記事

STAP細胞問題から問い直す 科学と社会の関係のあり方とは 『生命科学の欲望と倫理』 - 東嶋和子 (科学ジャーナリスト・筑波大学非常勤講師)

理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(理研CDB)の解体、小保方晴子氏の退職、そして野依良治理事長の退任。これでSTAP細胞をめぐる一連の騒動に、幕がおろされた。

 しかし、この間に本質的な問題がしっかり議論されたのかといえば、首を傾げざるを得ない。トカゲのシッポ切りと、看板の架け替えが、またも繰り返されただけのように思われるのだ。

 議論されるべき問題はいくつもあるが、私自身は当初から、理研の広報とマスメディアの報道に疑問を投げかけてきた。

 理研の発表を鵜呑みにし、「リケジョ(理系女子)の星」などと面白おかしく祭り上げた新聞。再生医療への応用やノーベル賞受賞が目前であるかのような解説をしたテレビ局。科学的根拠の乏しい無責任な報道に、耳を疑ったものだ。

リンク先を見る
『生命科学の欲望と倫理 科学と社会の関係を問い直す』
(橳島次郎、青土社)


 iPS細胞を樹立した山中伸弥教授がノーベル賞を受賞したことで、再生医療への応用、ひいては、日本経済の活性化につながるという期待感や思惑が異常なまでに盛り上がっていたのは、事実だ。その熱狂を燃料にして、炎がたちまち燃え広がったともいえる。 

 しかし、本書でも指摘されているように、山中教授の受賞からSTAP細胞論文の発表会見までの間には、「iPS細胞を用いた世界初の臨床試験」という誤報事件があった。

 この誤報に私は衝撃を受け、科学報道のあり方への警鐘ととらえた。著者も、「性急な成果を望む関係各界に対する警告だと受けとめるべきだった」と指摘する。

 にもかかわらず、小手先の検証で終えてしまったことが、次に続くSTAP細胞狂想曲を引き起こしたのではないか。一連のSTAP論文報道について、各メディアは今度こそ自省し、検証すべきである、と私は考える。

政治的批判や不正の非難・追求と 科学面の批判は別の問題


 本書では、長年、生命倫理の研究と政策論議に携わってきた著者が、STAP細胞騒動をはじめとする現代科学と社会の諸問題を、より深く、広い視野から論じている。

 「この問題は、もっと根本的な、科学と社会の関係のあり方について考えるきっかけにすべきだ」。そう著者は提起し、それぞれの立場で何が問題だったのか、どうすればよりよい科学研究者に、あるいは「科学のパトロン」になれるのかを思索する。

 たとえば、政治家や役所が「経済成長の国策に沿った成果を研究者に求めるのは、非常に不適切」であるし、研究者が「自らの思惑であえて乗っかっていたのであれば、それがいちばんの反省点だろう」という。

 社会の側も、「科学としての筋を通そうとする努力が行われているかどうかという観点から、関係者の行く末を見守るべきだ」としている。

<この問題では、理研の対応と組織運営上の姿勢が非難され続けていて、その通りの面もある。しかし、優遇された理研の既得権の上にあぐらをかいた閉鎖的な研究者、管理者と官僚、政治家の癒着構造を叩くのと、科学としてのSTAP研究を批判することは、別の問題である。さらにいえば、撤回された論文の素材やデータの不正の実態を追求することと、「刺激惹起性多能性獲得」という仮説の科学的評価とは、これまた別の問題である。だが実際には、そうした政治的批判や不正の非難・追求と、科学面の批判が、渾然一体となって一つの流れをつくっていた。>

 そのことに危惧を覚える、という著者に、私もまったく同感である。

 科学コミュニティには、科学の本来の姿である科学研究者によるオープンな議論、いいかえれば、自浄作用を、論文の作成過程においても、騒動の渦中においても発揮してほしかった。一方で、報道には、魔女狩りではなく、研究現場の真摯な努力を支持する態度が必要だった。

 著者も、次のように指摘する。

<学会が主催して学術集会を開き、STAP仮説の当否と検証実験の科学的必要性・妥当性について、渦中の当事者も分け隔てなく参加できる雰囲気の下で、徹底的に討議できる場を設けてもらいたかった。それでこそこの「世紀の研究不正」事件を、「科学史に残る意味のある」騒動にできたのではないだろうか。>

科学研究の「第三の道すじ」


 科学研究者とは、人間独特の「科学する欲望」の充足を社会から付託された存在だと、著者は定義する。

 社会からの付託に応えるために科学者が守らなければならない規範(研究倫理)の要諦は、「科学的に必要で妥当なことしかしないし、させない」ことである。その要諦が守られているかどうか、個々の研究計画について徹底的に相互批判する自由が保障されていることが、科学する欲望の充足を研究者が業として行うことを社会から認められるための、最も基本的な根拠である、と著者は説く。

 「実利」と「倫理」、いずれかの側面でしか語られてこなかった科学研究は、本来のありようから大きく逸脱してしまった。そんななか、「科学する欲望」を付託された者と、付託した者との関係性から科学を捉えようとする著者の「第三の道筋」は、明るいものに感じられる。

科学の必要性と妥当性に立ち返る


 欲望の充足を適正な範囲でコントロールする原理をどう見いだすか。

 その原理に基づき、個々の先端医療の管理にどのような姿勢で臨むか。

 これら二つの課題に、「いままでのところ世界で最も体系的な立法で対応しようとしてきた」フランスの生命倫理法が紹介されている。「人体の人権」という思想に基づく生命倫理の理念は、非常に興味深い。

 場当たり的につくられてきた、あるいは、著者の言葉を借りれば「パッチワーク状態」のわが国の倫理のあり方を省み、今後、「生命倫理基本法」を議論するうえでの参考にしたい。

<時々に世間を騒がせる喫緊の問題に、そのつど一つずつ対応していかなければならないのはもちろんだ。だがそこから一歩引いて、長い眼で見て考えることも同じくらい大事だろう。>

 あとがきに、そう著者が書いたように、いま一度、科学の必要性と妥当性に立ち返り、科学を根底から立て直すための道筋を見つけ出すことが、求められている。

関連記事

あわせて読みたい

「STAP細胞」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  2. 2

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  3. 3

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  4. 4

    五輪もパラリンピックも中止にするべきではない。強いメッセージは経済対策・法改正で出すのが筋

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月02日 08:25

  5. 5

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

  6. 6

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  7. 7

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  8. 8

    行政から「入院できません」札幌市の医療崩壊受け医療従事者ら新宿でデモ

    田中龍作

    08月02日 09:00

  9. 9

    ベラルーシ女子陸上選手、帰国拒否 羽田空港へ連れられ

    BBCニュース

    08月02日 08:36

  10. 10

    日産の小さな高級車「ノート オーラ」に中高年の支持が集まる理由

    NEWSポストセブン

    08月02日 10:43

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。