記事

「最後に質問はありますか?」に「特にありません」は厳禁ですぞ!

面接を終える前に、いつも就活生に「質問はありませんか?」と尋ねるようにしています。このとき、がっくりする対応をされることが年々増えています。その一つが、

「特にありません」

この答えです。これだけで合否を決めたことはありませんが、こう答えた人で合格にしたことは未だかつて一度もありません。なぜこのような結果になるのでしょうか。(文:河合浩司)

「うちの会社に興味ないんだねぇ」と思ってしまう

私は就活生にこの質問を尋ねるとき、「仕事への本気度・熱意」を感じ取りたいと考えています。彼らが発する質問の内容によって、伝わってくるものがあるからです。

仕事への強い興味関心や熱意があれば、採用サイトや会社案内には載っていないことも気になってくることと思います。加えて、業界や仕事に関連する本を読んで学びを深めていれば、もっと知りたいことが増えてくることでしょう。

「学生さんだから、知らないことが多いのは当然のこと。知らないことや分からないことがいろいろあるだろうから、何でも聞いてもらえたらいいな」

そう思って、質問を振ります。しかし、ここで「特にありません」と言われてしまうと、「あぁ、うちの会社に興味ないんだねぇ」と思ってしまいます。

興味がない人を無理やり業務に従事させても、お互いに不幸になるだけ。熱意だけで採用することはないのですが、熱意が感じられないことは不採用の判断につながりやすいのです。

「質問すれば何でもいい」わけではない

ただし、仕事への本気度合いや熱意、興味関心などは、面接中にも感じています。最後の質問だけで合否を決めているわけではありません。面接中に不合格がほぼ決まっていた上で、最後の最後で「あぁ、やっぱりか」とダメ押しの確認になっている程度です。

「特にありません」が厳禁だからといって、「質問すれば何でもいい」というわけではありません。「社員数は何人ですか?」といった、別の手段でもすぐに調べられる内容をわざわざ尋ねるのは逆効果です。「ああ、調べる気もないんだね」と思われるだけでしょう。

「社風はいいですか?」

といった漠然とした質問にも答えにくいです。仮に誰もが認めるブラック企業の採用担当者に聞いたとしても、「社風はいいですよ」と答えることでしょう。つまり、あまり意味のない質問なのです。

ときどき、「今日の僕は何点だったでしょうか?」と聞いてくる人もいますが、率直にいって失礼千万です。学校の授業じゃないんですから…。

質問が思いつかない会社は受けてもしようがない

会社のことや仕事のことに興味関心を持って、本気で調べてみてください。やりたいことが少しでも関連しているのであれば、知れば知るほど関心も強くなるはずです。

その中で出てくる「わからないこと」を質問してもらえたらと思います。もし調べても全く興味を持てないのであれば、その会社には就職しない方がいいでしょう。全く興味がないことをさせ続けられるのは、あまりに辛いでしょうから…。

関連記事

あわせて読みたい

「就職活動」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    謙虚なラグビー界 にわかを歓迎

    WEDGE Infinity

  2. 2

    防衛省に戦闘機調達の能力はない

    清谷信一

  3. 3

    岡本夏生 わいせつで芸人を提訴

    NEWSポストセブン

  4. 4

    ラグビー「にわかファン」が反響

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    女性キャラの献血PR 批判に雑さ

    紙屋高雪

  6. 6

    ラグビー敗退 熱はまた4年続くか

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    田中康夫氏 脱ダム批判受け反論

    田中康夫

  8. 8

    文政権 総選挙で「死に体化」か

    文春オンライン

  9. 9

    西田敏行 降板に止まぬ惜別の声

    女性自身

  10. 10

    アマゾン火災 責任の一端は日本

    ビデオニュース・ドットコム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。