記事

子供達にもっと競輪を身近に感じて貰いたい(by 奈良県)

前回エントリでは、公営賭博の財政面での国民生活への貢献をアピールさせて頂いたワケですが、どうしても我慢ならんというか、胸クソ悪い事案が発生したので批判的立場で本エントリを書きます。

公営競技場の経営がどこも厳しいのは皆様もご存じの通りです。奈良県には奈良競輪という県が施行者となった競輪場が設置されおり、この施設もご多分に漏れず、すでにピーク時の売上から三分の一にまで落ち込んでいます。現在、奈良県にはその立て直しを論議する「奈良県営競輪あり方検討委員会」なる委員会が設置されており、この度、その第八回会合の議事録が公開されたワケですが、内容が酷過ぎるというか、何というか。。以下、議事録より転載。


平成26年度 第8回奈良県営競輪あり方検討委員会 議事録
http://www.pref.nara.jp/secure/125232/ari%20eight.pdf

米田次長:
競輪場周辺は平城中学校区であり平城小学校、幼稚園の生徒、園児がひとつの教育区を作っており、フェスティバルを行うために奈良競輪場を貸し出しまして、11月20日に開催されました。資料の写真にありますように、メインスタンドに幼、小、中、高の生徒達がぎっしり入っていただき、多目的ホールでは幼稚園の子供、吹奏楽がここで催しを行い、選手会奈良支部の競輪選手の方に実際にバンクで走っていただきました。また競輪場を歩いてみようということで、バンクウォークをさせていただきました。子供たちは大変喜んでおりました。また次年度もお借りしたいということで聞いております。[…]

絈井委員長
新たな売上向上及び集客への取り組みということですが、今すぐ、直接ということではないでしょうが、子供さん等招かれて競輪ということについてもっと身近に感じてもらいたいというのは、非常に大事なことであると思う。[…]

中 部長:
自転車は親が乗り方を教えますと上手にならない、別人が教えると6時間で乗れるようになると放送されていました。お父さん、お母さんが来られて、およそ6時間の間に子供さんが自転車に乗る。子供さんが訓練されている間にお父さん、お母さんには車券を買っていただくとか、そういう具合に繋ぐのも方法であると感じました。
「今すぐ、直接ということではないでしょうが、子供さん等招かれて競輪ということについてもっと身近に感じてもらいたいというのは、非常に大事なことである」(by 絈井委員長)…ですか。あえて申し上げましょう、「アンタ達、全員クソだ」と。

私はカジノという今は日本には存在しない賭博業種の人間です。そんな私なりにも賭博業界の片隅で生きる者の責任として、ギャンブル依存症対策の推進にはずっと取り組んでいて、例えば「青少年の義務教育の中に酒、煙草のリスク教育が義務付けられているのに、賭博のリスク教育がないのはオカシイ」として、学習指導要領の改定を訴えて活動をしていたりもします。これ、国内では恐らく私が最初に言い出した事ですが、やっと他の識者にも徐々に浸透し始めて、少しずつ論議が醸成されてきています。
早急に求められる「ギャンブルに対するリスク教育」の義務化
http://blog.livedoor.jp/takashikiso_casino/archives/8242516.html
今は日本に存在していない業種の人間がそうやって活動しているにも関わらず、一方で我が国の既存の合法賭博施設である公営競技場の運営管理者にあたる都道府県が、「もっと身近に感じてもらいたい」と子供たちに競輪をアピールですか。なんともオメデタイ話ですね。

…で、アナタ達、地元の幼稚園児から高校生までメインスタンドが満席になるまで集めて、当然、賭博のリスクに関してひと講義でも打ったんでしょうね?と問いたい。



これは奈良県だけの話ではなくて、実は我が国で合法とされている公営賭博業界全体を貫く体質の問題です。公営賭博というのは、「公がそれを適切に管理をしている」という前提で制度が設計されているのもあり、実は公営賭博の世界では「依存症」というものの存在が正式に認められていません。なので、そこに「依存症対策」という概念は存在しないし、例えば政府や自治体が行う委員会の中でそういう論議が積極的に行われた事もなければ、パチンコ業などが自主的に取り組んでいるような「依存症ホットライン」のような施策もない。

もっというと、公営競技の世界に居る人達は、事あるごとに「私たちはスポーツだから…」のような論法で逃げ口上を打つワケです。ただ、確かに公営競技はスポーツですが、それが一方で行われている事業の持つ賭博性を否定するものではないでしょう。これは、統合型リゾートが観光施設だからといって、そこに内包されるカジノの賭博性を否定するものではないのと一緒であって、両者ともそれが何であれ一方で依存症および、それに纏わる問題は起こり得るし、実際に起こっているのだから、そこに対策が必要なのは同じです。
「競馬に使った」運送会社から9650万円横領疑い 元社員の男逮捕
http://www.sanspo.com/geino/news/20140909/tro14090917430006-n1.html
電通関連の財団から横領容疑 「競馬につぎ込んだ」
http://www.asahi.com/articles/ASGB54WJYGB5UTIL00S.html
高級クラブや競馬に充てた…元会社役員を1億円超横領で起訴 大阪地検特捜部
http://www.sankei.com/west/news/150225/wst1502250029-n1.html
昨年、8月に厚労省研究班とされるグループが「ギャンブル依存症へのリスクを持つ者が国内に536万人」などという発表を行い、多くの関係者がその対策を前に進めようと努力をしている中で、肝心の公営賭博業界がなんら適切なリスク教育もなされていない子供達に向けて「もっと競輪を身近に感じて貰いたい」とか、我々からしたら悪夢以外のナニモノでもないです。そんなことを嬉々として論議をするヒマがあったら、まずは子供達にちゃんと賭博のリスクを教える施策を考えなさい。

あわせて読みたい

「ギャンブル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  2. 2

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  3. 3

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  4. 4

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  5. 5

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  7. 7

    石破氏 誹謗中傷はTV局にも責任

    石破茂

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  10. 10

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。