記事

核・放射線のイメージ史――3.11後の語りづらさをめぐって - 山本昭宏 / 日本近現代文化史

1/3

『美味しんぼ』の鼻血騒動


人気グルメマンガ『美味しんぼ』の「福島の真実編」(『ビックコミックスピリッツ』2014年5月12日・19日合併号)が騒動になったのは記憶に新しい。

問題視されたのは、福島第一原発を取材した主人公が鼻血を出す場面だった。さらに、実在する人物が実名で登場して原発事故後は鼻血を出す人が増えているとの見解を述べる場面や、除染作業が終わっても福島には住めないのではないかと研究者が言う場面もあった。

これらの表現について、政府要人たちが「風評被害を与えることがあってはならない」と発言し、福島県も「人びとに不安と困惑を生じさせる」と声明を出したのである。

『ビックコミックスピリッツ』の編集部は抗議の電話が鳴り止まなかったという。『美味しんぼ』の原作者の雁屋哲は2015年の2月に反論本『美味しんぼ「鼻血問題」に答える』(遊幻舎)を出版し、健康被害に関する議論の継続を訴えている。

この騒動が明らかにしたのは、多くの人びとが原発災害後の様々な問題にいまなお関心を抱きながら、「原発や放射線については、発言しにくい」と感じている現状だったのではないだろうか。

例えば、放射線の専門家ではない私たちは、低線量被曝による健康被害の可能性について、何か発言することに困難を感じざるをえない。そうなれば、自然と沈黙が多くなるが、関心を失ったわけではないため、時おりメディアに表れる健康被害に関する言説や表現に対して敏感に反応する。

このように、『美味しんぼ』の鼻血騒動は、「不適切表現へのバッシング」という側面だけでなく、依然として高い健康被害への関心という側面もあわせもっていたと考えられる。

核や放射線をめぐる問題に限らないが、特定の社会現象に関心が集まるとき、その現実とイメージとはしばしば乖離するものだ。そして、私たちはイメージに引きずられて現実を語りがちである。

「原発は必要/不要」、「放射線に汚染された土地には住めない/住める」、「低線量被曝でも身体がなんらかの影響を被る/被らない」という議論に必要な情報を、予め自らのなかにあるイメージに沿って取捨選択してしまってはいないだろうか。

当然ながら、現在の私たちが抱いている核や放射線のイメージは、原発災害後に始めて形成されたわけではなく、戦後日本の長い時空間のなかで作られてきたものだ。特に興味深いのは、核と放射線のイメージには、広島・長崎への原爆投下の問題が大きく影響しているということである。

イメージを形成する要素には、直接体験やメディア言説などがあるが、本稿では、ポピュラー文化に注目し、核と放射線のイメージの変遷を概観していく。まずは時計の針を原爆投下後の1940年代後半に戻し、そこから時系列に沿って核と放射線に関するイメージの変遷を確認しよう。

新たなエネルギーの新奇性


意外に思われるかもしれないが、占領下の子どもむけポピュラー文化では、核が新奇で親しみやすいものとして提示される傾向があった。例えば、ヒーローの名前に「アトム」の語が使われた『超人アトム 怪奇城の巻』(1948年)や、主人公のあだ名に核兵器の名前が使われた『ピカドン兄さん』(1951年)、『水素ばくちゃん』(1951年)などのマンガがそれにあたる。

このようなイメージが量産された一方で、この時期のポピュラー文化は被爆の惨禍や後遺症をほとんど描いていない。占領軍による検閲制度があり、原爆被害を明らかにするような報道や言論は検閲による削除の対象になっていたからである。

このような状況で、ポピュラー文化が核の恐怖を描くのは困難であった。核のイメージは、人類に新時代をもたらす無尽蔵のエネルギーとして固定化したと言える。輝かしい原子力のイメージを取り入れたマンガとしては手塚治虫による『鉄腕アトム』(1952年~)があるが、そのイメージは既に占領下に形成されていたのである。

「薄幸の被爆者」


その後、核のイメージは現実との関わりを強めていく。広島・長崎の被爆者の姿が描かれるようになるのである。

契機は二つあった。一つは占領終結。これにより、広島と長崎の原爆被害が明らかになりはじめた。もう一つはビキニ事件である。

1954年3月、南洋で操業していた日本の漁船がアメリカの水爆実験に遭遇し、被曝するというビキニ事件が起こった。「原爆症」と診断された第五福竜丸の無線長が死亡したこともあり、当時の日本社会は船員たちの被曝を「三度目の核被害」として受け止めた。そこに、食品の汚染や放射性降下物を含んだ雨への不安が高まり、原水爆禁止署名運動が起こる。運動の高まりのなかで、広島・長崎の被爆者もまた、注目を浴びることになった。

この時期にポピュラー文化は被爆者を描き始める。そこで描かれるのは、病弱ではかなく死んでいく女性の被爆者だった。当時の人気マンガ家、オオトモ・ヨシヤスによる『マリちゃんの小さな宝石箱』(1957年)や、井上智による『原爆の悲劇』(1957年)、白土三平の『消えゆく少女』(1959年)などが、女性被爆者をか弱く描き、感動物語の設定として使用したのである。「薄幸の被爆者」の定型は、放射線被曝と健康被害とを強く結びつけるイメージとして浸透した。

あわせて読みたい

「原子力発電」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  3. 3

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  4. 4

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  5. 5

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  6. 6

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  7. 7

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  8. 8

    五輪の「祝賀モード」は選挙で政権に有利になるのか?減り続ける菅総理のポスターと自民党の焦り

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月01日 11:04

  9. 9

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  10. 10

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。