記事

アップル 第2四半期決算発表は良い内容だった 増配、自社株買戻しプログラムの拡充が発表された

アップル(ティッカーシンボル:AAPL)が第2四半期(3月期)決算を発表しました。:
EPS:予想$2.16に対し、結果$2.33 (去年は$1.66)
売上高:予想561億ドルに対し、結果580億ドル (前年比+24.4%)
グロスマージン:予想39.6%に対し、結果40.8%
iPhone:予想5,700万台に対し、結果6,120万台 (去年は4,370万台、第1四半期は7,450万台)
iPad:予想1,400万台に対し、結果1,260万台 (去年は1,640万台、第1四半期は2,140万台)
Mac:予想460万台に対し、結果460万台 (去年は410万台、第1四半期は550万台)
iPhoneのASPは前年に比べて62ドル高くなりました。チャンネル在庫は100万ユニット増加しました。iPadのチャンネル在庫は110万ユニット減少しました。

第3四半期に関しては売上予想470.9億ドルに対し、新ガイダンス460~480億ドル、グロスマージン予想39.2%に対し、新ガイダンス38.5~39.5%が提示されました。

中国からの売上高は168.2億ドルでした。米州は213.2億ドルでした。

アップルは自社株買戻しプログラムをこれまでの900億ドルから1,400億ドルに増やすとともに四半期配当をこれまでの47¢から52¢に増配します。アップルは今後も増配を続けてゆく計画です。

ドル高インパクトについてはグロスマージンに100bp程度のネガティブ・インパクトがあったと説明されました。来期はさらに40bpほどのネガティブ・インパクトを見込んでいます。

新興国の売上高は前年比+58%でした。

Apple Watchに関しては需要が供給より大きいものの配達遅延は解消しつつあるとコメントされました。6月にはいま発売している以外の国々でも売り始めることが出来るだろうというコメントがありました。

アップル株はアフターマーケットで+1%程度で推移しています。

あわせて読みたい

「Apple」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「天皇謝罪で慰安婦解決」は大嘘

    MAG2 NEWS

  2. 2

    夕刊フジ「韓国一面祭り」のワケ

    文春オンライン

  3. 3

    反日姿勢に米の韓国離れが加速か

    MAG2 NEWS

  4. 4

    10連休で支障ない行政は給与泥棒

    川北英隆

  5. 5

    橋下氏 五輪相カンペ謝罪に指摘

    橋下徹

  6. 6

    五輪相の失言は全文読んでもダメ

    永江一石

  7. 7

    いきなりステーキ NYでなぜ苦戦?

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  8. 8

    韓国の日本軽視 裏に存在感低下

    WEDGE Infinity

  9. 9

    エロ本排除を招いた出版社の失策

    文化通信特報版

  10. 10

    眞子さま 皇籍離脱して結婚も?

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。