記事

【読書感想】なぜ、この人と話をすると楽になるのか

1/2

リンク先を見る

なぜ、この人と話をすると楽になるのか


Kindle版もあります。

リンク先を見る

なぜ、この人と話をすると楽になるのか

内容(「BOOK」データベースより)

ニッポン放送の大人気アナは、些細な会話すらままならないコミュ障だった!そんな彼が20年かけて編み出した実践的な会話の技術を惜しみなく披露。話すことが苦手なすべての人を救済する、コミュニケーションの極意!!


 タイトルだけを見ると「癒し系の人になるための指南書」みたいなのですが、書かれているのは、「他人との『日常会話』とか『世間話』が苦手な人のための会話術」なんですよね。

 僕もそういうのってすごく苦手なので、かなり参考になりました。

 もともと親しい人や、仕事などで、お互いの「役割」が決まっていれば、それなりにコミュニケーションをとることができるのだけれど、そうでない人と「うまく話す」のが苦手な人って、少なくないと思われます。


 著者の吉田尚記さんはニッポン放送のアナウンサー。

 大学時代は落語研究会所属だし、この御時世にニッポン放送の入社試験に受かっているし、ラジオのパーソナリティとして、『ギャラクシー賞』も受賞されています。

 どこが「コミュ障」なんだよ……という感じなんですよね。


 吉田さんは、「専門家による治療が必要な、病的なコミュニケーション障害」ではないと思われます。

 どこにでもいる、「初対面、あるいはよく知らない人との世間話が苦手」というタイプ。

 吉田さんは、「日常会話が苦手だ」という自覚があったからこそ、考え、工夫することによって、それを克服しようとしました。アナウンサーという仕事だと、知らない人との「会話の糸口」みたいなものを見つけだしていかなければならないし、いくら大手メディアの人だからといって、向こうから面白いことを喋ってくれるとは限りません。

 いきなりマイクを向けられたら、足早に立ち去ろうとする人やインタビュー嫌いの人も多いだろうし。

 取材や街頭インタビューなどでは、かなり苦労もされたそうです。


 たぶん、吉田さんのスタート地点って、僕と同じくらいの「飲み会で知らない人の隣に座るのってイヤだなあ」というレベルだと思うんですよ。

 先天的に「明朗快活、人間大好き!」という人のコミュニケーション術を真似するのは、僕には無理。

 でも、自分と同じところから這いあがろうとした人の話には、頷かされるところも多いのです。

 僕の個人的な印象なのですが、自分でコミュニュケーションが上手だと思っている人って、案外、自分のことばかり喋って、満足して去っていく、そういうタイプが多い。

 僕は、昔よりは、うまく人と話せるようになったと思う。

 その一方で、自分に関しては、「自信を持ってしまったら、その時点でダメになるんじゃないか」という気がしているのです。


 プロインタビュアーの吉田豪さんは、インタビューの前に、徹底的に相手の著書や作品などを下調べし、相手に興味を持つようにしているそうです。

 「場当たり的な愛想のよさ」では、限界があるのです。


 この本の最初のほうで、吉田さんは、こう仰っています。

 どんなに偉くなってお金持ちになっても、実のあるコミュニケーションがとれない、楽しい思いができない、もしそうだとしたらどんなに虚しい人生だろうと思いませんか。そうですよね、すべての前向きな努力、すべての欲というのは、実のあるコミュニケーションがとりたいってところに行き着くんじゃないでしょうか。釣り好きの男の目的がどうしたって釣りであるように、結局、コミュニケーションの目的はコミュニケーションであると、ぼくは思う。

 コミュニケーションが成立して、そこで感心したり共感したり、笑い合ったり幸せな気持ちになったり、そういうポジティヴな感覚を得ることなしに人は楽になれません。そこがコミュニケーションの根幹であって目的のはずなんです。

 コミュニケーションを扱うほとんどのビジネス本は、コミュニケーションをまるで通過点のように扱ってしまっている。いきなり商談のシーンが登場して、「初対面の相手にはこんな話題を選びましょう」とか「聞き手になって好感を持たれましょう」とか、相手を都合よく動かすのが目的のように語られます。でもそうじゃなくて、そのまえにコミュニケーションについて、人と話をする営み自体について、もっと考えることがあると思うんです。

 ああ、これは本当によくわかる。

 コミュニケーションは、「目的を達成するための手段」だと、いわゆるビジネス書とか自己啓発本の多くには書かれています。

 でも、日々、他者とのコミュニケーションがうまくいっていて笑いあうことができて、食べるのに困らないくらいのお金があれば、人生って、そんなに悪くないような気がします。

 コミュニケーションそのものをより深く楽しむために、コミュニケーションのスキルを磨くべきなんです。

 そうか、飲み会での知らない人との会話や近所の人との世間話が苦手なのは、「そんなことをしても、何のメリットもない」と思い込んでいるからなんだ。

 そこで、「楽しく話をすることができる」ことを目的にすればいいのか……

 僕もそういうのって苦手なのですが、「知らない人と、うまく話すことができた」ときって、なんだかちょっと、気分が良いのも事実です。

 コミュニケーションをうまくとるって、具体的にはどういうこと? そうです、エレベータがきつくなくなることです。そう考えれば気も楽ですよね。


あわせて読みたい

「書評」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  4. 4

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  5. 5

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  6. 6

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    在宅勤務でも都心に住むべき理由

    PRESIDENT Online

  9. 9

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  10. 10

    脆弱な医療体制に危機感ない政府

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。