記事

大学は、世界レベルの職業訓練所であれ - 大前研一

1/2

「一流とは何か」を肌で感じたMIT留学時代

高校生の2人に1人が4年制大学に進学し、大学全入時代といわれる今日、大学に行く意味とは何だろうか。

今は大学で学んだことで一生食っていける時代ではない。マサチューセッツ工科大学(MIT)に興味深い統計がある。エンジニア系の学校だから、大部分は自分の専門分野に就職するのだが、5年後に同じ分野にとどまっている人は2割ほどしかいないのだ。私自身、原発技術者として新卒で入った日立を2年で退社、まったく畑違いのマッキンゼーに転職している。

MITのような最先端の専門教育をしている大学でも、卒業5年後には5分の1しかその専門分野に残らないのだ。にもかかわらず最高の授業料を取るのは、それだけの理由がある。MITに行って一番驚いたのは、一流のレベルというものが「見える化」していることだった。ノーベル賞をもらった教授だけで十数人いて、「世界最高峰の大学にはこんな先生がいるのか」としばしば感心させられた。

クラスメートにものけ反った。アメリカ人のフレデリクソンは週末の金曜土曜はいつも女の子を連れて遊び回り、勉強している姿など一度も見たことがない。しかし試験となるとほとんど満点で成績抜群。先生からも一目置かれていたから、彼に対する先生の言葉遣いが違っていた。スイスからやってきたハンス・ヴィドマーはアインシュタインの母校、チューリッヒ工科大学の出身。「なぜ1時間で答えを出さなければいけないのか」と原理原則から問題を解き始めるタイプだから、成績は悪い。だが、マクスウェルの電磁方程式からベクトル演算で答えを導き出すなんて難題をいとも簡単にやってのける。アインシュタインの再来かとクラスの尊敬を集めていた。

超人的なクラスメートの立ち居振る舞い。そんな連中や先生が相互作用しているときのハイレベルなやり取り。学生の本当の力を引き出す先生の指導の仕方――。「一流」とはどういうものか。「できる」とはどういうことなのか、肌で感じる機会が多かった。自分が目指すべきステージが「見える化」しているから、努力を振り向けやすい。

最先端の原子力工学を求めてMITに行ったわけだが、そこで徹底的に学んだロジックと思考法、難しい試験や議論、難儀な実験を乗り越えた経験こそが一生ものになったと思う。どんな問題を与えられても答えが出るまで筋道を立てて自分の頭で考える。MITで仕込まれたオリジナル発想重視の姿勢と論理思考は、コンサルティングの世界でも大いに役立った。

早い段階で職業意識が持てる教育を

その大学を出たときに自分にどういう能力が身についているのか。これを「見える化」することは非常に重要だ。たとえばインド工科大学(IIT)は、大学を出るまでに「名札」と「値札」がついて世界のマーケットで売り物になる人材像を明確に描いて教育をプログラムしている。だからIITには世界トップのグローバル企業の採用担当者が殺到する。完全な売り手マーケットで、新卒で初任給10万ドルというエグゼクティブ並みの値札がつくツワモノもいる。

戦後一貫してアカデミズムに軸足を置いてきた日本の大学教育は職能化が不完全だから、大学を卒業しても名札や値札がつくことはまずない。むしろ大学時代をモラトリアムで過ごして、新卒段階では役に立たない人材が多すぎる。

同世代の半数が大学に進学しながら、そこから有為な人材が生み出せない。これは前回触れたように、G(グローバル)とL(ローカル)に大学を分ければ解決するレベルの問題ではない。大学改革のみならず、中学改革、高校改革を含めて教育体系のすべてをつくり直すという作業の中で取り組むべき課題だ。もっと職業というものに対して、地に足が付いた人間をつくる教育をしなければ、日本は立ちゆかなくなる。円安でメーカーが日本に戻りたくても、今やブルーカラーになってくれる人材はほぼいない。かといってインドと競争できるようなIT人材も大幅に不足している。労働力の観点からも、日本は産業基盤を失いつつある。

職業教育の範を求めるなら、やはりドイツのデュアルシステムになるだろう。ドイツでは中学2~3年生の頃からキャリア選択をさせる。ドイツの大学進学率は40%程度で日本より低い。職能で生きていく道を選択した場合には、18歳くらいまで職業学校での座学と現場実習の両輪(デュアル=二元的)で職能を磨いて、その6割以上が実習した職場(企業)に就職する。

日本のような面接1回の“出合い頭の”就職ではなく、ドイツでは18歳の段階で「自分はこれで生きていく」という明確な職業観を持って多くが仕事に就く。デュアルシステムで公認される職種は約350。今、ドイツという国がどんな職能を必要としているか、大変な労力をかけて常に見直し作業を行っている。官民一体となってこのような職業教育を維持することで、ドイツは安定的かつ適正な産業基盤を確保しているのだ。

デュアルシステムは中世以来マイスター制度を培ってきたドイツ人が心血を注いで築き上げた職業教育制度であって、一朝一夕に真似できる代物ではない。げんに失業率の高い南欧の国々も懸命に模倣しようとしているが、おいそれとは構築できない。しかし、早い段階で職業意識を持たせるような仕掛けなら、日本でもできるはずだ。

大学教育でいえば、前述の「見える化」である。世界最高のコンピュータサイエンスを学べるとか、原子炉設計を学べるとか、どんな分野でもいい。「この大学を出ればこういう技術や技能が身について、こんな仕事ができる」という職能レベルが具体的に見えてくると、中学、高校の過ごし方も大分変わってくる。

あわせて読みたい

「大学教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言できない理由を考察

    長谷川一

  2. 2

    マスク配布への攻撃はお門違い

    青山まさゆき

  3. 3

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  4. 4

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  5. 5

    パチンコ屋は警察が閉店指示せよ

    水島宏明

  6. 6

    俺の子産んで 志村さんが依頼か

    NEWSポストセブン

  7. 7

    よしのり氏 なぜコロナを恐がる?

    小林よしのり

  8. 8

    マスク配布案が通る国家の滑稽さ

    井戸まさえ

  9. 9

    マスクせず批判浴びた議員が本音

    山下雄平

  10. 10

    97人感染受け小池都知事が危機感

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。