記事

ルールだらけの日本の働き方は創造性を遠ざけ、楽しさを破壊している

画像を見る

既存のルールを疑い、常識を破り続けてきたZoho CEOのシュリダー・ベンブCEOに、サイボウズ社長の青野慶久が話を聞く。Salesforceの買収提案や教育に関するルールの打ち破り方を聞いた前編「私が博士号を取っていなければ、会社は今の10倍になっていたでしょうね」に続き、今回は創造性を奪う日本の働き方について。

ルール、ルール、ルール。縛られていて本当にいいの?

画像を見る シュリダーの「常識の疑い方」の続きですね。


画像を見る 日本でいつも大変なのはね、シュリダー「さん」って呼ばないでくれって言って回ることなんですよ。シュリダーでいいです。そういえば、青野さんもやっと「さん」無しで呼んでくれましたね。

画像を見る ええ、でもまだなじんでいないかも(笑)


画像を見る 日本語ではそれがルールだとおっしゃるのでしょうけれど。


画像を見る サイボウズも既存ルールを壊してきたんですよ。時間と場所にとらわれず自由に働けるなど、革新的なワークスタイルで有名です。(ゾーホージャパン 松本暁義さん)

画像を見る ウルトラワークですね。あとは育自分休暇などもあります。


画像を見る それはとてもいいですよね。日本でも普及すべきですよ。日本に来た時、確かに素晴らしい才能や美点も多いけれど、あまりにルール、ルール、ルールばかりで滅入りましたよ。

その点でもZohoとサイボウズは協力しあえるのでしょうね。「ルールを破れ」って、日本でも大々的に打ち出せますよ。2社で協力して、新しいワークスタイルのカンファレンスなんかもできるかもしれない。日本に広めたいですよ。

画像を見る ルールが多すぎるせいで、みんな創造性どころじゃないと。

日本の働き方は、楽しさや精神を破壊している

画像を見る 私に言わせれば、今の日本の働き方は、創造性から遠ざかるどころか、働く楽しさそのものや精神を破壊していますよ。最初はゾーホージャパン(Zohoの日本支社)でも非常に伝統的な日本企業のカルチャーで、ルールだらけだったんです。

わたしはどちらかというと放任主義で、細かいことを管理しない。従業員のところへやって来て「こうしろ、ああしろ」とは言わないんです。ですから日本部署はとても基本的なことだけで経営し、独立していて、カルチャーもまったく異なるものでした。

画像を見る そうだったのですか。


画像を見る ええ、忘れられないのは2007年か2008年にたった1、2回訪れたときかなぁ。4−5年の間、私が新部署設立と社内の新商品開発で大忙しでした。日本支社は基本的に「任せる」というスタンスだったのですが、日本にきたらルールがたくさん作られていたんです。 だって、朝9時に始業ベルが鳴るから、それまでに出社しなきゃいけないんですよ。

たとえ2分の遅刻でも、それは遅刻。そうしたくなければ、半休を取って埋め合わせているなんてこともありました。たった2分の遅刻のために半休を取らなければならない、そんな感じのルールばっかりで。

画像を見る 日本企業特有のルールがあったと。


画像を見る 夜10時にオフィスに来てみるとね、みんなまだ仕事しているんですよ。朝9時から夜10時、11時、真夜中、うーん、これって全然いいことではないなと思って。私は日本も日本人も好きなだけに、とても悲しかったんです。

多くのアジア諸国は日本をお手本にしているわけでしょう。日本はアジアナンバーワンの先進国ではないですか。だからみんな日本を尊敬しているのに、ここにきて私が見るのは働きすぎの人々。そんなの人生のあるべき姿じゃない。バランスをつけないとね。

画像を見る
シュリダー・ベンブCEO。南インド・チェンナイ生まれ。インディアン・インスティテュート・オブ・テクノロジー・マドラス(IITマドラス校)に在籍後、米国にてプリンストン大学を卒業。1996年、ZOHO Corporation(旧AdventNet Inc.)を共同で設立し、現CEOを担う。大手機器ベンダーや通信キャリア向けのネットワーク管理ソフトウェアから中小企業向けのクラウドサービスまで幅広い事業展開に貢献。日本のものづくりを敬愛し、特にホンダの文化に傾倒

