記事

横綱白鵬とスポーツ・メディア - スポーツ・インテリジェンス【第3回】 - 松瀬 学

背を向け続けた横綱


いったい、どうしたのだろう。大相撲の春場所で横綱白鵬が6場所連続の優勝を果たし、自らの持つ優勝回数の史上最多記録を34に伸ばした。場所中の15日間、白鵬は支度部屋でメディアに背を向け続けた。

もちろん、大相撲に限らず、スポーツ界でも、選手には「言論の自由」がある。何も語らないのも、その内に入っている。でも、メディアに沈黙を通すということは、相撲ファンにも心中が伝わらないことになる。

何が白鵬をここまで意固地にさせたのか。初場所の千秋楽翌朝。横綱が口にした「審判部批判」をメディアはこぞってネガティブに伝えた。さらに言えば、横綱が言ったことを誇張して記事にしたメディアに不信感を募らせたからだともいう。

だいたい問題となった取り直しの一番。日本語を母国語としない白鵬の言葉使いはともかく、取り直しが妥当だったのかどうか、その一番を検証したメディアはあったのだろうか。審判とて人間だから、判断は絶対ではない。

白鵬は春場所の優勝直後、土俵下のインタビューには応えた。「いろいろ騒がせましたけど……」と。が、その後の支度部屋ではメディアに何も話しをしなかった。

その夜、優勝力士の慣例として、NHKのスポーツ番組には生出演した。紳士的なインタビュアーからはなぜか、「いろいろ騒がせましたけど」との大事なフレーズについては一切、触れられなかった。

白鵬は千秋楽翌日の「一夜明け会見」には対応した。つまり、優勝力士として、メディアに対し、最低限の義務は果たすといったスタンスだったのだろう。強すぎることもあってか、横綱は日本人ではない疎外感に苦しんでいるのでないか。

「話していない新聞にコメント」の辛さ


以前、雑誌の仕事で白鵬をインタビューしたことがある。どんな質問にも気さくな感じで答え、当時の流行歌まで口ずさんでもくれた。その他、横綱を何度か取材で囲んだこともある。人のよい常識人だった。礼儀正しい白鵬がこうも変わるとは。

スポーツ・メディアも自身のことを考えるべきかもしれない。30年間、スポーツをカバーしてきて思うのは、少なくないトップ選手が「メディア・スクラム」を嫌っていることだ。イッショクタになって、手のひら返しでバッシングされると、彼らは時に「取材拒否」に走ることになる。

話は別だが、スポーツ選手は不正確なコメント引用に不信感をおぼえていく。コメント回しも同様である。かつて日本人メディアを「取材拒否」した大リーグの日本人選手にこう、こっそり言われたことがある。

「自分が話をしていない記者の所属する新聞にも自分のコメントが載る。これって変じゃないですか」

試合後、ひとりの記者に話したコメントが他の新聞にも一斉に出る。時には誇張や誤った表現になっている。これは当事者にとってはつらかったようだ。

話を戻せば、白鵬はもはや大横綱である。モンゴルから来日し、言葉や文化の違いを克服し、いまの地位を築いた。ハンパな努力ではここまでなれない。

確かに耳の痛い直言を受け止める度量が求められるが、異国の地で白鵬はよくやっているのではないか。スポーツ・メディアのみなさんにお聞きしたい。横綱白鵬をリスペクトしていますかって。

松瀬 学(まつせ・まなぶ)●ノンフィクションライター。1960年、長崎県生まれ。早稲田大学ではラグビー部に所属。83年、同大卒業後、共同通信社に入社。運動部記者として、プロ野球、大相撲、オリンピックなどの取材を担当。96年から4年間はニューヨーク勤務。02年に同社退社後、ノンフィクション作家に。日本文藝家協会会員。著書に『汚れた金メダル』(文藝春秋)、『なぜ東京五輪招致は成功したのか?』(扶桑社新書)、『一流コーチのコトバ』(プレジデント社)など多数。2015年春より、早稲田大学大学院に進学予定。

リンク先を見る
『一流コーチのコトバ 』(プレジデント社) [著] 松瀬 学  
47人の勝者に学ぶ経営者、マネジャー、店長が読んで役立ち、元気が出るコトバ集

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国経済が低迷 文政権の陥る罠

    MONEY VOICE

  2. 2

    今年はAmazonセールよりPayPay

    永江一石

  3. 3

    パリの暴動 スタバが襲撃対象に

    田中龍作

  4. 4

    ソフトバンク HUAWEI問題で難局

    MAG2 NEWS

  5. 5

    日産社長の逮捕も避けられないか

    郷原信郎

  6. 6

    恩を仇で…世界は日産をどう見る

    山口利昭

  7. 7

    Amazonセールはコンビニ払いが得

    S-MAX

  8. 8

    芸より視聴率 M-1はルール改正を

    松田健次

  9. 9

    「七人の侍」海外で評価される訳

    NewSphere

  10. 10

    あおり事故 原因は運転の楽しさ

    赤木智弘

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。