記事

統一地方選挙に勝利:改革を前に進める

先週、統一地方選挙の前半戦が行われました。
私の地元横浜でも神奈川県知事選挙、神奈川県議会選挙、横浜市会議員選挙がありました。
西区では県会の加藤候補、市会の清水、上野候補、
南区では県会新人の新堀候補、市会の渋谷、遊佐候補、
港南区では県会の桐生候補、市会の田野井、瀬之間候補と、
自民党公認候補が温かいご支援によりそれぞれ素晴らしい成績で当選を果たしました。

特に私が横浜市会議員当時の西区では、市会議員定数2議席を自民党が独占することとなりました。
初出馬した選挙は大変厳しいもので、当時を思い出すと大変感慨深いものがあります。

神奈川県知事選挙でも、4年前に私が神奈川県連会長として擁立した黒岩候補が200万票を超える得票で2期目の当選を果たしました。
引き続き、神奈川県、横浜市と連携を密にして地域のために力を尽くす決意です。

自民党は全国的にも非常にいい結果を残しています。
10道府県知事選挙では、推薦した候補者が全て当選しています。
また、41の道府県議会議員選挙では、自民党は24年ぶりに総定数の過半数の議席を得ました。
それぞれの候補者の訴えが届いた結果ですが、全体としては、安倍政権の進めるアベノミクスの実績への評価、地方創生への期待の表れと言えるのではないでしょうか。

実際に、政権が発足して2年余りの間に、全ての都道府県で有効求人倍率が大幅に改善し、景気の回復により税収が伸びています。

先週には、経済対策や地方創生を盛り込んだ平成27年度予算が成立しました。
多くの国民の皆様に景気回復の温かい風を実感していただけるよう、謙虚に国民の声に耳を傾け、地方創生、経済対策、そして改革を進めてまいります。

あわせて読みたい

「統一地方選挙」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  3. 3

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  4. 4

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  7. 7

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  8. 8

    ワクチンの効果が着実に出ている中での一律の行動自粛要請は不適切

    岩屋毅

    08月02日 11:28

  9. 9

    家庭環境の差が自由研究にも…小学校の「夏休みの宿題」に存在価値はあるか

    ABEMA TIMES

    08月02日 09:58

  10. 10

    橋下徹氏 五輪をやると国民の行動制限が効かなくなることを想定していなかったのか

    橋下徹

    08月02日 16:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。