記事

アップル、音樂配信でレコード会社と交渉中。強調する「有料配信の重要性」で業界の新潮流を築けるか?

アップルから近々発表されると言われる、新しい定額制音楽ストリーミングサーヴィスはBeats MusicとiTunesが連携した全く新しい形になると噂される一方で、SpotifyやYouTubeと異なり「無料視聴オプション」を提供しないと言われて。つまりユーザーは音楽を聴くためにお金を払わなければならないということです。

情報ソースによれば、現在アップルはレコード会社とこの音楽サーヴィスで配信するためのライセンス契約を交渉しているとのことです。アップルの狙いでは、ローンチに大物アーティストが他のサーヴィスよりも先にアップルで配信させることで、注目を高めようとしています。

アップルの上級副社長エディー・キュー(Eddy Cue)とBeats Music共同創業者ジミー・アイオヴィン(Jimmy Iovine)は、レコード会社など音楽業界に対して「コンテンツの有料化を支持しなければならない」と主張していると言われています。

新しい音楽ストリーミングサーヴィスでは無料サーヴィスを提供しない代わりに、Spotifyやその他のサーヴィスが提示する月額9.99ドルよりも安い、月額8ドルの価格帯を提示して差別化を図る計画です。

アップルが主張する「有料サーヴィスの重要性」の考え方は、大手レコード会社の経営陣も公の場で同調するなど、音楽ビジネスで広がる方向性の一つと言えるでしょう。広告付きの無料音楽サーヴィスに対するサブスクリプション型音楽サーヴィスを見直す姿勢が変わって来ており、業界関係者の話ではユニバーサルミュージックはSpotifyと契約内容を再交渉中と言われています。

昨年に始まったYouTubeのサブスクリプション型音楽サーヴィス「YouTube Music Key」もまた音楽業界からプレッシャーを受けています。レコード会社はYouTube(と親会社のグーグル›に対して、無料で聴ける音樂をもっと制限するように差し迫り、こちらでもライセンス契約の再交渉が行われていると言われています。

アップルでも無料の音樂ストリーミングサーヴィス「iTunes Radio」を提供していますが、このサーヴィスはオンデマンドで音樂視聴できるSpotifyやYouTubeと違い、サーヴィス自体が音樂をリスナーに自動でレコメンドする「パーソナライズド・ラジオ型」のサーヴィスになっています。

ソース
Apple, Music Labels Push Against Free Music on Spotify, YouTube(3/6 Re/code)

あわせて読みたい

「Apple Music」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    今の感染者数去年の6月の数字ですよ 今日本は期間限定の集団免疫状態

    中村ゆきつぐ

    10月25日 09:11

  2. 2

    柴咲コウ、芸能活動の光と影「私の長所でもあり短所」「偽りたくない」

    マイナビニュース

    10月24日 14:29

  3. 3

    「なぜトヨタは燃料電池車の開発をやめないのか」電気自動車が苦手な2つの分野

    PRESIDENT Online

    10月24日 15:03

  4. 4

    廣瀬爽彩さんの重大事態:旭川市教育委員会からヒアリングを行っての決意

    山田太郎

    10月24日 16:02

  5. 5

    世界もびっくり:日本で新型コロナウイルス感染者が激減

    舛添要一

    10月24日 16:21

  6. 6

    「比例は山本太郎って書くよ」の恐怖

    田中龍作

    10月23日 14:51

  7. 7

    京都で散見されるコロナの傷跡 空き店舗や廃業ホテルも多い中、観光再興できるか

    NEWSポストセブン

    10月24日 10:47

  8. 8

    日本には「訂正する力」が必要だ 哲学者・東浩紀が語る 言論のゆくえ

    村上 隆則

    10月25日 11:00

  9. 9

    異例づくめの参院補選。静岡で与党・自民党が敗北の影響は波及必至か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月25日 09:27

  10. 10

    パナソニックは覚悟を見せるか?

    ヒロ

    10月25日 10:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。