記事

「安倍訪米」のいかさまぶりを見事に暴いた月刊FACTAの記事


 発売中の月刊FACTA最新号(5月号)に、「独りよがりの『安倍訪米』」という見出しの記事がある。

 これは安倍訪米を直前に控えたいま、国民必読の極めてタイムリーな記事だ。

 内部関係者からのインサイダー情報にもとづいて書かれたと思われるこの記事の内容は、ひとことで言えば次の通りだ。

 すなわち、すべてに行き詰まった安倍首相は今度の訪米の成功にすべてを賭けている。

 安倍首相の「極右」歴史修正主義に生理的嫌悪と倫理的軽蔑を感じているオバマの米国は、当初安倍訪米に乗り気でなかったが、官邸と外務省が必死で頼み込んで実現し、おまけに小泉首相でもかなわなかった議会演説まで目玉にさせた。

 これは一見して安倍外交の成功に見えるが、その裏で安倍首相はあらゆる政策で米国に譲歩した。

 その最大のものは日米同盟強化という名の、なりふり構わない対米従属ぶりだ。

 しかし、急速に展開する世界情勢は日米同盟基軸と言う「信仰」がすでに時代遅れになりつつあることを示している。

 そんな独りよがりの安倍外交は危うい。

 以上がFACTAの記事の要旨である。

 問題は読売新聞を筆頭としたこの国のメディアが、政府内部の者でさえ認めているそのような安倍外交の危機的状況を国民に知らせないことだ。

 このままいけば安倍外交の下で日本の国際的地位はどんどん低下していくだろう。

 安倍訪米の礼賛報道一色の裏で、日本はどんどん米国に利用され、捨てられて行くだろう。

 外交を私物化して国を滅ぼそうとしている安倍首相を誰かが止めなければいけない。

 そうFACTAの記事は警鐘を鳴らしているのである(了)

あわせて読みたい

「日米同盟」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  2. 2

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  3. 3

    精子提供を年間100回 男性の葛藤

    ABEMA TIMES

  4. 4

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  5. 5

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  6. 6

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

  7. 7

    日立金属が3200人の人員削減へ

    ロイター

  8. 8

    強TO!急ZO! 日経の韻が巧MYO!!

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    「石原さとみ夫=一般人」に不満?

    いいんちょ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。