記事

ウィリアム王子とキャサリン妃の第2子誕生に「興味ない」61%の意味は?

英王室のウィリアム王子とキャサリン妃の第2子誕生が間近に迫ってきた。英国はしかし、総選挙の真っ最中とあって、英メディアの第2子報道は抑え気味だ。

第2子誕生を待ちかねる英王室の追っかけ(木村史子撮影)

国民の関心が第2子に集中すると、それでなくても下降傾向の投票率がさらに下がる恐れがある。大手世論調査会社YouGovの調査(4月16~17日)で「興味がある」が37%、「興味がない」が61%。

YouGovデータをもとに筆者作成

「プリンス」か「プリンセス」のどちらが好ましい?という質問には男の子が2%、女の子が24%、気にしないが71%。

プリンセスの場合、好ましい名前は?という直近の調査(24~25日)に「ダイアナ」と答える人が12%で一番多かった。しかし、「わからない」が29%、39%と断トツで多い。



キャサリン妃が出産を予定しているセント・メアリー病院前には英王室の「追っかけ」が陣取っているものの、他の患者に迷惑にならないよう報道陣はキャサリン妃が入院するまでシャットアウト。

キャサリン妃が出産する予定のセント・メアリー病院リンド病棟(木村史子撮影)

英王室関係者は「海外メディアからの取材申請はジョージ王子誕生の時と同じぐらいある」と関心の高さを強調している。

故ダイアナ元皇太子妃とのダブル不倫騒動、離婚、ダイアナ元妃の交通事故死、カミラ夫人との再婚で人気が急落したチャールズ皇太子。エリザベス女王の次は皇太子を飛ばしてウィリアム王子が国王にという声は依然として強い。


直近の世論調査(24~25日)ではチャールズ皇太子が王位を継承すべきが41%で、ウィリアム王子の方が良いの35%を上回っている。

チャールズ皇太子が国王になれば、英国民の王室離れが進むかもしれない。しかし英王室人気は今のところ衰える兆しはまったくない。

元気いっぱいのおばちゃまエリザベス女王とフィリップ殿下。

人気はないが、やり手のチャールズ皇太子とカミラ夫人。

若くて明るいウィリアム王子、キャサリン妃とジョージ王子。

やんちゃ坊主のヘンリー王子。

役者ぞろいの英王室について4月16~17日の世論調査で61%が今の英国にプラス・イメージを与えていると答えている。英王室はロイヤルベビー誕生などのイベントに左右されない安定した人気を得ていると言えそうだ。

(おわり)

あわせて読みたい

「イギリス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    堀江氏 バイトテロは昔からある

    キャリコネニュース

  2. 2

    海老蔵が豊洲で都知事をバッサリ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    「貧乏人は犬飼うな」はその通り

    永江一石

  4. 4

    徴用工訴訟 逆提訴が日本のカギ

    AbemaTIMES

  5. 5

    バカッター 実は低リスクで驚き

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  6. 6

    いきなり! セブン出店戦略に学べ

    内藤忍

  7. 7

    日韓関係 耳傾け合う姿勢が希薄

    宮崎正

  8. 8

    「悪夢の前政権」外交面では事実

    MAG2 NEWS

  9. 9

    西川先生の池江巡る発言は暴論?

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    慰安婦解決と天皇の謝罪は別問題

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。