記事

自民党の放送への介入は許されない

このところ、メディアへの言動が危惧されている自民党が、今日、テレビ朝日とNHKの幹部を党本部で、事情聴取をしました。

自民党の情報通信戦略調査会(川崎二郎会長)で、テレビ朝日の「報道ステーション」で、コメンテーターが菅官房長官を名指しで取り上げたことを問題視して、党幹部は、放送倫理・番組向上機構(BPO)への申し立てを検討していると述べた、ということです。

これは、元経済産業省官僚の古賀さんが、「菅官房長官をはじめ、官邸のみなさんにはものすごいバッシングを受けてきた」などと発言した点を問題視しています。

NHKについては、クローズアップ現代で「やらせ」が指摘されている点です。

それぞれ問題ですが、放送については、第三者機関のBPOがあるので、そこにまかせるべきだと思います。

NHKもテレビ朝日も、番組などでおわびをし、NHKは調査委員会を設けて中韓報告を発表し、最終報告に向けて調査をしている最中です。

放送は、政府による免許事業です。

許認可の権限をもっている政権が、権限の使い方を誤ると、放送を委縮させ、放送への圧力になります。

放送法では、「放送の不偏不党、真実及び自律を保障する」ことで、放送の自由を確保し、「健全な民主主義の発展に資する」と1条の目的で定めています。

戦争に加担した苦い経験をもとに作られたものです。

「表現の自由」を妨げていると危惧されるような言動は、大きな力を持っている政権党の自民党としては、厳に慎むべきだと思います。

現在の強すぎる政権・与党では、これまでも、昨年秋に総理が出演したTBSの番組で、街頭インタビューの映像に偏っているとクレームをつけて問題になってたりしています。

また、選挙前に、自民党がNHKと在京テレビ5局に、選挙報道の「公平中立」を要請しています。

安倍総理は、衆院予算委員会でも、自分の発言を圧力と考え、委縮してしまう人たちは、極めて情けないという趣旨の発言をしています。

何でも思いのままにしたいようで、目をはなせません。

あわせて読みたい

「自民党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  2. 2

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  7. 7

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    日産だけでない自動車会社の問題

    ヒロ

  10. 10

    Rキャンベル コロナは時間の災害

    村上 隆則

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。