記事

異常な村山談話に対する質問主意書を提出

先週、村山談話についての質問主意書を提出。

村山談話は、従来の政府見解を大幅に変更する内容が村山総理主導で盛り込まれ、しかも閣議決定もどさくさに紛れて行われたことなど成立過程にも疑問があります。

この異常な村山談話について今後追及していく予定ですが、
その前提として、それまでの政府見解を覆し突如文言として盛り込まれた「侵略」「植民地支配」とは、我が国が行ったどのような行為を指すのか具体的に示すよう質問主意書で問いました。

政府内部の積み上げた議論や政府見解を、一人の総理が本人の意思のみで覆すということは暴挙と言っても過言ではない。
時の政権が新たな見解を示すことはあるが、村山談話は閣内の意思統一もすっとばし、どさくさの閣議決定を行いました。

戦地において、戦闘に巻き込まれるなどして何も罪のないアジアの人々が命を失ったことについては反省をしなくてはなりませんが、
村山談話による「侵略」「植民地支配」という言葉があまりに一人歩きしています。

戦前、戦中における日本の行動が、当時の国際政治や戦後の国連決議からしても「侵略」に当たるのか疑問ですし、もし仮に「侵略」というのならどの地域のいつからいつまでを指すのか。「国」が存在しない欧米による植民地支配地域に進出し解放・独立に向けた行動を取ったことは侵略なのか。

「植民地支配」についても何を指すのか。これも当時の欧米による植民地搾取の概念からしても、日本の行為が「植民地支配」と言えるのか。

相手からすると、他民族による統治について快く思わなかった地域もあるでしょう。一方、台湾では日本統治時代は良かったという方が多くいます。
当時の概念を含めて用語について正しく使用していくことが、正しい歴史認識につながります。

戦後70年談話に向け、戦後私達が思い込まされてきたところを一つ一つ本当にそうなのかクリアにしていかなくてはなりません。



画像を見る

画像を見る

あわせて読みたい

「村山談話」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  3. 3

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  4. 4

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  5. 5

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  6. 6

    ピアノめぐり上皇后様に感銘の声

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  8. 8

    高級車雨ざらし カーシェア破産

    SmartFLASH

  9. 9

    「LGBTで滅びる」削除要請に非難

    女性自身

  10. 10

    移動しなくても良い新しい社会

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。