記事

IMFは世界経済見通しはまちまち、米国は引き下げ日欧は上方修正

IMF Sees Uneven Growth, Trims U.S. Outlook As Strong Dollar Drags On Exports.

国際通貨基金(IMF)は14日、最新の世界経済見通し(WEO)を公表しました。2015年の世界成長見通しは3.5%増と、前回2014年1月と変わらず。2016年は世界で金融緩和ラッシュが席巻するなか、従来の3.7%から3.8%へ小幅に引き上げています。

国・地域別でみると、ドル高・原油安に加え1−3月期の大寒波、西海岸の港湾労働者ストライキに見舞われた米国が2015年、2016年そろって下方修正されました。そのほか、ロシアも2015年、2016年合わせて引き下げられました。中国は金融緩和を打ち出しながら、見通しは変更せず。成長けん引役を投資から消費へバトンタッチする過渡期にあるため、景気減速懸念がくすぶると指摘しています。

反対にインド準備銀行(RBI)の利下げや原油安に加え、モディ政権の改革を背景にインドは2015年、2016年そろって約1%ポイントも上方修正されました。おかげで、1999年以来で初めて中国を抜く公算となります。欧州中央銀行(ECB)の量的緩和(QE)決定やユーロ安を追い風に、ユーロ圏も2年分の見通しを引き上げられていました。日本も同じく、今回は2015−16年ともに上方修正されています。

2014年10月こそ、IMFが株式市場で「泡の表面化」に言及し米国を中心に株式相場の下落を促したものの、1月に続き今回も相場に波風を立てませんでした。ただし、オリビエ・ブランシャール主席エコノミストは、リスク要因として「為替相場のボラティリティ上昇」のほか原油安、地政学的リスクを挙げています。また、産油国が多いエマージング国でのバランスシート悪化を懸念していました。以下は、各国・地域の成長見通しで()内の数字は前回1月あるいはその後の改定値となります。

2015年成長率見通し

世界経済→3.5%(3.5%)
先進国→2.4%(2.4%)
米国→3.1%(3.6%)
ユーロ圏→1.5%(1.2%)
独→1.6%(1.3%)
仏→1.2%(0.9%)
伊→0.5%(0.1%)
西→2.5%(2.0%)
日本→1.0%(0.6%)
英国→2.7%(2.7%)
カナダ→2.2%(2.3%)

新興国→4.3%(4.3%)
中国→6.8%(6.8%)
インド→7.5%(6.4%)
ASEAN5ヵ国→5.2%(5.2%)
ブラジル→マイナス1.0%(0.3%)
メキシコ→3.0%(3.2%)
ロシア→マイナス3.8%(マイナス3.0%)

2016年成長見通し

世界経済→3.8%(3.7%)
先進国→2.4%(2.4%)
米国→3.1%(3.3%)
ユーロ圏→1.6%(1.4%)
独→1.7%(1.5%)
仏→1.5%(1.3%)
伊→1.1%(0.8%)
西→2.0%(1.8%)
日本→1.2%(0.8%)
英国→2.3%(2.4%)
カナダ→2.0%(2.1%)

新興国→4.7%(4.7%)
中国→6.3%(6.3%)
インド→7.5%(6.5%)
ASEAN5ヵ国→5.3%(5.3%)
ブラジル→1.0%(1.5%)
メキシコ→3.3%(3.5%)
ロシア→マイナス1.1%(マイナス1.0%)

2014年成長率

世界経済→3.4%(3.3%)
先進国→1.8%(1.8%)
米国→2.4%(2.2%)
ユーロ圏→0.9%(0.8%)
独→1.6%(1.5%)
仏→0.4%(0.4%)
伊→マイナス0.4%(マイナス0.4%)
西→1.4%(1.4%)
日本→マイナス0.1%(0.1%)
英国→2.6%(2.6%)
カナダ→2.5%(2.4%)

新興国→4.6%(4.4%)
中国→7.4%(7.4%)
インド→7.2%(5.8%)
ASEAN5ヵ国→4.6%(4.5%)
ブラジル→0.1%(0.1%)
メキシコ→2.1%(2.1%)
ロシア→0.6%(0.6%)

あわせて読みたい

「世界経済」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日米共同声明に「台湾」が明記。日本は安全保障・環境問題で「メインプレイヤー」になる時だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月19日 08:14

  2. 2

    「俺はそういう人間だ」オンライン生活についていけないミドル男性は罪なのか

    土屋礼央

    04月19日 09:24

  3. 3

    あの騒動から7年…佐村河内守氏、YouTubeで新曲公開「大変ありがたい」

    マイナビニュース

    04月19日 12:39

  4. 4

    ワクチン接種は景気を大きく左右する 接種が遅れる日本は消費回復も鈍いだろう

    野田佳彦

    04月19日 16:19

  5. 5

    ワクチンに関する政府の発信の不安定さ

    大串博志

    04月19日 08:29

  6. 6

    外出自粛の要請に従わない世の中 同調圧力で機能してきた日本のコロナ対策は限界

    緒方 林太郎

    04月19日 11:32

  7. 7

    「仲介手数料ゼロ」に気をつけて!賃貸契約で損しないための交渉術

    中川寛子

    04月19日 09:08

  8. 8

    早稲田政経の入試で数学必須が話題に… “数学不要論”に天才数学者の答えは

    ABEMA TIMES

    04月19日 17:41

  9. 9

    バイデン政権「移民危機」に復権のチャンスを窺うトランプ派 - 村山祐介

    新潮社フォーサイト

    04月19日 17:35

  10. 10

    まん延防止で休業している飲食店経営者は、今どこで何をしているのか?

    内藤忍

    04月19日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。