記事

安倍首相の米議会演説は愚劣でバカバカしい

安倍首相が米議会で初めて演説をして、 大受けだったとニュースが報じている。

テレビのコメンテーターも歴史的快挙だと喜んでいる。

韓国はすでに6回も演説したことがるのに、 何が快挙だ!

その演説全文を読んでみたが、アメリカに媚びた その自虐史観にムカムカした。

民主主義の輝くチャンピオンを大使として送って くださいました」とか、「日本にとって、アメリカとの 出会いとは、すなわち民主主義との遭遇でした」 とか、よくこんな醜悪な媚びを連発できるものだ。

安倍首相は「民主主義はアメリカからの贈り物」と 思っているらしいが、とんでもない自虐史観だ。

昭和天皇が敗戦翌年の「新日本建設に関する詔書」で、 明治大帝の「五箇条の御誓文」に還って民主主義を 進めればいいと仰ったことを安倍首相は 知らないのか?

それは「日本の民主主義は戦後の輸入品ではない」 という意味だったのだ。

しかも過去の日米戦での米兵の死に「深い悔悟を胸に」 抱くそうで、「戦後の日本は、先の大戦に対する痛切な 反省を胸に、歩みを」刻んだそうだ。

日米の戦争は、日本側から甲案・乙案を提出しても 拒否されたことが原因であり、避けようがなかった。

それをどう反省すればいいのか?

そんなに先の大戦に「悔悟」の念を抱き、「痛切に反省」を していたら、靖国神社の英霊に対してなぜ 「顕彰」が出来るのか?

靖国神社は「顕彰」の施設であって、よく戦ってくれましたと、 戦死者を英雄として讃えるための神社なのだ。

今後、安倍首相が靖国参拝をしても、わしはアメリカの ポチに成り下がった奴が、英霊を愚弄するんじゃないと 怒るしかない。 

しかし、あれほどアメリカの戦争を「自由」と「民主主義」の 「正義」の戦いとして持ち上げ、日本を「悪の帝国」に してしまう安倍首相の演説を、日本の自称保守派は なぜ喜べるのか?

わしには理解不能だ。 

しかもやたら民主主義を強調するくせに、辺野古の 基地問題も、安保法制も、すべて米国と先に決めてしまい、 国会審議は後回しでいいと言うのだから、 どこが民主主義なんだ!? 

安倍首相の演説は、過去の日本を「悪」とする 「東京裁判史観」に嵌ってしまっていて、今後も アメリカを宗主国として、アメリカの起こす侵略戦争には、 すべてついていくと宣言したようなものだ。

まさに「戦後レジーム」の完成である!

実に不愉快な演説だが、日本人は アメリカ・コンプレックスが強いから、嬉しいのだろう。

バカバカしいとしか言いようがない。



■関連記事
米国連邦議会上下両院会議における安倍総理大臣演説 「希望の同盟へ」 - スピーチの全文

あわせて読みたい

「日米首脳会談」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。