記事

もはや核議論はタブーではない?

産経新聞社が実施した「政治と安全保障政策に関する世論調査」で国民の安全保障と核に対する意識について興味深い結果が示されています。

政府や国会が核問題の議論を行うことに「賛成」する人が86・7%(「賛成しない」は8・5%)、北東アジアの核兵器の現状に不安を感じる人は84・1%に上っています。

また北朝鮮が開発を進めている核搭載可能なミサイルについては9割超が「脅威」と回答し、日米安保体制については「堅持すべきだ」と思う人が77・3%を占め、「思わない」は11・4%に留まっています。

特筆すべきは日本の望ましい安保体制については「核を保有した自主防衛」を支持する意見が10・2%あったことです。

こうした結果は北朝鮮の核開発や核保有国である中国、ロシアの外交圧力などに対して国民がより現実的な思考を持ちはじめていることを表していると考えられます。

長くタブー視されてきた核に対する議論を容認する傾向が出てきたことは歓迎すべきことです。なぜならこうした議論そのものが周辺国への核抑止力となるからです。

我が国を取り巻く安全保障の現実を考えれば米国による拡大抑止がもっとも現実的な選択です。そのためには「集団的自衛権」の容認と、「非核三原則」の見直しが急務です。

トピックス

ランキング

  1. 1

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  2. 2

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  3. 3

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  6. 6

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  7. 7

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  8. 8

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

  9. 9

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  10. 10

    感染爆発の米NY 市長が問題発言

    Rolling Stone Japan

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。