記事

「女子力男子」の実態を徹底分析! - 原田曜平(博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー)〔1〕

――「ぬいぐるみ男子」「化粧ポーチ男子」…女子化する男子の実態とは

若い女性が保守化している

 昨年は、さまざまな場所やメディアで「マイルドヤンキー」が取り上げられました。キムタク(木村拓哉)主演のドラマ『HERO』で北川景子さん演じる麻木事務官が「私はマイルドヤンキー」と語る場面が放送されたり、「ユーキャン新語・流行語大賞」にも「マイルドヤンキー」がノミネートされました。

 著書『ヤンキー経済』(幻冬舎新書)が発売された昨年1月ごろから、同時並行で密かに研究を続けていた対象が「女子力男子」というものです。

 簡単に定義すると、「本来、女子(女性)が得意とされていた領域の力(女子力)が備わった男子(男性)」のことで、若い男性の「女子化」を指す「草食男子」や「イクメン(育児に積極的に協力する男子)」「弁当男子(弁当を自分で作って大学や会社に行く男子)」の系譜に連なるものです。細かい分類は著書『女子力男子』(宝島社)に譲りますが、私が調査をしたなかには、女子のようなかわいい仕草を人前でやってのける「ぶりっこ男子」や、減塩や無添加の食品や玄米などの健康食を好む「ヘルシー男子」なる男性も増えています。有名人でいえば、フィギュアスケート男子の羽生結弦選手は、ディズニーキャラクターの「くまのプーさん」が大のお気に入りで、練習中だけでなく本番中もプーさんの人形を肌身離さず持ち歩いているそうです。アイドルグループ嵐の二宮和也さんも「女の子より肌が綺麗」「幼さが残る笑顔が女子力高すぎ」とファンのあいだで話題になっています。

「女子力男子」に関心が向いたのは、「最近、女子側があまり面白くない」という変化を感じたことがきっかけでした。たしかに15年ほど前は女性が消費のトレンドを牽引しており、情報の発信者と受信者がともに女性の感覚に頼っていた時代でした。実際、携帯電話の使用目的やシチュエーションを女性からリサーチし、製品やサービスに反映すると、決まってユーザーからの反響が良かったのです。

 ところがここ数年、女性が発信するトレンド情報が出尽くした感が否めず、目新しさを失いつつあります。その背景にあるのは、働き方の変化です。一生、企業で働くことを嘱望する女性がいる一方で、若年女性とくに「ゆとり世代」の専業主婦志向が顕著に増えています。1986年に施行された男女雇用機会均等法を経て、女性の労働率は高くなったものの、非正規雇用率は男性に比べて高く、男女間の賃金格差がいまだに大きいことも影響しています。専業主婦願望を抱く保守的な女子が増えたことで、キャリア志向と消費意欲の高かったバブル世代~団塊ジュニア世代と比較すると、女性から新しいトレンドが生まれにくくなったといえるのではないでしょうか。

 もちろん、いまの若い女性が保守化したからといって若い男性が快活さを取り戻したとはいえませんが、男性の側に活発な変化が見られ、興味深い現象が生まれているのは事実です。近年の「流行語大賞」を見ても、2009年以降、先ほどの弁当男子(2009年)やイクメン(2010年)、日傘男子(2013年)など若い男性を象徴する言葉が多く選ばれています。

 私がリーダーを務める博報堂ブランドデザイン若者研究所には約200人の高校生から若手社会人までが加わって、月に一度、若い子のあいだで流行っているものを発表し合います。ある月に行なわれた発表会では、なんと同時に3人の女子から「化粧ポーチを持ち歩く男子がいる」と発表されたのです。

 しかも、発表者以外の反応を聞くと、どうやらこの「化粧ポーチ男子」は少なからずいる。男子が女子化している現象をさらに深掘りしてヒアリングしたところ、程度の違いはあれ「中学、高校のクラスでだいたい7~8割は女子力男子」という回答が複数、寄せられました。女子化した男子の割合が自分の肌感覚よりも圧倒的に多いことに、驚きを禁じえませんでした。

経済力が求められなくなった男子

 女子力男子が増えた理由は、大きく分けて3つあります。1つは、「男は男らしく、女は女らしくあれ」というジェンダー(性差)を重んじる社会的抑圧が年々減っていることです。20年ほど前は、男性の喫煙率が7割ほどで「タバコを吸ってない男はカッコ悪い」というレッテルが貼られていました。しかし現在、男性の喫煙率は3割台に低下しています。

 個人的な話ですが、幼少期の私は、車や電車など男の子の趣味には関心が向かず、従妹から譲り受けた『キャンディ・キャンディ』を好んで読むような少年でした。もちろん、引け目を感じて周りの同級生にはとてもいえません。ある日、学校で偶然クラスの女の子に少女漫画を読んでいたのが見つかり、からかわれたことがいまでもトラウマになっています。いまでこそ、少女漫画はテレビドラマや映画の原作になり、男子も当たり前のように読んでいますが、当時は風当たりが強かったのです。

 女子力男子は現代に突として生まれたのではなく、どの時代にも一定数が潜在的に存在します。ジェンダーの違いが重要視されなくなり、選択の自由が許容される世の中になったことで、これまで抑圧されていた女子力男子が表出し始めたのです。

