記事

プロバイダーとして受けている権利侵害申告と意見照会手続について

今回は、Yahoo! JAPANがプロバイダー(特定電気通信役務提供者)として受けている権利侵害申告の概要、および、それに関連して実施されている意見照会手続についてご紹介します。

 Yahoo! JAPANのようなプロバイダー(特定電気通信役務提供者)においては、その管理下にある掲載情報の削除や、情報の投稿者に関する情報(登録情報やIPアドレスなど)の開示を求められる事例が一定数あります。その中でも、特に多いトラブルの類型は、CGM系サービスにおける投稿者の投稿内容が名誉毀損に該当することを理由とするケースであり、また、オンラインモールにおける出品者の出品などに対して、知的財産権の侵害などを理由に同様の請求がなされることもあります。

 Yahoo! JAPANも、知恵袋やヤフオク!などをはじめとするさまざまなサービスに関して、こうした請求を受けることがありますが、プロバイダーがこうした請求に安易に応じてしまうと、投稿者や出品者の方の表現の自由やプライバシーを害するとともに、一般のユーザーの方の知る権利をも害することにもなりえます。そのため、Yahoo! JAPANは、掲載情報の削除請求や投稿者に関する情報の開示請求を受けた場合は、投稿者や出品者の方の権利利益が不当に制約されることのないよう慎重に判断し対応しております。
(投稿系サービスに関する削除などの裁判については、
http://publicpolicy.yahoo.co.jp/2014/10/2709.html#moreを参照)。

 しかし、名誉毀損に関する申告については、Yahoo! JAPANは投稿者自身ではないため、投稿者の投稿の意図やその根拠などが不明であり、記載されている投稿が適切か否か判断をすることができない場合も多くあります。
また、知的財産権侵害に関する申告についても、Yahoo! JAPANは権利侵害品と客観的に判断できる商品や販売行為については商品の削除など適切な対応をとっていますが、販売されている商品や販売行為が他人の権利を侵害しているかについて判断できない場合もあります。

 以上のような状況から、Yahoo! JAPANでは、これらの権利侵害の申告に関する対応において、発信者(投稿者、出品者)に対して削除や情報開示の是非について意見を求めることがあります。これは、「特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律」に基づいた意見照会手続であり、情報の流通による被害の拡大を防止するという観点と、発信者のプライバシーなどの権利および表現行為を過度に制約することとならないようにする観点から設けられたものです。意見照会手続において、Yahoo! JAPANからは、権利侵害の申告の要旨を発信者にお伝えし、削除や開示に同意をするかどうかのご意見をお聴きし、対応を決めております。

 上述の通り、Yahoo! JAPANは、掲載内容の適法性について判断できない第三者的立場にあるため、意見照会手続によって得る発信者のご意見が上記申告の対応において非常に有用となる場合があります。
発信者から、掲載内容に記載された事実が実際にあったことを示す資料などを提供いただければ、本来であれば必要のない掲載情報の削除や発信者情報の開示を未然に防ぐことができる可能性があります。実際に、意見照会手続により発信者からいただいた掲載情報が適法であることを示す資料によって、掲載情報の削除や発信者情報の開示を裁判所が認めなかった事例もあります。

 このように、Yahoo! JAPANにおける権利侵害申告の対応においては、意見照会手続は重要な役割を担っておりますので、Yahoo! JAPANから意見照会を受け取られた場合は、申告の内容をご確認のうえ、ご意見をくださいますようお願い致します。

あわせて読みたい

「Yahoo!」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  2. 2

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  3. 3

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  4. 4

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  5. 5

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  6. 6

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

  7. 7

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  8. 8

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  9. 9

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  10. 10

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。