記事

日米ガイドラインの見直し

中谷防衛大臣らが訪米し、米国との間で合意に達した「日米ガイドライン」の見直し。

約18年ぶりの見直しの内容を見てみると、安倍政権が進めようとしている、集団的自衛権の行使ということを先取りした内容が色濃く出ています。

さらには、これまで日本の安全を守っていくための日米同盟であり、そのための日米ガイドラインであり、したがって自衛隊の活動の対象地域も日本の周辺の地域に限定されていたのが、今回の見直しで、米軍とともに地理的な限定なく世界中で活動するということになっています。まさに「歯止めなき」状況。

集団的自衛権を行使可能とする安全保障法制の見直しについて国民について説明する前に、日米間でガイドラインの見直しに合意するというのは明らかに順序が逆。

連休明けの国会で、このような点について徹底的に議論していきたいと思います。

あわせて読みたい

「日米同盟」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。