記事

「“ハンセン病でつながる若者と世界”合同シンポジウム」―スピーチ―

先ほど、若い皆さんのハンセン病回復者へのボランティア活動についての素晴らしいプレゼンを聞かせていただき、本当に力強さを感じました。私はもう天国に近い位置におりますので、このような問題をどのように若い人たちに引き継いで頂くかということが、私たちに課せられた大きな使命でもございます。そういう意味で、今日お聞きした皆さん方の経験談、また、それに取り組む強い意志というものを感じ、逆に私が励まされました。

いつの時代も世の中を変えていくのは若い人です。私たちの年代になりますと、よく政治家や官僚の悪口を言い、また、若い人たちに対する批判をするのですが、私はそういうことが大嫌いです。なぜなら、そういう社会を作ってきたのは私たちの世代だからです。

私は将来を担う若者たちとの対話を最も重視していかなければいけないという気持ちで仕事をしておりますので、今日は逆に私自身が皆さん方から学ばせて頂いたと思っております。

皆さんがさまざまなボランティア活動をなさっていることは大変尊いことで、素晴らしいことだと思いますが、よく勘違いする人もいるのです。「自分はいいことをしている」「誰か困っている人を助ける、助けたい」という気持ちでスタートを切るわけで、それはそれで一つの動機付けとして大変素晴らしいことだと思いますから、これを批判するわけではありません。

良いことをしたい、良いことをして何か社会のために役に立ちたい。入口の気持ちはそれで結構だと思いますが、よく考えてみると、自分自身、一回しかない人生を心豊かに生活するために何をするべきか。その結果が人のために役立っているということで、人に役立つことが先にあるわけではないのです。

皆さんは、素晴らしい仕事を通じて、本来なら知り得ない社会、それこそ未知との遭遇の中で仕事をやってこられました。しかし、恐らくこれから永遠にこのハンセン病のことをするわけではないでしょう。就職もしなければいけないし結婚する人も出てくるでしょう。どのような時でも、ここで得た貴重な経験は必ず役に立つ時がきますし、青春の一時期をこういう人たちと共に過ごしたということが、あなた方のこれからの人生の中で大変役に立ち、豊かな人生を築く糧になることと思います。

苦しいことや辛いこととは人間の人生の中の記憶に残るのです。楽しかったことや美味しいもの食べたことなどは、人生の記憶にはほとんど残りません。辛かったこと、悲しかったこと、困難を乗り切ったこと、そういうものが地球上で唯一、理性を持っている人間の記憶の美化作用によって懐かしい思い出として残っていくのです。決して楽しかったことだけが記憶に残るのではないのです。それは76歳の私が言うのですから、間違いのないことです。

ハンセン病だけが入口ではありません。社会には私たちが知らないことの方がはるかに多いのです。ですから、学生の皆さんには専門領域の勉強以外にも社会に様々な課題が存在するということに対して好奇心を持つということが大変重要なことなのです。

人生は、学校で勉強し、いい会社に就職し、結婚して幸せな家庭を持って・・・そんなに上手くいく人はほとんどいません。その中に必ず障害になること、そして悩み苦しむことが出てくるのです。そういう時に社会課題に挑戦をした経験を持っているということが強い心を作り、精神力で突破できるようになるわけです。

今日はハンセン病の話ではございますけれども、世界では皆さんのような幸せな生活をしている人の方がはるかに少ないのです。世界人口70億人のうち20億人は一度もお医者さんに診てもらうことがないどころか薬も飲んだことがないという人がいるのです。皆さん方の生活自体の方が世界から見ると異常な世界なのです。日本という世界で最も恵まれた安全で素晴らしい国に住んでいる。宗教対立もないし民族紛争も起こらない。そういう異例なところに住んでいるという自分の立ち位置というものを世界レベルの中で常に意識しながら生きていくということが、若者に望まれることではないだろうかという気がしております。

ハンセン病の話から飛びましたが、若い皆さん方は失敗が許される、チャレンジできる人たちです。しかし、卒業して3年から5年も経つと、若い学生時代の甲論乙駁の高い理想に燃えた精神から堕落して、ただの人になる人がほとんどです。今日お集まりの皆さんには、人生チャレンジをしていくということが大変重要であり、またそれが許される。失敗を恐れてはいけません。

リスクをとらない人生ほどつまらないものはないのです。たとえ失敗しても、それがまた経験となって次のステップを踏むことができるような強い人間になってほしい。それを皆さんに期待しております。

リンク先を見る
スピーチの後は学生との座談会
赤い靴下をはいて頑張ってみました!

あわせて読みたい

「ハンセン病」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  2. 2

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  3. 3

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  4. 4

    経済大打撃の日本 政府はいますぐ「消費税ゼロ」と「粗利補償」を実施せよ

    田原総一朗

    06月11日 12:16

  5. 5

    部分的に集団免疫が発動したという論文も ワクチン接種拡大でゴールは近いか

    中村ゆきつぐ

    06月12日 08:25

  6. 6

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  7. 7

    実は世界経済回復の恩恵を受け始めている日本経済 今以上に悪化する要素はない

    武者陵司

    06月12日 16:24

  8. 8

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  9. 9

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  10. 10

    「日本が気にするのはお金、メンツ、総選挙だけ」イギリスが疑問視する東京五輪開催

    小林恭子

    06月11日 11:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。