記事

文科省提言「G大学・L大学」は、若者をつぶす - 大前研一

1/2

大学とは、「稼ぐ力」を身につける場所

文部科学省の「第1回実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関の制度化に関する有識者会議」(2014年10月7日)でなされた提言が議論を呼んでいるという。

大学を「グローバルで通用する高度なプロフェッショナル人材」を輩出するG型(グローバル)と、「ローカルな労働集約型の産業で生産性向上に資するスキル保持者」を輩出するL型(ローカル)に分別して再編すべし。ごく一部のトップ校、学部以外はL型大学と位置づけて、職業訓練機能を強化せよ――。

これが提言の骨子。今の大学教育から生み出される人材と現実の経済社会が求める人材のミスマッチはよく指摘されていることだし、私もそれは強く感じる。

義務教育の目的が憲法で言うところの「最低レベルの生活ができる能力の付与」だとすれば、なぜ高校まで義務教育にしないのか、そもそも高校はどんな位置づけにあるのか不明である。大学教育の目的は「より高度な生活をするための準備をする」ということになるだろう。つまり、大学とはよりレベルの高い生活をするための知識や技能、ひっくるめれば「稼ぐ力」を身につけるための場所なのだ。

世界のどこにいっても稼げる3種の神器は「英語」「ファイナンス」「IT(ITスキルを含んだ問題解決力)」、というのが私の持論だ。この3つは21世紀を生き抜くための、いわば世界共通言語であり基礎体力である。(高校まで伸ばした)義務教育の段階からこれらを必須項目として教え込んでいくべきで、さらに高いレベルで3種の神器+α(専門分野)を磨くための教育プログラムを供するのが大学の最低限の役割だと私は思っているし、私が学長を務めるBBT大学もそこに主眼を置いている。

戦後ずっとアカデミックな知識を身につける場所とされてきた大学は、「稼ぐ力を身につけるための高等職業訓練所」と割り切ったほうがいい。だから大学の職業訓練機能の強化という考え方は理解できる。しかし、G大学とL大学という区分には、教育者としてまったく賛同できない。

すべての人間の可能性を信じて、彼らが坂の上の雲に向かって歩んでいく勇気を持たせるのが教育者の正しいあり方だと私は思っている。偏差値のように人間を格付けしたり、大学を格付けするのは教育者としてやるべきことではない。「君はG大学、あなたはL大学」などと上から目線で格付けするのは、教育者にはあるまじき態度だろう。

一時の入学試験の結果で、人生が決まるわけではない。子供の頃は優秀でも、その後に芽が出なかったり、落ちこぼれだった人が社会に出てから飛躍するケースはいくらでもある。人生のチャンスは、命尽きるまでに何十回、何百回とあるのだ。チャンスをつかんで自力で駆け上がろうとする人たちを鼓舞して、国民に希望を持たせることこそ国の大事な仕事であって、そうやってチャレンジャーを数多く輩出することが日本の産業競争力につながるのである。

日本経済が戦後復興、高度成長を経て絶頂期を迎える頃までは、チャレンジャーが次から次へと登場した。戦後第1世代の松下幸之助さんや本田宗一郎さん、第2世代でいえば盛田昭夫さんと井深大さんのコンビに川上源一さん(ヤマハ)、井植歳男さん(三洋電機)、早川徳次さん(シャープ)、立石一真さん(オムロン)と名前を挙げればきりがない。

上記のうち、大学に行ったのは盛田さんと井深さんだけ。川上さんが卒業した高千穂高等商業は後の高千穂大学。立石さんが出た熊本大学工学部も当時は熊本高等工業高校、要するに高専だった。

あわせて読みたい

「大学教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  3. 3

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  4. 4

    秋葉原メイドカフェはバブル状態

    文春オンライン

  5. 5

    鈴木拓300万円使うもYouTube挫折

    SmartFLASH

  6. 6

    雇用保険を否定? 厚労省の暴言

    田中龍作

  7. 7

    石破氏 コロナ報道に強い違和感

    石破茂

  8. 8

    菅政権 半年も過ぎれば本領発揮

    鈴木宗男

  9. 9

    京都市財政難 寺社の協力不可欠

    川北英隆

  10. 10

    20年後の日本は「超独身大国」

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。