記事

甲乙の争いではなく、明らかに丙丁の争いと見える時にどうやって投票率を上げるか

棄権はすべきではないと思っているが、どうにも選択のしようがない時がある。
理由は様々だが、あらゆるしがらみから解放されて、それぞれの候補者の平素の言動や将来性、応援する団体や支持者の顔ぶれなどを思い浮かべると、なかなかこれだ、ということにならない。

いわゆる甲乙付け難い、というのであれば、鉛筆を転がせばいいのだが、ここが嫌だな、あそこがダメだな、ということになると、いわゆる丙と丁との間での選択だということになってしまう。
よりマイナスの少ない方を選ぶか、ということになるが、よりマイナスの少ない方の選択を迫られる有権者はある意味で気の毒である。

間違っていてもいいから、よりプラスと思われる方を有権者は選びたいはずである。

いよいよ来年の参議院選挙から18歳選挙権が実現する。
初めて投票場に足を運ぶ人たちには、是非ともよりプラスの多い方の選択をしてもらいたいものである。

よりマイナスの少ない方の選択、などという難しいことは相当目利きの人でなければ出来ない。
十分の情報がある人は、よりマイナスの少ない方の選択が出来るだろうが、殆ど情報のない人にとってはすべての候補者が霞か靄の中に漂っているように見え、結局はよく見えない、よく分からない、と言って投票するのを止めてしまうだろう。

これはいい、という粒ぞろいの候補者を揃えて欲しい。
現実にはなかなか難しいのだが、しかし、こういう状態を放置しておくと、どんどん投票率は下がってしまう。

今回の統一地方選挙では、無投票の選挙区も多いようである。
有権者の選挙権行使の折角の機会を奪ってしまうのだから、決していいことではない。
有権者の意思表示の機会ぐらいは何とか確保しておきたいものだと思う。

そんなこんなとりとめのないことをとりとめなく考えていたら、複数投票制に気が付いた。
プラスの1票とマイナスの1票。
一人2票制度にすれば、これまで投票場に足を運ぶのを躊躇していた人も投票したくなるのではないか。

もっとも、丙と丁の戦いではマイナスの票が多くなるだろうから、プラスの票は1票とカウントするがマイナスの票は0.01票ぐらいにしないといけなくなるかも知れないが。

実現性はない話だが、頭の体操ぐらいにはなるはずだ。

まあ、夢のない話だ。
我ながら、面白くない。

あわせて読みたい

「統一地方選挙」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  2. 2

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  3. 3

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  4. 4

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

  5. 5

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  6. 6

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

  7. 7

    世襲だらけの非自由非民主党の総裁選は選挙の顔で選ぶのか

    篠原孝

    09月27日 18:40

  8. 8

    TPPの厳しいハードルを迅速にクリア出来るのは中国か?台湾か?

    船田元

    09月27日 14:56

  9. 9

    緊急事態宣言とまん延防止措置、30日で全面解除の方針固める 政府

    ABEMA TIMES

    09月27日 20:09

  10. 10

    【読書感想】スポーツとしての相撲論 力士の体重はなぜ30キロ増えたのか

    fujipon

    09月27日 11:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。