記事

質問主意書(その29:国際リニアコライダー等)

 ちょっと毛色の違う内容ですけど、国際リニアコライダー(ILC)や国際熱核融合実験炉(ITER)についてです。

【質問】
一. 現在、国際リニアコライダー(ILC)の国内候補地選考はどうなっているか。

二. 現在の試算で、ILC建設に際して、国、地方の負担としてどの程度のものが想定されているか。一定の仮定を置いた上で差支えないので、具体的な数字を答弁ありたい。

三. 国際熱核融合実験炉(ITER)に関し、二千七年に「イーター事業の共同による実施のためのイーター国際核融合エネルギー機構の設立に関する協定」が発効した時点で想定されていた欧州連合、フランス共和国、プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏、ブーシュ=デュ=ローヌ県の負担はどのようなものであったか。

四. 問三で質問した負担は、現在の見積もりではそれぞれどの程度になっているか。一定の仮定を置いた上で差支えないので、具体的な数字を答弁ありたい。

なお、本主意書に対する答弁については、国会法第七十五条第二項に定めのある期限内の答弁を求めないので、出来る限り、具体的な答弁に努められたい。
【解説】
 将来加速器であるILCについては、岩手と福岡・佐賀が国内候補地として競い合っていましたが、まだ最終的に決まっていないように聞いています。日本として誘致したいのであれば、さっさと結論を出さないといけないはずです。

 そういう中、気になるのは「国、地方にどの程度の負担が生じるものなのか」ということです。大体、この手のものは想定よりも建設し始めたら負担が膨らむのです。気が付いてみたら、悲鳴を挙げたくなるようになっているかもしれません。

 その観点から、日本とフランスで激しく競りあった国際熱核融合実験炉(ITER)の事例を取り上げてみました。最終的にはフランスのカダラッシュという場所に決まりましたが、フランスの新聞を見ていると「負担増」の記事を何度か読んだことがあります。別にILCとITERを同一視する意図はありませんが、規模の大きい研究施設を作る時に生じるコストの上振れリスクを知っておくことは意義のあることだと思います。

あわせて読みたい

「核融合」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河村市長がトヨタ自動車の抗議に態度一変 企業城下町の恐ろしさ

    猪野 亨

    08月06日 08:43

  2. 2

    病床を増やさないどころか計画の実効性もないコロナ禍の一年半 残念すぎる政府の対応

    中村ゆきつぐ

    08月06日 08:42

  3. 3

    淀川長治さんが『キネマの神様』を絶賛?CMに「冒涜」と映画ファン激怒

    女性自身

    08月05日 09:07

  4. 4

    「HPVワクチンへの信頼失墜させたマスコミに回復させる力はない」現役記者の指摘

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月06日 09:43

  5. 5

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  6. 6

    なぜ選手が首長を訪問? 名古屋・河村市長のメダルかじりで「表敬訪問」に疑問の声

    BLOGOS しらべる部

    08月05日 18:37

  7. 7

    東京都、新規感染者数5042人に疑問

    諌山裕

    08月05日 17:42

  8. 8

    ひろゆき「バカほど『自分にごほうび』といってムダにお金を使う」

    PRESIDENT Online

    08月05日 15:33

  9. 9

    ベラルーシ選手はなぜ政治亡命したのか ルカシェンコ政権の迫害ぶりを示した東京大会

    WEDGE Infinity

    08月05日 09:18

  10. 10

    74年間一度も改正されていない日本国憲法 「決められない日本人」の象徴

    篠田 英朗

    08月05日 14:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。