記事

ゼロからわかる『21世紀の資本論』

1/2

80年代以降、格差が再び拡大している

リンク先を見る
図を拡大
第I、第IIの法則+ピケティの発見⇒格差はより開いていく(資本分配率(α)の上昇)


フランスの経済学者トマ・ピケティは、1993年に弱冠22歳で発表した博士論文『富の再配分の理論についての考察』以来、格差研究の第一人者とされてきた。

そのピケティが各国経済学者の協力を得て、欧米・日本を含む先進諸国の所得格差の歴史的な推移を実証データから明らかにしたのが、『Le capital au XXIe siecle(21世紀の資本論)』である。2014年4月、英訳が米国で発売されるや書籍売り上げランキングのトップを独走、一躍世界的な注目を浴びた。

世界の先進国における所得と資産の格差は、19世紀後半から20世紀初頭にかけて拡大し、第一次世界大戦から70年代までの間に縮小した。しかし80年代以降、格差が再び拡大している――これが同書の結論だ。先進国の中でも、英米をはじめアングロサクソン諸国における近年の経済格差拡大は顕著だとする。

1910年の米国では上位10%の富裕層が国全体の富の80%を占め、上位10%の所得階層が国全体の所得の約50%を占めていた。第二次世界大戦後にそれが、それぞれ60%、30%に下がったが、2010年には逆に70%、50%へと戦前なみに上昇している。

この格差拡大の原因を、ピケティは2つの法則を用いて説明している(図参照)。第一の法則は、

α= r × β

である。αは資本分配率、rは資本収益率、βは資本対所得比を意味する。所得には資本所得と労働所得があり、資本分配率とは、そのうちの資本所得の割合を示している。資本収益率とは、投下した資本から一定期間にどれだけの利益を挙げられるかを示す。資本対所得比とは、一国内の所得の総計を示す国内総生産(GDP)に対する、国民全体が持つ資産(国民資産)の割合である。

資本収益率が一定である場合、資本対所得比が高いほど、利息、配当、賃料などの資本を運用して得られる資本所得が、働いて得られる労働所得に比べて大きくなる。それがこの等式の意味するところである。

実際の資本対所得比はどうだったのだろうか。ピケティはデータから、

「1910年の米国では、資本は所得の約7倍だった。しかし第二次大戦後、戦災による損耗で、資本対所得比は2倍程度にまで激減した」「ところが2010年には、それが5~6倍へ増加している」

ことを示した。そして資本対所得比が拡大した原因として、「資本収益率(r)が経済成長率(g)より高かった」ことを挙げている。

GDPは所得の総計なので、その成長率は所得の伸びを意味している。資本収益率が経済成長率より大きければ、富裕層の持つ富の自己増殖のスピードが、国民の所得上昇のスピードを上回ることになり、貧富の格差が広がっていくことになる。

この関係を示すためにピケティが用いた第二の法則が、

β = s/g

である。βは資本対所得比、sは貯蓄率、gは経済成長率を意味する。

上の2つの式を合わせると、

α = r/g × s

となり、貯蓄率が一定の下で「資本収益率が上がり経済成長率が下がると、所得に占める資本の取り分が大きくなる」という関係が導き出される。

そこに、先進各国の統計データからピケティが見出した「資本収益率は、1914~70年の一時期を除いて、経済成長率を終始上回っており、長期的にr>gという不等式が成り立つ」という歴史的事実を加味する。

従来は第二次大戦後のデータに基づき、「開発の初期段階では経済成長に伴い所得格差が拡大するが、その後は経済成長に伴い所得格差が縮小する」と考えられていた。しかしピケティはより長いスパンで多くの国を観察することで、先進国でも「資本収益率>所得の成長率」となることを明示、ひいては資本分配率の上昇――国民の全所得において、労働所得に比した資本所得の割合が上がり、持つ者と持たざる者の格差が年を追ってより大きく開いていくことを導き出したのだ。

税制や教育制度を自分たちに有利に変える富裕層

これを受けて、ピケティは「国民の経済格差を縮小することが経済の成長を促す」として、グローバルな累進課税制度の創設を提言している。

金融資産や不動産に対し、年0.3%から最大で10%を課税する。また所得税の累進性を上げ、年間50万ドル以上の所得に対しては、80%程度の限界税率を課する。ただし一国だけでこれを行うと、富裕層がその国から逃げ出してしまうため、各国が協調してグローバルに同じ制度を導入する必要があるという。

ピケティによれば、「第二次世界大戦後の格差縮小をもたらしたのは、戦後に導入された累進性を持った所得税と相続税である」という。ただ、こうした制度的工夫によって格差拡大を防ぐことは可能だが、富裕層は政治的にも力を持つので、税制や教育制度を自分たちに有利な形に変えてしまう、と述べている。

ピケティの議論は、日本の格差問題への関心の高まりのタイミングをうまく説明している。データ上、日本で資産格差が大きく拡大したのは、地価が高騰した1980年代のバブル期だった。

しかし、当時はさほど格差が問題視されることはなかった。実際に日本で格差について言及されることが多くなったのは、小泉政権が誕生した2000年代前半からである。

それはバブル期までは資産価格と同時に所得も大きく伸びており、「今は年収が少なくても、やがては自分も所得が上がって、資産を持つことができる」という先行き期待があったためと考えられる。低成長が資産所得比率に影響を与えるのに少し時間がかかるという理由もある。

あわせて読みたい

「トマ・ピケティ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  2. 2

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  3. 3

    行政の現場丸投げに尾身氏が怒り

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    小池圧勝 公約どうでもいい都民

    文春オンライン

  5. 5

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  6. 6

    東京で220人以上の感染 過去最多

    ABEMA TIMES

  7. 7

    竹中平蔵氏を叩く情報弱者に呆れ

    城繁幸

  8. 8

    アマビエ商標出願 電通の思惑は

    WEDGE Infinity

  9. 9

    謙虚さに欠ける泉佐野市長の言動

    PRESIDENT Online

  10. 10

    「責任痛感」安倍首相は口先だけ

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。