記事

リビア情勢

リビア情勢について政治外交的側面と、現地情勢についてアラビア語メディアの報じているところ、まとめると次の通りです。

情勢は相変わらず混沌としています。

・国連安保理は、リビアの要請により、リビアに対する武器禁輸を、例外的に一度だけ緩和する案を審議しているが、国連傘下の和解交渉を見守りたいとのスペインの提案で当面凍結された。

なお、緩和案支持の国は米、仏、NZ,リトワニア、英、チリの6カ国で、反対は7国(国名は不明だが、恐らくロシア、中国を含んでいると思われる)の由。

リビア代表によれば、購入したい武器は、ヘリ、戦車、銃器類てチェコ及びウクライナ製の由(al arabia net は攻撃ヘリ6機、戦車T72型150両、スホイ機およびMIG機30機、数千丁の銃器類としている)

・haftar将軍は総司令官に任命され、議会(トブルク)議長に対して、宣誓をしたが、その直後の記者会見で、安保理に対して、リビアに対する武器禁輸の解除を呼びかけた。
http://www.alarabiya.net/ar/north-africa/libya/2015/03/10/مجلس-الأمن-يعلق-قراره-حول-طلب-ليبيا-تسليح-الجيش-.html

http://www.alarabiya.net/ar/north-africa/libya/2015/03/10/ليبيا-قائد-الجيش-يطالب-مجلس-الأمن-برفع-حظر-التسليح.html

他方、現地戦況等についてal qods al arabi net の報じるところ次の通りで、このような状況で、2の政府を抱えたままでの武器禁輸解除は、問題がありそうです。

アナトリア通信によると、リビアの西部は比較的静かであるが、東部と南部では戦闘が激化している。

リビアの暁の関係者によれば、東部は比較的静かで、同組織は停戦を守って、攻撃されない限り応戦はしないが、haftar 軍が時々攻撃を仕掛けてくるので、応戦する由。

リビアの暁はトリポリからチュニジア国境までの総ての町を支配し、これに対してhaftar軍はトリポリから山岳地帯に向かう地点を占拠し、そこが争点になっている由。

これに対して、東ではベンガジでは戦闘がやんだことはないが、モロッコでの国連傘下の会議に合わせて戦闘が激化し、住民の被害も出ている由。
消息筋によると、戦闘はhaftar将軍部隊とこれを支持する住民の武装兵に対してansar al sharia部隊とこれを支持する革命イスラム勢力の間とのことである。

この戦いでは、ansar al shariaと支持者が不信仰者に対する戦いとし、軍の方はテロとの戦いとして、どちらも相手を認めないとして、国連の会議とは現地情勢は無関係であるとしている。

もう一つの町ダルナでは、リビア軍が町を包囲しており、又町の周辺では時々衝突も起きている由。

南部では、barrak 空軍基地を巡り、トリポリ政府軍と武器密輸集団の戦闘が再開した。このため住民は大多数が避難している。

この基地を巡っては、トブルク政府がトリポリ政府軍がこれを攻撃して奪取したと非難していた。

又南部のobariの町では、al tibou とal tawariqの部族が争っていたが、最近は静かになっている。

又南部ではこれまでも各種民兵が勢力を争って衝突してきた。
http://www.alquds.co.uk/?p=307757

あわせて読みたい

「リビア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    緊急事態宣言を同時中継する忖度

    水島宏明

  4. 4

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  5. 5

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  6. 6

    コロナで日本の通勤者 僅か9%減

    幻冬舎plus

  7. 7

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  8. 8

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  9. 9

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

  10. 10

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。