記事

安倍氏 戦後秩序への挑戦 「ベルサイユ体制」の打破だ でも米国には僕ちゃんを守って欲しい

安倍氏は戦後70年の談話では、明確に村山談話を承継をすることを拒否しています。
 口で「全体として引き継ぐ」と言っていますが、全く引き継いでいません。
 誰もそのようには考えていないのも、これまた自明なのです。
 ネットウヨクたちは、この「安倍談話」に小躍りするわけです。それはそうでしょう、その趣旨が安倍氏のいう「戦後レジームからの脱却」なのですから。
 ネットウヨクたちも「全体として引き継」がれているとも思っていない。
 ましてや安倍政権に批判的な人たちは、当然のことながら、誰1人、承継しているなどとは思ってもいないのです。
70年談話 安倍総理の真意は侵略戦争の否定 侵略、おわび、書く必要がないって!?

 そして、4月24日、いよいよ米国の副補佐官が村山談話の承継を求めてきました。
 中韓両国はもとより、米国も「安倍談話」が村山談話を承継しているとは考えていないのです。
 それが当たり前ですよ。
 それともネットウヨクたちは、「安倍氏は、全体として引き継ぐって言っているじゃないか!」なんて言うのかな。言うはずがないですね。

 安倍氏から言わせれば戦勝国によって作られた戦後体制には大いに不満だったわけでしょう。
 戦勝国によって敗戦国に犠牲を押し付けてきただけだ、勝者の論理だけがまかり通ってきたのだ、日本の大東亜戦争は正義の戦争なのだ! という発想しかないものだから、とにかく安倍氏の頭の中には大日本帝国の再建しかないのです。
 安倍氏は、ヒトラーがベルサイユ体制の打破を掲げてやってきたのと同じような幻想が頭の中で妄想されていることでしょう。
 それは同時に米国を中心に作り上げられた戦後体制をぶっ壊せということでもあります。
 米国にとってみれば、安倍氏の言動(政策)は、中韓両国との間で全く無駄な摩擦を引き起こすだけにしかなりませんし、米国内の戦後体制の正当性に対する難癖でもあります。これが米国にとって許されないのは当然ですが、米国のポチでしかない安倍氏が、かかる言動をとること自体、不快感があるでしょう。
 米国のポチならポチらしく歴代の自民の首相のようにすればいいのに、幼児レベルの思考しかできないものだから、いずれは米国も頭をなでなでしてくると信じて疑わないのでしょう。
 当面は、集団的自衛権の解禁とその法制化に向けては安倍氏は使えますが、それ以降は危険分子でしかなくなります。
 幼児レベルの思考しかできないために余計に手に負えません。

 これが日本の首相とは。 
 それでも安倍氏は、米国に見離されるのが怖いから、口では「全体として引き継ぐ」なんて心にもないことを言っているし、靖国神社の公式参拝もできずにいますが、気は小さいんでしょうね。
 影では、安倍氏は米国を罵倒しているかも。

 パパ! 僕ちゃんを守ってね!!
 でもいずれ僕ちゃんが追い越すんだもんね!

あわせて読みたい

「安倍談話」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「天皇謝罪で慰安婦解決」は大嘘

    MAG2 NEWS

  2. 2

    夕刊フジ「韓国一面祭り」のワケ

    文春オンライン

  3. 3

    反日姿勢に米の韓国離れが加速か

    MAG2 NEWS

  4. 4

    10連休で支障ない行政は給与泥棒

    川北英隆

  5. 5

    橋下氏 五輪相カンペ謝罪に指摘

    橋下徹

  6. 6

    五輪相の失言は全文読んでもダメ

    永江一石

  7. 7

    いきなりステーキ NYでなぜ苦戦?

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  8. 8

    韓国の日本軽視 裏に存在感低下

    WEDGE Infinity

  9. 9

    エロ本排除を招いた出版社の失策

    文化通信特報版

  10. 10

    眞子さま 皇籍離脱して結婚も?

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。