記事

このところの相場の牽引役だったバイオ、半導体株が総崩れ

25日の立会では、このところの相場の牽引役だったバイオ、半導体株が総崩れになりました。

下はバイオテクノロジー・セクターの指数である$BTKのチャートです。

リンク先を見る

下は半導体セクターの指数である$SOXのチャートです。

リンク先を見る

個別株でもこのところ元気が良かった銘柄を中心にザックリと利食いが入りました。


まずバイオジェン・アイデック(ティッカーシンボル:BIIB)です。

リンク先を見る

次はセルジーン(ティッカーシンボル:CELG)。

リンク先を見る

次はリジェネロン・ファーマシューティカルズ(ティッカーシンボル:REGN)。

リンク先を見る

次はユナイテッド・セラピューティックス(ティッカーシンボル:UTHR)。

リンク先を見る

半導体の株に移って、アバゴ(ティッカーシンボル:AVGO)。

リンク先を見る

同じくスカイワークス・ソリューションズ(ティッカーシンボル:SWKS)。

リンク先を見る

今日、これらの銘柄が下げた理由は、特にありません。強いて言えばセクター・ローテーションだと思います。このところバイオや半導体ばかりをいじってきたので、そろそろ飽きてきたところへ、クラフト・フーズ(ティッカーシンボル:KRFT)とHJハインツの合併のような話が飛び込んできて、もっと新鮮味のあるセクターに投資家が目移りした……その程度の理由でしょう。

さて、対処の仕方ですが、今、上に掲げたような銘柄に乗っかっている投資家の大半は、モメンタム・プレーヤーです。モメンタム投資ではチャートのカタチがなによりも大事です。だから上昇トレンドラインが崩れたら、キケンです。上昇トレンドラインを割り込んだことを確認次第、切る事

また「買値から8%押したら、損切る」というルールを自分に課すのも良い方法だと思います。

これらの両方に抵触せず、ダメージが小幅で済んでいるのであれば、トレンドラインが維持されている限り、売る理由は、何もありません。

あわせて読みたい

「株価」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  3. 3

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    ピアノめぐり上皇后様に感銘の声

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  6. 6

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  7. 7

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  8. 8

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  9. 9

    移動しなくても良い新しい社会

    ヒロ

  10. 10

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。