記事

中国 市民運動抑圧に反論

3月8日の「国際女性デー」に合わせて、セクハラ防止などを訴えようとした中国の女性活動家5人が、直前に各地で一斉に拘束されました。

5人は、男女の平等な権利を求めるなど、北京、杭州、広東省広州などで活動していました。

5人の女性は、セクハラ防止のステッカーを公共交通機関の乗客に配ることを計画していましたが、3月6~7日に、連行されました。

当初は、騒動挑発容疑でしたが、のちに公共の秩序を乱したという容疑に切り替わった、とのこと。

穏健な活動に対する公安当局の強硬姿勢は、習近平指導部が、市民運動を警戒している表れと受け止められ、各国からも非難の声があがりました。

その結果でしょうか、4月14日までに、全員釈放された、ということです。

しかし、5人の釈放は条件付きで、今後1年間当局の監視を受け、活動も制限されるということです。

拘束されていたのは、20~30代の女性です。

アメリカのヒラリー・クリントン前国務長官が、ツイッターで「許せない」と批判するなど、各国から非難の声が上がり、日本、イギリス、韓国などで、抗議デモも起き、アメリカや EU(欧州連合)は早期釈放を求めていました。

これに対して、中国は、内政干渉だとして反発しています。

北京公安当局は、メンバーが関わっていた、北京の人権NGOのセンターを家宅捜索もしています。

女性活動家拘束は、市民運動を支えるNGの弾圧にある、という見方も強い、と報じられています。

中国へは、私自身も、20年も前ですが、1995年の世界女性会議の時に、取材とNGO活動のために行った時にも、市民運動、NGOへの警戒と圧力を感じました。

NGOのフォーラムは、北京から離れた懐柔に場所が設定され、往復に苦労しました。

また、市民に話を聞こうとすると、必ず、警備している人が割って入り、話ができないようにしていました。

また、NGOの仲間と話している周りを警戒して歩きまわっていたり等、常に監視されていた印象です。

それから変わったところももちろんあるのでしょうが、このようなことが繰り返されると、人権が守られていない国として、いくら経済発展しても、多くの国が心からの付き合いはしないと思います。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  2. 2

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  3. 3

    野球は7回、サッカーは60分に!若者のスポーツ観戦離れを「時短化」で食い止めろ

    土屋礼央

    07月27日 08:11

  4. 4

    「世襲議員」は是か非か、制限することは可能なのか。まずは政治資金団体を課税対象にするのが現実解?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月27日 10:14

  5. 5

    60歳4人に1人が貯金ゼロ 原因は晩婚化による“支出三重苦”

    女性自身

    07月26日 13:23

  6. 6

    ソフトバンクG株が連日の新安値、8カ月ぶりに7000円割れ

    ロイター

    07月27日 11:16

  7. 7

    プロフェッショナルなサービス、人はそれを必要とするか?

    ヒロ

    07月27日 11:31

  8. 8

    ファイザー製ワクチン、接種から7カ月で抗体レベル減少 デルタ株への免疫力低下も

    ABEMA TIMES

    07月27日 15:33

  9. 9

    東京五輪「手のひら返し」が驚くほど早かった理由 - 新田日明 (スポーツライター)

    WEDGE Infinity

    07月26日 08:17

  10. 10

    作曲家がLGBT差別の杉田水脈氏を肯定…開会式のドラクエ起用に疑問続出

    女性自身

    07月26日 12:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。