記事

警察が接見の盗聴までしていたとは…~袴田事件、それでも険しい再審への道 - 小石勝朗

1/2

 警察に逮捕された容疑者には、弁護人との接見(面会)が権利として認められている。そして、その内容が警察に知られることがないように、立会人なしで接見できることも権利として刑事訴訟法で保障されている。「秘密交通権」といい、「直ちに弁護人に依頼する権利」を定めた憲法34条に由来しているそうだ。

 接見とは、今後の捜査や裁判に向けてどんな方針で臨むのか、容疑者と弁護士が作戦を話し合う場だから、手の内を捜査機関に知られないようにするのは当然のことである。接見の後で捜査機関が容疑者に内容を質問すること自体を違法と判断した判決(2011年・福岡高裁)もあるという。

 容疑者の権利の根幹をなす秘密交通権が、明らかに侵害される事態が警察署内で起きていた。

 1966年6月末に静岡県で一家4人が殺害された「袴田事件」でのこと。発生から1カ月半後に強盗殺人などの容疑で逮捕された元プロボクサー袴田巖さん(79歳)が弁護士と接見している時の様子が、なんと「盗聴」されていたというのだ。袴田さんの再審請求にあたっている弁護団をして「前代未聞で言語道断」と怒りあきれさせる大問題である。

 発覚した端緒は、昨年10月に突然、袴田さんの警察での取り調べの様子を録音したテープが静岡県警清水警察署の倉庫で見つかったことだった。そもそも検察はこれまでの再審請求の審理で、取り調べのテープは「(すでに開示された)1本しかない」と弁護団に答えてきており、事件発生から半世紀近くも経った今ごろになってテープが出てくること自体が不自然なのだが、そこは措く。録音された音声は今年1月末に、東京高裁で行われている再審請求審の審理の中で袴田さんの弁護団に開示された。

 昔のオープンリールテープ23本に、約48時間分が収められている。全体に音質は悪く聞き取りにくいのだが、内容を再生・分析しているうちに接見のやりとりが4分30秒余り含まれていることがわかった。

 弁護団によると、このテープの外箱には「8月22日 №2 午後4時40分~45分 岡村弁ゴ士」と書かれていた。岡村鶴夫弁護士(故人)が、袴田さんの当時の弁護人である。

 留置場の記録や後の公判での証言と照合したところ、実際にこの日時に接見があったことが裏づけられ、やりとりの内容も合わせて、弁護団は接見場面の録音と断定した。8月22日は袴田さんが逮捕されて5日目で、弁護士と初めての接見だった。場所は清水署で、接見室だったのか取調室だったのかは不明という。

 秘密交通権に鑑みれば、警察が接見を録音すること自体が違法であり得ないことだから、「盗聴」されて録音されたとしか考えられないのだ。逮捕されてから20日目に犯行を「自白」させられるまで、袴田さんは真っ向から犯行を否認していたから、弁護士に「秘密」を漏らさないか、警察が接見の内容を探ろうと企んだであろうことは想像に難くない。

 この場面の音声にもノイズが多く、特に袴田さんの声はよく聞き取れないが、「パジャマに血が付いていると言われても、わからないんですよ」と話しているのが確認できるという。

 逮捕直後のこの段階では、件の「5点の衣類」は見つかっておらず、袴田さんの犯行着衣はパジャマとされていた。身に覚えのないことを追及されて、戸惑いながら必死で無実を訴えている様子が垣間見える。一方の弁護士は「(袴田さんの)家族に言われて来た」「担当検事に会った」などと話している。

 弁護団は4月13日に東京で記者会見を開き、こうした経緯や概要を説明した。弁護団の西嶋勝彦団長と戸舘圭之弁護士は「秘密交通権は刑事手続き上、最も重要な権利の一つ」と位置づけたうえで、「これほどあからさまな違法が、逮捕後、わずか5日目から行われていたとは…。違法に違法を重ねたうえで、この事件は成り立っている。一刻も早い再審無罪を」と強調した。

 ご存じかと思うが、弁護団が袴田事件の捜査に対して「違法に違法を重ねたうえで」と批判するのには理由がある。

 一つは、袴田さんの再審を認めた昨年3月の静岡地裁決定だ。事件発生の1年2カ月後に発見され、袴田さんの犯行着衣とされてきた「5点の衣類」について、「袴田さんのものでも犯行着衣でもなく、後日捏造されたものであったとの疑いを生じさせる」「このような証拠を捏造する必要と能力を有するのは、おそらく捜査機関(警察)をおいて外にない」と言及している。

あわせて読みたい

「警察」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  6. 6

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  7. 7

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  10. 10

    「マスクは有効」東大実証を称賛

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。