記事

【カイロ発】 ネットで蜂起、市民革命勝利

 11日午後6時、スレイマン副大統領がムバラク大統領のステップダウンを正式に発表すると、タハリール広場は大きな爆発音のような歓喜が沸き起こった。半信半疑だった昨夜と違って人々の喜びの声は力強かった。

 「市民が独裁体制を倒したぞ」「アラー・アクバル(神は偉大なり)」・・・。昨夜までのような「ムバラク出て行け」コールはない。

 スーツ姿の若い男性(20代)は、「生まれてこれまでムバラクレジームしか知らなかったんだ、信じられない」と顔をクシャクシャにしながら筆者を抱きしめた。

 青年たちが座り込んでいた戦車前にはたどり着くことができなかった。昨夜以上の人出だ。

 ネットで呼びかけ合った市民革命は蜂起から18日目に勝利をつかんだ。新聞・テレビと違い市民一人一人が情報発信するネットは、独裁政権といえども簡単にコントロールできない。

 政府批判を唱えれば簡単に逮捕されるムバラク独裁体制下で、青年たちが「打倒ムバラク」を国民に呼びかけることができたのもネットがあればこそだ。インターネットの普及がなければ「エジプト市民革命」はなかった。

 日本の記者クラブメディアのように国民を洗脳するシステムがなかったことも幸いした。

 米国が工作すれば大きなシッペ返し
 
 オバマ政権はスレイマン副大統領を軸に後継体制を構築しようとやっきだ。スレイマン氏がイスラエルともハマスとも話しができるからだ。  

 タハリール広場にはスレイマン氏を模した操り人形が一昨日あたりから登場し人々の嘲笑を浴びている。「ムバラク大統領の操り人形」に過ぎないという意味だ。スレイマン副大統領に寄せる国民の信頼は、米国の期待とウラハラに薄い。

 一方、武装闘争を否定し福祉活動にも力を入れる「ムスリム同胞団」は国民の信頼も厚い。だが米国にとっては最も嫌な存在だ。

 第1次世界大戦以来、中東は長らく欧米のご都合主義に翻弄されてきた。パレスチナの悲劇はその所産であり、「9・11テロ」は報復でもある。米国がエジプトの新体制作りに身勝手な工作をすれば、とてつもなく大きなシッペ返しを食らうことになろう。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  2. 2

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  3. 3

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  4. 4

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  5. 5

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  6. 6

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  7. 7

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  8. 8

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  9. 9

    立憲民主党・本多平直議員は「詰腹」を切らされたのか?近代政党のガバナンスにおける危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月28日 09:53

  10. 10

    森喜朗元首相の「名誉最高顧問」就任案 五輪組織委員会の異常な優遇に疑問

    マガジン9

    07月28日 14:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。