記事

「放射性物質の除去装置」最前線で見た”東芝VS日立”【映像あり】

1/2
画像を見る

”高性能”ALPSを取材する筆者(後ろの設備は「日立製」)

福島第一原発の汚染水の除去。

さまざまな機械が導入されているが、、素人にはわかりにくい。

冒頭の画像は、ヤフーニュース個人のオーサーによる取材団として、3月9日に福島第一原発を取材した時に見せてもらった「高性能ALPS」(アルプス)である。設備に「HITACHI」というロゴがある点に注目してほしい。

この高性能ALPSは「日立製」なのだ。

昨年の今頃あったのは「東芝製」だけだった。

画像を見る

2011年の事故の後から、放射性物質を除去するために「キュリオン」「サリー」「アルプス」といろいろな装置の導入が発表されている。

事故当時、私はテレビ報道の現場にいて、「サリー」などの名前を耳にしていたが、その違いは専門的すぎてよくわからなかった。

ましてや一般の人たちとなると、ますます「?」だろうと想像する。

私自身が理解している範囲でいうと、事故当初はフランスのアルバ社やアメリカのキュリオン社の「放射性物質除去装置」が導入され、次第に国産の設備へと主力が移ってきた。国産の代表的なものがALPSなのである。

「ALPS」というのは、62種もの多核種除去装置のことで「Advanced Liquid Processing System」を略したものだ。

今回見せてもらったのは「高性能」のALPSということになる。

私は昨年の今頃にも福島第一原発を訪れているが、この時に見せてもらったALPSは、「高性能」という言葉がついていないALPSだった。

そのALPSは写真にある「東芝製」だった。

画像を見る多核種除去装置ALPS=東芝製(2014年3月撮影)

取材時には、東京電力から福島第一原発で溜まりづける汚染水を処理する「切り札」として紹介された。

東電のホームページによると…

多核種除去設備 (ALPS)

既に設置している水処理設備では、放射性物質のセシウム(※1)を主に除去しているが、セシウム以外の除去が困難であった。多核種除去設備(ALPS)ではセシウム以外の62種の放射性物質(トリチウム(※2)を除く)の除去が可能となっている。2013年6月現在、本格稼働を目指して試験(※3)を行っている。

※1.セシウム・・・アルカリ金属の一種。放射性セシウムは事故後、放射線ヨウ素とともに主に検出されている放射性物質のひとつで、ガンマ線を放出する。

※2.トリチウム・・・ベータ線を放出する放射性物質。主に水の形態で存在することから、ろ過などでは除去することができない。

※3.A系は2013年3月30日より開始(6月16日に停止)、B系は2013年6月13日より開始、C系は2013年9月27日より開始。

■設備の概要

・前処理設備、吸着塔の順に汚染水を通し、62種類の放射性物質を除去する
出典:東京電力ホームページ

水溶性のため、除去が難しいトリチウムを除いて、ストロンチム、セシウム、プルトニウムなど62の種類の放射性核物質を取り除くことができると説明されている。

ところがこの東芝製のALPS、設置当初からトラブル続きだった。

東京電力のホームページにざっと目を通すだけでも数多くのトラブルが生じている。

報道関係各位一斉メール 2013年

福島第一原子力発電所多核種除去設備バッチ処理タンク2Aにおける水滴の発見について(続報2)

平成25年6月17日

東京電力株式会社

先にお知らせいたしました多核種除去設備バッチ処理タンク2Aにおける水滴の発見に関する続報について、お知らせいたします。

当該タンク下に滴下水を受けるためのバケツを設置しておりましたが、昨日(6月16日)から約16時間バケツで受けた滴下した結露水(370ml)の核種分析を行った結果、以下の通りでした。

【バケツに受けた水の核種分析結果】

・セシウム134 :1.9×10^0[Bq/cm3]

・セシウム137 :3.9×10^0[Bq/cm3]

・全ベータ核種:6.7×10^3[Bq/cm3]

また、多核種除去設備A系につきましては、昨日(6月16日)午後6時17分より停止操作を開始いたしましたが、同日午後11時20分に停止いたしました。
出典:東京電力ホームページ

・多核種除去設備(ALPS)におけるHICからの吸着材とろ過水の混合物のオーバーフローおよびクロスフローフィルタAスキッドの漏えい警報発生について

・多核種除去設備 C系スラリー移送ポンプ流量低下について

・多核種除去設備 バッチ処理タンクからの漏えいを踏まえた追加調査結果(続報2)

・多核種除去設備バッチ処理タンクからの漏えいを踏まえた追加調査結果(続報)

・多核種除去設備バッチ処理タンクからの漏えいを踏まえたB系統の停止計画と追加調査結果

・福島第一原子力発電所多核種除去設備(ALPS)バッチ処理タンク2Aにおける水滴の発見について

・多核種除去設備(ALPS)の誤操作による停止について

・増設多核種除去設備の進捗状況および不具合への対策について

昨年3月に福島第一原発で東芝製のALPSを見せてもらって以降、フィルターの不具合などが相次ぎ、4月、5月は稼働率が3割台に落ちた。政府の出資して「改良形」も増設し、すべての系統で稼働が再開されたのは昨年10月だった。

東芝のALPSについては、もともと厳しい指摘も出ていた。

あわせて読みたい

「福島第一原発事故」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    不祥事続く東京五輪 大会理念を理解せず、市民の生活を軽視した組織委員会

    森山たつを / もりぞお

    07月23日 10:25

  3. 3

    将来的に車検で印紙払いが廃止 キャッシュレス払いによる一括払いにも対応

    河野太郎

    07月23日 21:36

  4. 4

    累計8700億円「日本一レコードを売った男」酒井政利氏の〝武勇伝〟

    渡邉裕二

    07月23日 13:02

  5. 5

    「BTSって誰?」今さら知らないとは言えないので、初心者が通ぶれる小ネタ集めてみた

    放送作家の徹夜は2日まで

    07月23日 08:07

  6. 6

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  7. 7

    東京2020オリンピック競技大会の開幕にあたって

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    07月23日 17:52

  8. 8

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  9. 9

    電通・博報堂の価値観のままで、オリパラを乗り切れるか

    篠田 英朗

    07月22日 12:16

  10. 10

    「飲食店いじめ」「五輪強行」に思うこと 経済財政でも「金メダル」を目指せ

    わたなべ美樹

    07月23日 13:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。