記事

号泣県議の郷から、地方議会選挙中に選挙を考える

一昨日から統一地方選の県議選がスタートしています。私も、民主党の総支部長として、当該支部の公認および推薦候補の支援に加わって活動しています(公認の奥野尚美さん、推薦の栗山雅史さん)。もちろん一生懸命やってはいますが、自分自身の選挙ではないため、少しは客観的に見られるものです。傍から候補者本人の演説やふるまいを見ながら、有権者の反応を観察しつつ、選挙とは何か、民主主義とは何か、つらつらと考えてみました。

有権者は、何をベースに投票行動をするのでしょう。私なりに、いくつかの類型を考えてみました。

一つ目が、「属人型」。候補者との個人的なつながりで投票を決めるもので、政策はあまり参考にしないで投票行動に結びつきます。学校の同級生であるとか、昔の仕事仲間であるなどがこのカテゴリーです。

二つ目が、「組織型」。医師会など業界団体や労働組合の支援候補だと言うことで投票行動につながります。それぞれの仕事に直結する組織型だけでなく、宗教などの組織もこのカテゴリーとなります。

三つ目が、「地域型」。同じ地域であると言うことから、地域代弁者的なものを求めて投票行動につながります。都市部ではあまりありませんが、地方では自治会や町内会が推薦することもあります。

四つ目が、「所属政党支援型」。支持する政党の公認ないし推薦候補であると言うことで、投票行動につながります。このカテゴリーの場合、候補者自身はよくても、所属政党によって支持が離れてしまうと言う、ネガティブな要素となる可能性も含んでいます。

五つ目が、「政策型」。子育てや高齢者福祉や、特定のハコものの是非などのシングルイシューで切り込めると、こうしたパターンで投票行動につなげることが出来ます。

六つ目が、「感情移入型」。これは、駅に遅くまで立っているとか、熱心に一人で頑張っているとか、情に訴えると共に一生懸命さに惹かれて投票行動に結びつくケースです。

七つ目が、「タレント型」。ルックスがいいとか、面白そうで親しみやすいとか、政治に直接関係なくとも、人の心を惹きつける要素が投票行動に作用するケースです。「感情移入型」と似ているところがありますが、「タレント型」は、より先天的と言うか、作られたイメージが投票行動に影響すると言えると思います。

その他もあるかもしれませんが、だいたいこのどれかに当てはまるか、複数の要因によって投票行動が決められます。もちろん、投票先に選ばれる大前提として、名前が知られていなくてはなりません(候補者がこればっかりに力を入れてしまうのが悪い風潮ですが、知られないとそもそも選択肢に入りません)。それから、有権者の側の投票所に足を運ぶモチベーションが投票所へ足を運ぶ面倒さを上回らないと、棄権に結びついてしまいます。今回、ららぽーと甲子園などで期日前投票ができるなど、新たな取り組みがされてはいますが、そもそも論として、有権者が投票したいと思わなければ、どうにもなりません。

県議選に関しては、残りはわずか数日、いまからできることは限られていますが、それぞれの候補が持っている客観的な〝武器″が最大限に発揮できるために、私たちが出来ることはまだまだあります。そのためのサポートを、私も続けていく所存です。

さてさて、ご存知の通り、私が暮らし、私が政治活動をする西宮市は、あの号泣県議の郷です。4年前にどうして彼が通ってしまったか、今回の選挙は、どうしてもそれを考えてしまうわけです。私も含め、候補者とその応援弁士は、「あのような議員を選ばないように、今度は投票率もしっかりあげて(前回は38%)、きちんとした選択をしましょう!」と言ってはいますが、街の空気を感じる限りは、投票率はさらに下がりそうで、大変に危機感を覚えます。今からでも、投票率が少なくとも前回を上回り、有権者の皆さんが私の訴えを通じて、私の支援候補を当選させてもらうように、明日からも頑張りたいと思います。

あわせて読みたい

「統一地方選挙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏 慰安婦像は不可侵か

    小林よしのり

  2. 2

    橋下氏 百田氏の方が反日本人的

    橋下徹

  3. 3

    ガンダムOVAは原作準拠の劇中劇

    上伊由毘男

  4. 4

    謝罪なく逃走の津田大介氏に呆れ

    やまもといちろう

  5. 5

    冷房つけぬ実家 帰省拒否に共感

    キャリコネニュース

  6. 6

    陛下と対照的な安倍首相の式辞

    小宮山洋子

  7. 7

    文在寅氏にゴマする愚かな韓国紙

    団藤保晴

  8. 8

    慰安婦問題が脅かす欧米の正統性

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    N国立花氏の戦略は「つたない」

    早川忠孝

  10. 10

    安倍首相の飛翔体巡る対応に苦言

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。