記事

製薬メーカーとの付き合い方

1/2
外科系、内科系問わず、医療において薬はなくてはならないものです。そのことは、現代医学における「薬」がなかった時代を思い出していただければ、すぐに理解できます。

現代医学における「薬」とは、抗生物質とビタミン剤がその嚆矢であるとぼくは思います。両者は20世紀に誕生しました。秦佐八郎とパウル・エールリッヒが梅毒治療薬サルバルサンを開発し、アレクサンダー・フレミングがペニシリンを発見し、鈴木梅太郎が(脚気治療薬の)ビタミンB1を発見する時代です。要するに、薬理学の黎明期です。Goodman & Gilmanの第1版が出版されたのが1941年です。この時代こそが「薬」時代の幕開けなのです。それ以前は敗血症や脚気や壊血病などでたくさんの人が死んでいたのです。「薬」以前と以後においては、人間の健康のあり方は激変しました。

もちろん、それ以前にも薬はありました。現代の漢方薬のほとんどはそれ以前に開発されたものですし。しかし、こうした薬は患者の病気という「現象そのもの」をターゲットにした薬でした。漢方ではこれを「証」と呼んだのでした。もちろん、漢方医学にも病態生理的な理論はありますが、現代ではこれをサイエンティフィックに承認するのはむずかしいとぼくは思っています。西洋医学においてもかつては水銀とか、かなり危うい「薬」を使っていました。経験的にマラリアや心不全に効く植物は見つかっていましたが、これもペニシリン・ビタミンB1以降の「薬」とは全然違うレベルの考えかただったとぼくは思います。

繰り返しますが、現代医学における「薬」は人間の健康のあり方を激変させました。ぼくは「サルバルサン戦記」を書いていてそれを強く実感しました。だから、ぼくは創薬という営みにものすごく敬意を払っています。創薬に携わる人々にも最大級の敬意を払っています。秦佐八郎という人物を心から尊敬するように、現代の創薬関係者も心から尊敬しています。

昨今、医者と製薬メーカー関係者との付き合い方について、いろいろな議論がなされています。「医療において薬は必要不可欠であり、製薬業界を全否定するのは間違っている」という意見を医者側から聞くことがあります。全くそのとおりだとぼくも全面的に賛成します。

しかし、です。そのような「製薬業界は全否定してはならない」と言う医者の大多数が、例えばMRさんたちと会話するときに、タメ口なのにぼくは閉口します。そこには人間の健康のあり方を激変させた、創薬に携わる人達に対する敬意が微塵にも感じられません。医者のほうがずっと上から目線なのです。高齢の医者がこれをやっているのを見ると、「ああ、まだやってんだ」と少しがっかりします。若手の医者がこれをやっているのを見ると、「何を勘違いしているのだ、指導医は何を教育していたのだ」とぼくはとてもがっかりします。

結局のところ、「製薬業界を全否定するのは間違っている」と宣う連中のほとんどは、単に製薬業界からの接待を正当化する方便として、そのようなセリフを使って言い訳しているにすぎません。そうやって、製薬業界が主催する薬の説明会(と称するお弁当配布会)や、新薬発売1周年記念講演(と称するアゴアシつきのパーティー)や、社内勉強会の講師(と称する接待)にのこのこ出かけるエクスキュースにしているのです。

秦佐八郎や鈴木梅太郎やドラモンドやフレミングやドーマクが現代医学に必要不可欠な人物であったように、現代医学に製薬業界は必要不可欠な存在です。それを自覚するのであれば、製薬業界の方々と接するときには敬語を使い、プロとプロの仕事として対等に議論したり、ともに研究すればよいのです。

サッカーの試合は選手とレフリーがともにプロフェッショナリズムを発揮し、共同作業をすることによってよい試合になります。選手がレフリーを無視したり、リスペクトしない状態であれば試合は壊れます。レフリーが選手を無視したり、リスペクトしないとやはり試合は壊れます。両者は共同作業を行い、そして名試合を共に造り上げているのです。選手のない試合は成立せず、レフリーのない試合は成立せず、両者が互いを無視した試合も成立しません。

かといって、選手がレフリーに食事をごちそうしたり、飲みに行って飲み代をこちらもちにしたり、ましてや金品を渡したりすることは絶対に許されません。それを我々は「賄賂」「八百長」と言います。

両者はプロとしての礼節を保ち、付き合いを保ちつつもアンタッチャブルな領域には絶対に踏み込んではいけません。弁護士と検察と裁判官、賞の審査員と応募者など、同様の構造はいくらでも見出すことが出来ます。

医者は薬を施設に採用したり、処方したり、あるいは講演で宣伝したりする絶対的な権限を持っています。製薬業界はこの権限を最大限に利用し、自社利益を追求しようとします。医療・医学において診療界と製薬業界は対等な立場にあるはずですが、金銭的利益という観点からは両者にはラテラリティーが存在します。そのラテラリティーを利用して、製薬業界は医者を誘惑し、医者はそれに見事にひっかかるのです。

あわせて読みたい

「製薬会社」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋本聖子氏 池江への発言が炎上

    女性自身

  2. 2

    お父さんは違憲? 安倍首相に疑義

    赤木智弘

  3. 3

    尾崎豊の名曲 歌詞が今さら物議

    キャリコネニュース

  4. 4

    QUEENフレディ 過剰歯は誤訳か

    大隅典子

  5. 5

    祝日の国旗は右翼的? 奇妙な日本

    メディアゴン

  6. 6

    よしのり氏&香山氏 アイヌを激論

    篠田博之

  7. 7

    京都大学がGW10連休を「無視」か

    川北英隆

  8. 8

    「月20万円でレクサス」は安いか

    NEWSポストセブン

  9. 9

    女性店員へのセクハラで逆転敗訴

    猪野 亨

  10. 10

    マイナンバーカードの普及は必須

    菅義偉

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。