記事

シリア情勢

シリア情勢につきアラビア語メディアからとりまとめたところ、断片的ながら次の通り

・反政府軍は、3日前から始まったシリア南部のローマ遺跡で有名なbasra al shamを完全に掌握したと発表した。
その戦闘で政府軍多数が死亡したとのことだが、この町はこれまで政府軍の重要な拠点で、その占拠は、反政府軍がダラア県の南東部を完全に支配したことを意味する。

また、反政府軍は現在政府軍が完全に支配しているイドリブ市に対する攻撃を開始したが、反政府軍のファタハ軍団は郊外の検問所2カ所を自動車爆弾で破壊し、多くの兵士を殺害した。
http://aljazeera.net/news/arabic/2015/3/25/المعارضة-السورية-تسيطر-على-بصرى-الشام-وتتقدم-بإدلب
(上記のイドリブに対する反政府軍攻撃開始と関係があるか否かは不明だが)

・反政府連立は、政府軍が複数の攻撃ヘリから、イドリブ市の北のqameenas 市を、24日夕刻塩素ガスで攻撃したと発表した。
同連立は、政府軍は安保理が塩素ガスの使用を非難した決議採択の後、20日間で7回の塩素ガス攻撃をして、59名が窒息死をした由。
http://www.alquds.co.uk/?p=316013
http://aljazeera.net/news/arabic/2015/3/25/حالات-اختناق-بقصف-النظام-ريف-إدلب-بالكلور-السام

・反政府軍のトルコでの訓練に関し、トルコはこれまで中央アナトリアのKırşehirを訓練基地として提供することにしていたが、それに加えて、シリア国境に近い南のハタイ県でも訓練をすることとした。
ハタイでの訓練は4月末に始まる予定。

いかし、トルコ、米国共同訓練はまだ始まっていない。
最初に訓練されるのは2000名だが、未だ両国間で人選について合意ができていない。米国側は1200名の目途をつけたとしている、トルコ側でも人選にかかわるように要求している。

いずれにせよ、当初の訓練生の大半はダマスとアレッポのトルコマンであると見られている。
(最後のところの大半がトルコマンというところは非常に不思議な感じがする。シリアの中の極めて少数な少数民族であるトルコマンでは、反アサドのシリア軍と言い難いと思われるが、トルコが関与するためにそう言うことになったのか、ISの浸透を警戒してのことか、その辺は不明)
http://www.hurriyetdailynews.com/turkey-to-train-equip-syrian-rebels-in-border-province-too.aspx?pageID=238&nID=80135&NewsCatID=352

あわせて読みたい

「シリア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  3. 3

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  6. 6

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  7. 7

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  8. 8

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  9. 9

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  10. 10

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。