記事

路チューとカネ問題

木曜日の定例記者会見でもお話をさせて頂きましたが、議員になって5年近く経っても慣れないのが国会での「委員会名(議題名)」と実際に話されている「内容」の差。

今年の予算委員会も「政治とカネ」で紛糾し、昨日は「自民党政務官の路チュー(路上キス)」や「NHK会長の発言」問題も取り上げられていました。 (議題は「地方創生等の集中審議」だったのですが…)

会社で「商品会議」が開催され、議題が「サンドイッチの新製品」だったとします。 ある役員が「内装」や「物件」についての発言ばかりをしていたら、「それは今度の物件開発会議でお願いします」と止められるか、退場させられてしまうのではないでしょうか。

政治資金規正法や公職選挙法に抵触するような可能性がある場合は、徹底的に調べ上げる必要があるとは思います。しかし、国の予算を決める委員会で、そこに時間の大半を費やしてしまうのは、それを(真面目に)見ている国民に対しても申し訳が立ちません。

最大の問題は「予算委員会が始まるときは既に決着が付いている」ことでしょう。 特に今のように自民党が圧倒的に議席をおさえているような状況では、野党は為す術がありません。よって、スキャンダルを中心に攻めて、日程闘争に持ち込むしか無くなってしまうのです(予算や法案の成立を遅らせることによって、与党の脆弱さなどを露見させる戦術)。

「委員会での徹底審議を通じて、賛成か反対か決めよう」としている我々、日本を元気にする会にとっては大変遺憾なことです。既に何度か実行している通り、他党の意見にも真摯に耳を傾けて(党議拘束なしで各議員が個別に)総合的に判断するわけですから、その内容が「政治とカネ」「不倫」のようなものばかりでは、判断材料が減ってしまうのです。

このような問題が続いた場合は、与党に腹を括ってもらい、TV入りの別委員会を設置して「その他の問題」を処理するのが一番良いと思います。そうすれば、予算委員会では議題通りの審議ができるはずです。

また、真の国会改革の為には、我が党で提言しているように、党議拘束をなくすしかありません。そうなれば、予算員会が始まった段階でも賛否の結果が見えていないわけですから、各議員は真剣に予算関連や重要政策の話をするようになるでしょう。

特に、衆議院のカーボンコピーと言われ存在意義が疑問視されている参議院においては、良識の府としての機能を取戻すためにも党議拘束の撤廃が不可欠です。

国会を普通の会社や学校と同じ常識が通じる仕組みにしていかないと、いつまでも国民から理解されることは無いでしょう。

あわせて読みたい

「中川郁子」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  3. 3

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  4. 4

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  5. 5

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  6. 6

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  7. 7

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  8. 8

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  9. 9

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  10. 10

    橋下徹氏 五輪をやると国民の行動制限が効かなくなることを想定していなかったのか

    橋下徹

    08月02日 16:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。