記事

「国連防災会議の問題点」―障がい者は対象にあらず―


第3回国連防災世界会議は、安倍首相出席のもと、世界の政治指導者も参加して仙台市で華々しく開催されたことは報道された通りである。

過去の国連防災会議での最大の問題は、驚くべきことに、障がい者がその対象になっていないことである。残念ながら、今までこれを問題として取り上げた報道もされてこなかった。

障がい者を国連の防災、そして上位概念である持続可能な開発の枠内に市民社会の主要なグループの一つとして入れるには国連決議が必要で、日本政府の今後の努力が期待されている。決議が採択されなければ、今回仙台で採択され初めて適切に障がい者について言及した「仙台防災枠組」の意義すら失いかねない大きな問題が残っていたのである。

日本財団の活動の重点項目の一つは障がい者支援ある。その専門家でもある石井靖乃は、国連防災の枠外であった障がい者を対象に入れるべく懸命の努力をしてきた。

今回、彼の努力でワーキングセッションが開催され、発言の機会を得た。また、国連国際防災戦略事務局(UNISDR)ワルストロム特別代表は閉会式で「障害者グループ、日本財団、日本政府などのサポートにより、この会議は最もアクセシブルな国連会議となった。アクセシビリティの新しい基準が設けられといっても過言ではない。」と述べた。我々は民間の立場から国連防災、そして持続可能な開発に障がい者を入れるべく、粘り強い活動を展開していきたい。

*********************


第3回国連防災世界会議ワーキングセッション
「全ての人のための包括的防災における障がい者の積極的参加」


2015年3月17日
於:仙台国際センター


リンク先を見る
ワーキングセッション会場


今日、障がい者は、世界人口の15%にあたる10億人いるといわれています。このように社会で大きな割合を占めるこのグループが、災害や緊急時において、障がいのない人と比べると被害を受けやすいという状況にあることは誠に遺憾なことです。このような事態は、適切な災害対応や復興支援を可能にするインフラ整備や政策に障がい者がアクセスできないことが原因で引き起こされています。

その影響は、東日本大震災の事例からも明らかです。NHKの調査によると、東日本大震災における障がい者の死亡率は、全体の率に対して2倍~4倍であったといわれています。

私が東日本大震災の支援活動を通じてお会いした障がい者の方は、緊急避難から復興への過程で、ご自身が直面された課題を共有してくださいました。大きな課題は情報へのアクセスについてでした。例えば、緊急避難の際、サイレンやラジオといった音声のみの警報は聴覚障がい者には届きませんでした。そのため、情報を得た上での意思決定や必要なサービスへのアクセスをすることが困難な状況でした。また、公共施設における課題として、多くの避難所では、車いす利用者が生活する上での配慮がありませんでした。

これらの事例は、コミュニティの災害リスク軽減に関わる計画や実施のプロセスに、これまでの間、いかに障がい者の参加ができておらず、彼らがレジリエントな(強靭で回復力のある)コミュニティの復興に貢献できる機会を奪われてきたかを物語っています。

言い換えれば、これまでの間、障がい者はコミュニティにおける重要な一員であるという認識がなされていなかったということでしょう。

このような教訓を最大限に生かし、同じことを繰り返さないために、日本財団は被災地のコミュニティの方々とともに活動を行ってきました。私たちは、被災地のコミュニティが、被災前の状態に戻るだけでなく、障がい者を含めた多くの関係者とともに、さらにレジリエントな(強靭で回復力のある)コミュニティを構築できるよう支援しております。
また、私たちは、世界中の様々な地域において、障がい者を含むインクルーシブな防災の取り組みを促進させるため、国連機関とも活動を行ってきました。

2012年、東京において、国連経済社会局と共催した国連専門家会議では、NGO、大学、企業、テレビネットワークを代表する専門家が一堂に会し、情報アクセシビリティの意識啓発、災害対応および災害管理における障がい者の参加に関する提言を作成しました。そして、2014年4月、日本財団は、国連アジア太平洋経済社会委員会と障がい者を含むインクルーシブな防災に関するアジア太平洋会議を共催し、障がい者を含むインクルーシブな防災という視点を「ポスト兵庫行動枠組2015」に含めるための提言書を提出しました。

今回、この国連防災世界会議で初めて、障がい者を含むインクルーシブな防災のために、障がい者の積極的な参加について議論するセッションが設けられました。同時に、今回初めて、多くのセッションにおいて、物理的なアクセシビリティや情報アクセシビリティが保障されています。

本会議にすべての人々がアクセス可能となるよう、日本政府、仙台市、国連国際防災戦略事務局の皆さまとともに取り組めましたことを大変嬉しく思います。

私は、障がい者を含むインクルーシブな「ポスト兵庫行動枠組2015」が採択されることは、防災に関わるすべてのプロセスに障がい者の参加を促し、災害発生時の人的被害に減少のみならず、復興への取り組みにも参加する道を開くと期待しています。

また、次の10年におけるポスト2015開発目標も、今年の9月に開催される持続可能な開発のための特別サミットの場で国連加盟国により採択される予定です。今回の取り組みが、防災の分野だけでなく、持続可能な開発目標を含む枠組みにおいても、障がい者を含むインクルーシブな社会への動きを加速させるマイルストーンになると確信しております。

あわせて読みたい

「障害・難病問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  2. 2

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  3. 3

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  4. 4

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  5. 5

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  6. 6

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  7. 7

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  8. 8

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  9. 9

    立憲民主党・本多平直議員は「詰腹」を切らされたのか?近代政党のガバナンスにおける危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月28日 09:53

  10. 10

    森喜朗元首相の「名誉最高顧問」就任案 五輪組織委員会の異常な優遇に疑問

    マガジン9

    07月28日 14:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。