記事

シンガポールの父死去

シンガポールの初代首相を務めたリー・クァン・ユー氏が本日未明に死去されたと報じられました。91歳とのこと。お悔やみ申し上げます。リー氏は、先月の5日から肺炎で病院に入院しており、容態の悪化が伝えられていました。現在、リー氏の息子のリー・シェンロン氏が第3代首相を務めています。

リー氏は、シンガポールを戦後の混乱の中で、イギリスの植民地からマレーシアに統合され、そしてマレーシアから独立後中継貿易を中心に目覚しい経済成長を遂げ、今やアジアの金融センターとしての地位を築き上げてきた偉大な指導者と評価されています。

しかしその一方で、自らに対する批判や反対勢力に対しては極めて厳しい態度で臨み、メディア統制も厳しく行っており、「開発独裁」と言われるように独裁的であると批判もされて来ました。メディアも国営で行われているため、昨年の報道自由度ランキングでは世界で150位と、コンゴやイラクより少しだけ上位という有様です。

また、国民に対しても統制は厳しく、歩きタバコや道に唾を吐いたりすると罰金刑ということがしばしば話題になりますが、大麻を500グラム所持すれば死刑になるという厳罰を課していることでも有名です。

こうした「不自由さ」が、貧困時代を知らない若者層には不満がたまりつつあり、2011年の総選挙では6議席を野党に与え、与党RAPは独立後最悪の選挙結果となりました。リー氏の功績が色褪せることはありませんが、シンガポールの政治経済も転換期を迎えています。

あわせて読みたい

「シンガポール」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  2. 2

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  3. 3

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  6. 6

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  8. 8

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  9. 9

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    新聞読むは32.7% 18歳の意識は

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。