記事

人事部が語った楽天「英語公用語化」の舞台裏 - 三宅義和・イーオン社長とゆかいな仲間たち【第1回 楽天:前編】

冗談だと思った「英語公用語」発言

画像を見る
三宅義和・イーオン社長

【三宅義和・イーオン社長】この対談の1回目は、インターネット・サービス大手「楽天」のグローバル人事部の葛城崇さんに、登場していただきます。葛城さんは、楽天の「英語公用語化」を推進するプロジェクトリーダーとして、活躍されました。英語を「楽天グループの公用語」とする「英語公用語化」の方針は、大きな衝撃を社会に与えました。とにかく、「数千人の社員が社員同士で使う言葉を全部英語にする」という壮大な試みは、日本企業において、前例のないものです。その「英語公用語化」は、いつごろ決まったものなのでしょうか。

【葛城崇・楽天グローバル人事部副部長】「英語公用語化」の話が出たのは、2010年の1月だったと思います。楽天の新年会で、(会長兼社長の)三木谷(浩史)が、「今年はグローバル元年だ」「英語を公用語にする」と言ったのです。ただ、新年会のお酒の入った席だったものですから、「冗談半分なんだな」というふうに受け止めました。ところが、2月、3月を経て、いくつかの会議が英語で行なわれるようになったのです。さらに、5月1日からプロジェクトを立ち上げて、社内公用語を英語にするという発表が、全社員の前でありました。

【三宅】そのような決断をなされた背景や理由は、どのようなものだったのでしょうか。

【葛城】私たちは、「世界一のインターネット・サービス企業になる」という目標を掲げています。その目標達成のためには「英語公用語化」が不可欠だと考えたのです。その理由は、大きく3つあります。

1つ目は、優秀な人材を獲得できるからです。世界には、日本語はできなくとも優秀な人がたくさんいます。世界一になるために、多様で優秀な人材は欠かせないと考えます。2つ目は、グローバル規模での情報共有と意思疎通を迅速にできるという点です。ビジネスをグローバルに展開する上で、海外のグループ社員やパートナーと一緒に仕事をしていくことは必然となります。英語は一体感を構築するための不可欠なコミュニケーション手段となるでしょう。また、こちらが日本語で話したことを英語に通訳するプロセスで発生するコミュニケーションロスや時間ロスを解消できます。3つ目は、そもそもインターネットビジネスの最新情報は英語で発信されるからです。翻訳されるのを待っているようでは、グローバル市場で勝てない。私どもも、日本語ではなく、英語で世界に発信していく必要があると考えます。

【三宅】10年2月の社内に向けた発表のとき、社員の反応はどうでしたか。かなりの衝撃や動揺を与えたように思うのですが。

【葛城】当時は、社員はほんとうにびっくりしたと思います。ただ、私は「ものすごく大変なことが起こるな」と感じた一方、「これは社員にとって、スキルとキャリアの面で必ずプラスになる」と思いました。それをいかに全社員にわかってもらうかが1つのポイントになるだろうと考えたのです。

なぜTOEICを指標として使ったのか

画像を見る
葛城崇・楽天グローバル人事部副部長

【三宅】社員一人ひとりの目標点数は、どのように決まるのでしょうか。

【葛城】人事上のグレードに合わせて設定されます。

【三宅】TOEICを指標にしている理由は何でしょうか。

【葛城】3点あります。1つ目は「スキルの見える化」です。「英語ができる、できない」の自己申告では、どのくらいの力量があるのかはっきりわかりません。客観的に、「どのくらいのレベルなのか」を知りたかったのです。どの部署にどのくらいのレベルの人がいるのかが把握でき、それに応じたトレーニングもできますから。2つ目は「モチベーション維持」です。人はスコアが5点でも10点でも上がるとうれしいものです。そうなれば「勉強を続けよう」となる。3つ目はやはりTOEICは試験としてクオリティが非常に高い。ある程度点数を取るということは、英語の基礎力があると言えます。

【三宅】10年当時、社員の英語力はどのくらいだったのでしょうか。

【葛城】そもそもTOEICを受けたことがない、という社員が6、7割だったと思います。

【三宅】英語公用語化は、まずは執行役員の会議から英語になったと聞きましたが。

【葛城】ええ。上から、です。取締役会、経営会議などです。まさに、上から見本を示すようなかたちで始まりました。その後、毎週1回三木谷が経営に対する考え方などを全社に伝える「朝会(あさかい)」が、英語になったのです。

【三宅】当初、取締役会などの会議で、英語を使っているがゆえに、会議の時間が長くなってしまった、あるいはサッと早く終わってしまった、というようなことはありましたか

【葛城】正直なところ、最初のころは皆が苦労していました。なかなか言葉が出てこなかった。だから、英語が得意な人が、不得手な人をフォローするように進行していました。三木谷が質問をして、相手が言葉に詰まると、三木谷自身がフォローすることがままありました。三木谷の「英語公用語化」に対する意欲の現われだと思います。また、会議が終わった後に、英語で記された議事録をメールで流しました。話すことが苦手でも英語を読める人は多く、メールを見て理解を深めることができました。

