記事

危うい民主主義

政権与党が放送法を振りかざしてテレビの報道番組を威嚇し、テレ朝やNHKを呼びつけて事情聴取しているが、それがテレビ報道番組の「委縮」を促進する圧力になる。

その程度の圧力で「委縮」するとは、テレビマンの矜持はないのか?という指摘があるが、「ない」と言うしかない。

権力が放送法を持ち出すのは、免許を取り消すぞという脅しなのだし、テレビはスポンサーなしでは運営できない。

長期政権となるなら、本気で政権を怒らせたら、情報も取れないので、テレビ局や他のメディアのトップも安倍晋三と食事をして自ら懐柔されている。

安倍政権と大企業は蜜月状態なのだから、大企業向けのアベノミクスや、大企業向けの原発再稼働を批判すると、スポンサーも離れるリスクがある。

広告収入に頼らない「赤旗」や、エロ広告で成り立たせる日刊紙くらいしか、今や厳しい政権批判は出来なくなっている。

その上、国民が「意見」を聞きたくない、「解説」だけでいいという無気力に陥っており、民主主義の基盤が溶解している。

商売で支えられなければ、マスコミなんて権力の圧力には圧倒的に弱い。

『新戦争論1』の「日系ブラジル人「勝ち組」が信じたい情報」を読めば、今のマスコミの置かれている状況も分かるだろう。

YouTubeに「ゴー宣道場」のPR動画がアップされているから、この10分程度のわしの分析を見るがいい。

無気力な国民に、民主主義は国民一人一人の自覚で成り立つのだということを分からせるべきである。

日本の民主主義は、今、相当危ない時期にさしかかっている。

あわせて読みたい

「古賀茂明」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  2. 2

    ANAホテル 首相答弁と反する回答

    辻元清美

  3. 3

    辻元氏 ANAホテルは事実を答えた

    辻元清美

  4. 4

    落ち込んだGDP どうなる日本経済

    ヒロ

  5. 5

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  6. 6

    桜問題で逃げ回る安倍首相に苦言

    畠山和也

  7. 7

    死者1万人 米インフルはコロナか

    PRESIDENT Online

  8. 8

    いま選挙語る山本太郎氏は場違い

    早川忠孝

  9. 9

    医療者守れぬ政府対応に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    大企業だから? 楽天叩きに違和感

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。