 2つ目の理由として、ソーシャルメディアの普及が挙げられます。興味深いことに、女子力男子が増えている時期とソーシャルメディアが普及したここ5年の時期はおおよそ合致します。インターネットが普及する前、男性はデート中に恋人から化粧品やスイーツなど女性の流行を教えてもらうか、『an・an』や『Hanako』といった女性誌しか情報源がありませんでした。

 ところがいまやフェイスブックやインスタグラム(写真を加工してソーシャルメディアで共有するアプリ)を見れば、「北欧発の雑貨屋に行ってきました」「話題のパンケーキのお店に並んでるよ」といった女子に関する情報が大量に得られます。女性にモテる、モテないにかかわらず、男性が女性の情報を無抵抗に受容できる時代になったのです。

 さらに、ソーシャルメディアの世界は何かを議論し合う男性型のコミュニケーションではなく、共感を促す女性型のコミュニケーションの場です。社会的な抑圧が軽減したうえに、ソーシャルメディアを中心にした女子情報が氾濫すれば、趣味や嗜好まで女子化する男子が増えるのは自明の理です。

 3つ目は、1つ目の理由とも関連しますが、生活レベルが一定の段階まで上がり、社会が成熟したことで女子力男子が増えた、ということです。一般的に、貧しい時代や高度成長期には、国民が経済成長という目標に向けて突き進むので、男性型の競争エネルギーが社会の活力として求められる。ところが、経済や社会制度が成熟したステージに達すると精神的な豊かさや生活の質を重視するようになり、「コミュニケーションを大事にする」「お互いの価値を認めて助け合う」といった調和を重視する女性型の社会に向かいます。

一般的に、女性のほうが男性に比べボキャブラリーが豊富でコミュニケーション力が高く、写真などを効果的に用いる表現力に長けています。日本でいえば、バブルが崩壊したあとの90年代が変化の境目でした。経済が成熟した調和型の社会において、女性は男性に経済力を求めなくなります。仕事はしても家事ができない男性より、自分の話を黙って聞いてくれ、同じ漫画やキャラクターを好み、料理や洗濯をする男性が評価されるようになったのです。

中国では草食男子=「小男人」

 さらに海外に目を転じると、経済的に成熟し始めたいまの中国の大都市には、日本のバブル崩壊後に見られたような調和型社会の雰囲気が漂います。たしかに経済の発展途上にある中国郊外の地域は依然として男性主流の社会で、男性の喫煙率も高く、女性と食事に行けば男性がすべておごります。

しかし一方で、成熟期のステージに入った上海では、生活水準も高く、男性も徹夜をして必死に働いて稼ぐよりも、まったり生きようとするメンタリティ状態になります。最近の中国では草食男子を意味する「小男人」という言葉が使われています。また90年代生まれの大学生で構成される「偽娘団」と呼ばれる女装男子集団も登場するなど、全体的に見た目が「きれいな」中国人男性が増えた印象があります。

 この傾向は中国だけでなく、韓国にも当てはまります。一見すると、韓流ドラマには「肉食系」の男子が多く登場しますし、サムスンや現代に勤める男性は非常にアグレッシブに映ります。3カ国語を駆使して仕事をバリバリこなし、なかには何人も愛人を囲う人もいる。それは一部のエリート像を拡大したイメージにすぎません。韓国人男子のなかにも日本の女子力男子のように、細身の服を身に着け、女性用の化粧品で肌の手入れをするような男子がいるのです。

〔2〕に続く

■原田曜平(はらだ・ようへい)博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー
1977年、東京都生まれ。慶應義塾大学卒業後、博報堂に入社。ストラテジックプランニング局、博報堂生活総合研究所などを経て現職。日本およびアジア各国で若者へのマーケティングや若者向け商品開発を行なっている。近著に、『ヤンキー経済』(幻冬舎新書)、『女子力男子』(宝島社)がある。

リンク先を見る
■『Voice』2015年4月号<総力特集:地獄の中東、日本の覚悟>
ISIL(イスラム国)の拠点があるイラク北部のティクリートでは、イラク軍による奪還作戦が始まっている。すでに「戦争」は起こっている。今後、米軍は地上戦を行なうのだろうか。日本は国際テロの脅威にどう備えるのか。4月号は「地獄の中東、日本の覚悟」との総力特集を組んだ。

第二特集は、「歴史の常識を疑え」と題し、先の大戦で描かれてきた歴史のストーリーに違う角度から光を当てた論考を紹介する。 他に、2大インタビューとして、観阿弥、世阿弥の流れを汲む観世流宗家・観世清和氏に、能楽堂を渋谷から銀座に移転させる理由などを聞いた。また、東大生の就職先として人気の高いDeNAの設立者・南場智子氏に、「これからの日本人に求められる4つの力」について話を伺った。若い人たちにぜひ読んでいただきたいインタビューだ

あわせて読みたい

「若者論」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  2. 2

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

  7. 7

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    日産だけでない自動車会社の問題

    ヒロ

  10. 10

    Rキャンベル コロナは時間の災害

    村上 隆則

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。