画像を見る ルールなんて簡単に破ってしまえばいいじゃないですか。


画像を見る ですね。だから私は「変えなきゃだめだ」って言い始めたんです。でも中には「シュリダー、ここは日本ですよ、日本のやり方があるんです」なんてフィードバックもあったりしてね。「あなたはガイジンだから、日本のことは分からないんですよ」なんてね。

画像を見る 当初は反発があったのですね。


画像を見る そうなんです。だから従業員に言ったんですよ、「私は全然楽しくない」と。オフィスに言っても、楽しみなんか何もないんですよ。ルールばかりでつらいだけ。だから取っ払いました。変革するために、ちょっとした“バトル”をしました。徐々にですが変わったと思います。100%のうち30%くらいかな。まだまだ変わらなきゃ。

画像を見る 今はタイムカードも押さず、書類もない?


画像を見る インド本社のZohoには1つもありません。休暇だってほとんど記録追跡しないし。みんなそれぞれ適切な時に休めばいいんです。

それはインドでも米国でも同じです。厳密にトラッキングしない。もうちょっと休みたいなというひとがいれば、休みをとればいい。いつもフレキシブル。アメリカではそういうスタイルが広がっていますね。スタートアップに行ってごらんなさい、休暇の日数なんか数えませんよ。日本でもね、もっと常識を使えと。

画像を見る 常識を使う?


画像を見る 私はルールなんてつくらないんですよ、常識を使うんです。「何が正しくて何が間違いか教えたいのね」ってみんな言うけど、違うんです、自分の常識を使って自分で考えろと。何でもかんでも教えてあげるわけにはいかないんですから。

「子どもに会わなきゃいけないので、仕事をしません」、そんなあなたを日本は必要としている

画像を見る Zohoでも独身者はいっぱいいる、だから結婚して子どもを持ちなさいと奨励してきました。日本支社では同僚と結婚した男性社員がいます。彼は日本の成長に貢献したんです。

画像を見る サイボウズは社内カップルも多いんですよ。それで有名なんです。


画像を見る 子どもを持つとね、自信がつくんですよ。もっと崇高になるというか、ね。子どもを持つと、幸せになるでしょう。だからそういうひとをみんな出世させるんですよ。

画像を見る サイボウズと考え方がそっくりですね。社員の男女比率は?


画像を見る 女性比率は25〜30%です。インドの方がエンジニア業界での女性は多い。もちろん彼女たちもソフトウェアを作りますよ。あちこちに社会的な問題はありますが、インドの女性エンジニアは多いんです。もちろん彼女たちは母親になりますが、辞めるひとも、子どもと過ごしたいとパートタイムを選ぶ人もいる。

そういうものですから、無理はさせません。でも社内にはたくさん働く母親たちがいますよ。我々のインドのオフィスでは保育所もオプションとしてありますから。

インドでは、典型的な育休は6か月です。Zohoでも育休制度はありますし、その他のオプションとして社内に保育施設をつくったんです。子どもを職場に連れてきて、そして仕事をしなきゃいけませんからね。いろいろなことを簡単にしたい。

画像を見る 6か月ですか。


画像を見る ええ、そして復帰します。青野さんも子どものために育休を取られたんですよね。


画像を見る このほど第三子が生まれまして、子どもに会えました。


画像を見る 本当に? よかったですね。 .


画像を見る そうです、今年は子どもに会わなきゃいけないので、仕事はしません!


画像を見る 本当に日本の役に立っていますねぇ。日本はあなたを必要としていますよ。

※ZOHO シュリダー・ベンブCEO×サイボウズ社長 青野慶久のトップ対談、後編は後日、公開予定です。

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    生活保護のしおりに誤解招く表現

    藤田孝典

  2. 2

    日本人が言わない「遺伝の影響」

    橘玲

  3. 3

    親日の美人議員 文大統領を批判

    高英起

  4. 4

    照射問題に沈黙の立民理解できぬ

    城内実

  5. 5

    韓国も低空飛行実施 呆れた批判

    tenten99

  6. 6

    全裸レストランが失敗する理由

    東龍

  7. 7

    元人気女子アナが韓国政府を批判

    高英起

  8. 8

    韓国が隠したい北朝鮮の密漁援助

    SmartFLASH

  9. 9

    女性皇族認めない承継儀式に疑問

    小宮山洋子

  10. 10

    サマソニでトリ B'z批判は的外れ

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。