online

  9. 9

    伊藤健太郎の不心得を諭した女性

    文春オンライン

  10. 10

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。