記事

時代の最先端は子供たちに学べ - 茂木 健一郎

最近、いくつかの中学校、高校でお話をさせていただいて、学生たちと対話をした。

こちらから、脳の話をするだけでなく、彼らの話も聞く。「君たちの中で、一番のオタクは出てきて!」と言うと、喜んで出てくるやつらがいる。

それで、何のオタクなの? と聞くと、好きなアニメや漫画、ゲームのタイトルを言う。「へえ、それ、どんな作品なの?」と尋ねると、本当にイキイキと、その世界観や、キャラクター造形、ストーリーについて解説してくれる。

一方、学校の講堂や体育館に来ている保護者たちや先生は、子供たちが夢中になっている作品を、ほとんど知らないことが多い。

たとえば、最近ある中学校で聞いた作品は、『弱虫ペダル』という漫画。子供たちは、かなりの割合で知っていたが、保護者や先生たちは、ほとんど知らなかった。私も実は、恥ずかしながら教えられるまで知らなかった。

『弱虫ペダル』は、学校の自転車競技部の話らしく、さまざまな性格の登場人物が出てくる、感動的なストーリーのようだ。私の世代にとってはなじみの深い『巨人の星』や『あしたのジョー』のように、スポーツ漫画だが、時代が流れて、やはり現代的なテイストになっているらしい。

ここには、ビジネスをやるうえでも役に立つ、一つの発想のヒントがあるように思う。現代のことを知りたければ、子供たちに聞くのがいい。彼らは時代の最先端の感覚を、ごく自然に身につけていて、「次に来るもの」に興味を持ち、一心に向き合っている。

考えてみれば、私たちが子供の頃も、いろいろな漫画やアニメに夢中になっていたけれども、周囲の大人たちは、必ずしもそれを把握していなかった。そして、当時私たち子供が夢中になっていた作品のいくつかは、今や「古典」となっている。

時代は繰り返す。今の時代もまた、子供たちの心をとらえている作品こそが、「次の時代」につながる動きなのだろう。その熱い潮流を知るためにも、時には子供たちに、「今何が流行っているの?」と尋ねるのがいい。

『妖怪ウォッチ』のような、社会現象になるほどの大ヒットになれば、自然に大人たちの目にも入ってくる。問題は、そこまでの大ヒットにならなくても、子供たちが夢中になっているもの。それらの作品群について、大人たちが謙虚に子供に聞くことで、新しい発想へのヒントが得られるのではないか。

ところで、対話を重ねる中で、日本の子供たちの強さと、その逆の課題も見えてきたように思う。

日本の子供たちが夢中になっている作品は、そのまま、日本の強さの象徴でもある。漫画やアニメ、ゲームにおける「コンテンツ」の制作力は、日本は世界の中でもおそらく際だって強い。このような作品群たちは、これからも「クール・ジャパン」を支え、日本経済の一つの鍵となろう。

それに対して、気になるのが、日本ではコンピュータのプログラムを中学校あたりからばりばり書くオタクが、比較的少ないことである。

アニメや漫画のオタクの数に比べて、プログラムのオタクが少ない。このような子供の世界の現状は、そのまま、日本の競争力の実状に反映されているように思う。

日本の可能性も、課題も、子供たちとの対話から見えてくる。だからこそ、身近な子供の声に、耳を傾けたい。

あわせて読みたい

「若者論」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    電通が「数百万円程度」で作成 批判受け削除の復興庁トリチウムキャラクター【東京電力福島第1原発事故】

    BLOGOS しらべる部

    04月16日 16:47

  2. 2

    大阪府民「まん防やなく辛抱ですわ」感染拡大で吉村知事への不満続々

    NEWSポストセブン

    04月16日 12:04

  3. 3

    「東京来ないで」発言の小池知事はこの一年何をしてきたのか

    中村ゆきつぐ

    04月16日 08:52

  4. 4

    ブルーライトカット眼鏡への意見書を出した学会に聞く「結局使うべきではないのか」

    BLOGOS しらべる部

    04月16日 16:14

  5. 5

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  6. 6

    「原発推進派」を自称する自民党議員の不可解な主張 福島処理水の安全性を再び検証

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月16日 08:23

  7. 7

    「なぜ受験勉強をしなければいけないか」橋下徹が出した納得の理由

    PRESIDENT Online

    04月16日 16:05

  8. 8

    東京中心・東京目線のコロナ対策 石破茂氏「意図的にすら思える」

    石破茂

    04月16日 18:54

  9. 9

    イソジンうがいで新型コロナの重症化予防という話はどうなったか追いかけてみた

    名取宏(なとろむ)

    04月15日 12:44

  10. 10

    ウィグルなどの中国人権問題について日本企業はどういう態度で望むべきか?

    倉本圭造

    04月16日 19:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。