記事

昨年度の高校3年生、「使える英語」にほど遠く……? ‐ 渡辺敦司

文部科学省が昨年(2014<平成26>年)7~9月に、国公立高校の3年生を対象に行った「英語力調査」の結果(外部のPDFにリンク)を公表しました。外国語教育の強化は現在検討されている学習指導要領の改訂の課題ですが、現行の教育でも深刻な実態を表した結果だといえそうです。

調査の分析に当たっては、世界標準となりつつある「CEFR」(セファール=ヨーロッパ言語共通参照枠)にしたがい、テストの得点をレベル分けしました。このうち、よく使われる日常表現や基本的な言い回しを、理解できるし、使えるという「A1」から、抽象的な話題でも複雑な文章の主な内容を理解したり、英語を母語とする人(ネーティブ)ともお互い緊張しないで普通にやり取りしたりできる「B2」までの4段階を指標として用いています(C1・C2は「熟練した言語使用者」のレベル)。
「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能別に見たところ、A1レベルの割合が「読む」で72.7%、「聞く」で75.9%、「書く」で86.5%、「話す」で87.2%を占めるという結果でした。つまり高校卒業間際になっても、まだ多くが英語初心者レベルにとどまっていると判定されるのです。

ところで、昨年度の高校3年生といえば現行ではなく、その前の指導要領(1999<平成11>年告示、2003<同15>年度入学生から全面実施)で学んできた生徒です。彼らが小学校に入学する直前の03(同15)年3月、文科省は「『英語が使える日本人』の育成のための行動計画」を策定し、中学校卒業者の平均が実用英語技能検定(英検)で3級程度、高校卒業者が準2級~2級程度)という目標を立てました。一方、CEFRに英検を対応させると、A1は3~5級、A2は準2級、B1は2級に該当するといいます。行動計画が実現されていれば、少なくともA2が多くなっていなければならないはずですが、高校卒業を控えても、まだ中学卒業レベルだったということになります。

一方、現行の指導要領では「英語I」を「コミュニケーション英語I」とし、英語での授業を基本にするなど、コミュニケーション重視の姿勢を更に鮮明にしています。閣議決定された「第2期教育振興基本計画」(13<同25>~17<同29>年度)でも、高校3年生の目標は英検準2級~2級「以上」です。文科省は今年度も英語力調査を行うことにしていますが、新年度の高校3年生は、このコミュニケーション重視の英語を3年間学んできたわけですから、「今回よりは成績が上がるはずだ」と関係者は期待をかけています。

ただ、質問紙調査の結果では、「英語が好きではない」という回答が6割近くを占めています。英語嫌いが多いままでは、「英語で授業」を行っても効果が上がりにくいでしょう。次期指導要領では、中学校でも「英語で授業」を行うことにしたらどうかという提案もあります。グローバル化が国内にもますます浸透してきている今日、早急に学校での英語の授業を変え、英語嫌いを一人でも減らすことが求められるでしょう。

あわせて読みたい

「英語教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  5. 5

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  6. 6

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  7. 7

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  8. 8

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

  9. 9

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  10. 10

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。