社内一体化を狙って公表した部署別ランキング

画像を見る

【三宅】10年5月に英語公用語化に向けたプロジェクトチームが発足したとのことですが、チームはどのくらいの人員だったのですか。

【葛城】80人ほどです。

【三宅】その80人はどのように選ばれたのですか。また、そのチームのリーダーに葛城さんが選ばれたのはなぜでしょうか。

【葛城】80人は、各部署の部長に推薦してもらいました。その際に、選出する人材については「英語がものすごく上手くなくてもいい」と伝えました。このプロジェクトは、楽天グループの全社員が一丸となって取り組むものなので、「社員たちと一緒に歩んでいけるような人が好ましい」と頼んだのです。だから、「正直、英語が得意ではない」という人も少なくなかった。

【三宅】それは意外ですね。

【葛城】私がリーダーに選ばれた理由は2つあると思います。1つは、私自身が年を取ってから、海外ではなく日本国内で、苦労して英語を習得したことだと思います。今も学び苦しんでいるのですが(笑)。もう1つは、人事の仕事を長くやっており、社歴も比較的長いほうだったので、「社員のこと」を知っているだろう、と。三木谷からは「お前は人(社員)を知っているから、何かあったときにフォローしてやって」と言われました。

【三宅】社内の英語力を高めるために、成功事例の共有や、各部署間の競争なども行なったと聞いています。

【葛城】成功事例の共有は一番有効だと思います。上達している社員が、どのように勉強しているのか、どのように時間をつかっているのか、全社員が共有するわけです。一部の人たちだけがうまくやっていても意味がないので、いかに職場全体を巻き込むかがキーポイントなのです。ゲーム性を持たせることで職場全体を巻き込むために、TOEICの平均点を部署別に出して、ベスト5とワースト5を公表していました。

【三宅】ワースト5もですか(笑)。

【葛城】全社員が出席する朝会で月に1度発表します。ベスト5の部署はいいのですが、ワースト5の部署にとっては嫌な行事ですよね。ただ、これは職場全体で取り組んでいるという意識を醸成するために行なっており、決して社員やその部署を辱めよう虐めようといった意図ではなく、職場の上司を巻き込んで、良い意味での競争意識をつくりたかった。楽天社員は元々、競い合うのが好きなタイプが多いこともあったので。

未達社員を配属させなかった理由

画像を見る

【三宅】他の企業にも参考になりそうですね。11年の新入社員たちには、「入社までにTOEIC650点を取りなさい」と指示があったと聞きます。でも、実際にその点数を取って、全員が入社したわけではないですよね。

【葛城】そうです。

【三宅】ここが非常にユニークなのですが、入社後にもTOEIC650点を達成するまで仕事はしなくてもいいから英語の勉強をしなさい、と。650点を取った人から配属されたと聞きました。

【葛城】その通りです。

【三宅】給料をもらいながら英語の勉強をできる、と捉えることができればいいですが、実際にその社員にとっては相当なプレッシャーになったのではないでしょうか。「同僚は皆、仕事をしているのに」と。

【葛城】実は、新入社員458人のうち、650点を取得できていない新入社員が170人いました。「研修を頑張ったのですが、どうしても目標点数に未達です。5月1日の配属後にしっかり英語を勉強させます」と、4月末に三木谷に報告したところ、「配属させない」との返答がありました。そのとき、「英語公用語化」に対する三木谷の本気度が改めてわかりました。また、楽天は社員一丸となって目標を必達するというカルチャーがあるのですが、「その一番大事なところを体感させないでどうするんだ」とも言われたのです。目標未達のまま途中で諦めるのは「彼らの人生にもよくない」と言うわけです。その170人は配属先が未定のまま、5月から英語勉強の毎日でした。

【三宅】サポートもいろいろとされたようですね。

【葛城】本当にいろいろなことをやりましたね。やっぱり、英語が苦手な人というのは、まず語彙が少ない。そこで、まずは単語テストを行ないました。100問のうち8割を正答すれば次の100問を解いてもらう。1000問の単語テストに合格できたら、TOEICを受けられるという流れにしました。また、単語の次に重要なのは、コミュニケーションを支える文法です。それも中学レベルの文法なのです。英語が苦手な人は中学生のときに英語嫌いになってしまっていることが多い。だから、中学校の教科書や参考書を使って学習してもらうようにしました。英語が少し得意な人たちには英語で英語を教え、英語が不得手な人たちには日本語で英語を教えるようにしました。また、一部の社員へは、一時フィリピンへの留学を行なったりもしました。

【三宅】単語力と文法力は本当に重要です。単語や文法に注力するから、日本人は英語を話せないと言われるが、そんなことはない。単語力や文法力のある人は、練習することで英会話はすぐにできるようになります。日本の英語教育は、従来、単語や文法を偏重して教えてきたことが問題なのであって、基礎力は非常に重要です。

【葛城】その通りだと思います。

三宅義和・イーオン社長とゆかいな仲間たち【第1回 楽天:後編】につづく

あわせて読みたい

「楽天」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    スター・ウォーズの寿命は尽きた

    長谷川一

  2. 2

    日本も基金出資? 日韓議連の暴言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    BOSE閉店に影響? 高音質な中国製

    自由人

  4. 4

    非効率な手続きが多い日本の銀行

    内藤忍

  5. 5

    日本より韓国 外国労働者の現状

    清水駿貴

  6. 6

    旅券返して フィリピン女性訴え

    清水駿貴

  7. 7

    速すぎるナイキ厚底 どこが違反?

    PRESIDENT Online

  8. 8

    橋下氏 百田氏に「選挙出たら?」

    橋下徹

  9. 9

    コンビニ米不足? 農家抱える矛盾

    BLOGOS編集部

  10. 10

    コンビーフ缶の高額転売が相次ぐ

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。